悪性腫瘍は我が国の死亡原因の第1位を占めていますが、高齢化社会に伴って放射線治療に対する社会的ニーズは年々高まっています。放射線治療患者数はこの10年間で約2倍にも増加しており、放射線治療に関わる人材の育成は国家的な急務とされています。放射線治療の最大の特徴は機能・形態を温存してがんを治癒することにありますが、近年、治療装置の高精度化により、正常組織の線量を低減しつつ、腫瘍領域に線量を集中する技術が著しく発展してきました。また、手術や化学療法との併用による集学的治療においても放射線治療の役割は大きくなっており、効果的で合併症の少ない照射法の研究・開発がよりいっそう求められています。放射線腫瘍学では、放射線生物学、放射線物理学、および臨床腫瘍学の観点から基礎的・臨床的研究を行い、臨床へ役立てることを大きな目的としています。

教授
野本 由人
学部担当科目
放射線腫瘍学
附属病院診療科名
放射線治療科
居室
病態医科学研究棟 6階

研究・教育内容

・定位放射線治療(STI:Stereotactic Irradiation)の研究
 多方向からビームを集中することにより、比較的小さな腫瘍に対して大線量の照射を短期間で行う放射線技術で、肺の定位照射は手術に匹敵する効果が得られ始めていますが、より合併症の少ない治療法を求めて、最適な空間的、時間的線量分布に関する研究を行っています。
・小線源治療(Brachytherapy)の研究
 腫瘍局所への線量集中性に優れ、ラジウムの発見以来行われている歴史のある治療法ですが、最近では画像誘導による治療計画が可能になりました(IGBT:Image Guided Brachytherapy)。当院では子宮頸癌に対しMRIを用いたIGBTを応用し、腫瘍の形状に合った線量分布に関する研究を行っています。また、肺癌に対する気管支腔内照射では独自のアプリケータを開発し、臨床応用について研究を行っています。
・集学的治療において、より低侵襲で効果的な照射法に関する研究を行っています。

本学附属病院には最先端の放射線治療機器が整備されており、これらを用いて臨床研究や教育を行っています。また、国内の粒子線治療施設とも人的交流があり、希望される方にはこれらの施設での研修・研究も可能です。


肺定位放射線治療

子宮頸癌に対するIGBT

気管支小線源治療用アプリケータ

研究業績

Copyright (C) 2011 Faculty of Medicine Mie University. All Rights Reserved.