ライフサイクル各期の女性とその家族を対象として、健康生活上の課題に対して、系統的かつ科学的にアセスメントし援助するための理論と実践力を養います。
教授
新小田 春美
准教授
大林 陽子
学部担当科目
母性看護学Ⅰ、母性看護学Ⅱ
母性看護学実習、看護統合実習Ⅰ・Ⅱ、助産診断学Ⅰ、助産診断学Ⅱ、 助産論Ⅰ、助産論Ⅱ、助産学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、 看護研究、現代社会と健康、暮らしと看護、現代社会理解特殊講義
居室
新医学棟

研究・教育内容

女性はその身体心理社会的特徴から、多様な問題に直面します。母性看護・助産学は、リプロダクティブヘルス/ライツの考えを基盤とし、女性のライフステージ各期の健康の保持増進とQOLの向上、および次世代の健康のために必要なケアを考えます。また、女性や家族にみられる現象について、あらゆる側面から考察していきます。


  • 桃太郎とトラウベ

研究業績

  • (1) 思春期における性成熟傾向?BBT測定結果分析
    1986 思春期学 7 25-30
  • (2) 思春期保健管理上の基礎体温測定効果-フォローアップによる性成熟と身体症状の推移-
    1989 思春期学 7 269-276
  • (3) Evaluation of human activities and sleep-wake identification using wrist actigraphy
    1998 Psychiatory and Clinical Neuroscience 52 157-159
  • (4) 手首Actigraphyからみた人の動作と睡眠・覚醒判定に関する基礎的検討
    1998 労働科学 74 255-265
  • (5) 妊産婦の睡眠・覚醒行動の変化‐妊娠末期から産後15週までの初産婦と経産婦の比較‐
    2001 日本看護科学会誌 21 1-11
  • (6) Effects on the development of infant‘s sleep rhythm by parity of the mother in postpartum
    2003 Biological Rhythm Research 265-278
  • (7) 平成21年度厚生労働科学研究費補助金 総括・分担研究報告書 (研究代表) 共著
  • (8) 看護に活かす積極的傾聴法看護に活かす積極的傾聴法?こころが通い合うコミュニケーションをめざして
    三島徳雄、新小田春美編 1999 メディカルフレンド社
  • (9) 助産診断・技術学シリーズ、助産課程学生のテキスト 妊娠期の看護 単著
    2007 医学書院
  • (10) Nursing Graphicus30 横尾京子編:母性看護学-母性看護実践の基本 第5章妊娠・出産に伴う健康課題と看護 単著
    2010 メディカ出版
Copyright (C) 2011 Faculty of Medicine Mie University. All Rights Reserved.