1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 臨床医学系講座/眼科学

講座・研究分野

臨床医学系講座

眼科学

Department of Ophthalmology
  • TEL

    059-231-5027

  • FAX

    059-231-3036

眼科学

私たち人間は、眼という臓器から外界の情報の80%近くを得ています。眼科学講座では、正常な眼球の構造および視覚情報処理、視覚生理といった研究とともに、眼に生じる様々な疾患の病態生理や新規治療法についての研究を行っています。研究グループも、角膜疾患、緑内障、小児眼科疾患、網膜硝子体疾患(加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜剥離、その他)と幅広く、互いに密に連絡を取り合いながら研究を進めています。

  • 教 授

    近藤峰生

  • 講 師

    生杉謙吾

  • 講 師

    杉本昌彦

  • 講 師

    松原 央

  • 学部担当科目

    眼科学

  • 附属病院診療科

    眼科

  • 居 室

    病態医科学研究棟 6階

研究・教育内容

角膜疾患グループは、最新の非接触型装置を用いて、眼球構造と前眼部形状の関連に関する研究を行っています。また、白内障手術や硝子体手術後に発症するドライアイのメカニズムおよび治療の研究、また角膜移植の術後成績や涙道内視鏡に関する研究も行っています。

緑内障グループは、緑内障患者の疫学的研究、光干渉断層計(OCT)を用いた神経線維層解析に関する研究、新しい眼圧測定装置の臨床応用、また新規緑内障治療薬の臨床試験などの研究を行っています。

小児眼科疾患グループは、小児における斜視および弱視の新しい検査法・治療法に関する研究、斜視と眼窩骨構造に関する研究、先天白内障および先天緑内障の治療成績に関する研究を行っています。

網膜硝子体疾患グループは、加齢黄斑変性に対する新規治療法の開発および臨床応用に関する研究、糖尿病網膜症の発症機序・黄斑浮腫の解析・抗VEGF療法の治療レジメンに関する研究、網膜剥離に対する治療成績の研究、超高解像度光干渉断層計(OCT)の開発、非接触型網膜電図(ERG)の開発および臨床応用などの研究を行っています。

画像1

研究業績

  1. Method of Quantifying Size of Retinal Hemorrhages in Eyes with Branch Retinal Vein Occlusion Using 14-Square Grid: Interrater and Intrarater Reliability.
    Takashima Y, Sugimoto M, Kato K, Kozawa M, Ikesugi K, Matsubara H, Kondo M.
    J Ophthalmol. 2016;2016:1960190.
  2. Lecithin-Bound Iodine Prevents Disruption of Tight Junctions of Retinal Pigment Epithelial Cells under Hypoxic Stress.
    Sugimoto M, Kondo M.
    J Ophthalmol. 2016;2016:9292346.
  3. Importance of Central Retinal Sensitivity for Prediction of Visual Acuity after Intravitreal Bevacizumb in Eyes with Macular Edema Associated with Branch Retinal Vein Occlusion.
    Sugimoto M, Ichio A, Kondo M.
    PLoS One. 2016 Feb 17;11(2):e0149246.
  4. Effect of topical rebamipide on conjunctival goblet cell recovery after vitrectomy.
    Kato K, Takashima Y, Matsunaga K, Sugimoto M, Matsubara H, Hirano K, Kondo M.
    Sci Rep. 2016 Jan 14;6:19516.
  5. A Naturally Occurring Canine Model of Autosomal Recessive Congenital Stationary Night Blindness.
    Kondo M, Das G, Imai R, Santana E, Nakashita T, Imawaka M, Ueda K, Ohtsuka H, Sakai K, Aihara T, Kato K, Sugimoto M, Ueno S, Nishizawa Y, Aguirre GD, Miyadera K.
    PLoS One. 2015 Sep 14;10(9):e0137072.
  6. Short Pulse Duration High-Power Laser Photocoagulation during Vitrectomy for Diabetic Retinopathy Reduces Postoperative Inflammation.
    Sugimoto M, Ichio A, Kondo M.
    PLoS One. 2015 Aug 14;10(8):e0135126
  7. Effect of Pupil Size on Flicker ERGs Recorded With RETeval System: New Mydriasis-Free Full-Field ERG System.
    Kato K, Kondo M, Sugimoto M, Ikesugi K, Matsubara H.
    Invest Ophthalmol Vis Sci. 2015 Jun;56(6):3684-90
  8. Changes in outer retinal microstructures during six month period in eyes with acute zonal occult outer retinopathy-complex.
    Matsui Y, Matsubara H, Ueno S, Ito Y, Terasaki H, Kondo M.
    PLoS One. 2014 Oct 30;9(10):e110592.
  9. Changes in angle of optic nerve and angle of ocular orbit with increasing age in Japanese children.
    Tsukitome H, Hatsukawa Y, Morimitsu T, Yagasaki T, Kondo M.
    Br J Ophthalmol. 2015 Feb;99(2):263-6.
  10. Ultra-WideField fluorescein angiography by oral administration of fluorescein.
    Sugimoto M, Matsubara H, Miyata R, Matsui Y, Ichio A, Kondo M.
    Acta Ophthalmol. 2014 Aug;92(5):e417-8.