看護学領域/精神ストレス健康科学分野

小森照久教授、片岡三佳教授、磯和勅子教授顔写真

精神の健康やストレス対処の探求

教授
小森照久
片岡三佳
磯和勅子
担当科目
-

研究・教育内容

研究内容

健康および疾患におけるストレスの影響とストレスケアストレスの効果について心身相関メカニズムの観点からEBNに基づいた実践方法や、災害時におけるストレスケアの実践方法に関する研究

教育内容

「精神・ストレス健康科学特論」
精神と身体には相互に関連があることを精神神経免疫学が示していて、ストレスに際して精神の不健康は身体的背景をもち、逆に、精神の不健康は身体機能にも影響を与える。ストレスは、精神疾患の発症、経過、予後に大きな影響を与え、精神神経免疫学的背景も視野に入れる必要がある。ストレス緩和ケアは、精神疾患の予防・ケア・再発予防のための関わりにとって重要な視点である。ストレスとストレス緩和ケアに関して俯瞰的視野を養い、精神疾患を代表とする精神の不健康に関して取り組むべき課題に対する研究動機、背景、意義を探究しながら、新しい発想による研究枠組みを見出す。

「精神・ストレス健康科学演習」
ストレス緩和ケアにおける取り組むべき研究課題を解決する枠組みについて、多面的かつ俯瞰的な視野で精整する。さらに、フィールドワークを通じて研究方法を精緻化し、精神疾患とストレスとの関連フィールドにおいて実施可能な研究方法を明示する。これらにより、ストレス緩和ケアに関連した精神の健康支援に貢献可能な成果を得るための研究推進能力を高める。

研究業績

Copyright (C) 2011 Faculty of Medicine Mie University. All Rights Reserved.