1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 遺伝子・免疫細胞治療学講座/遺伝子・免疫細胞治療学

講座・研究分野

遺伝子・免疫細胞治療学講座

遺伝子・免疫細胞治療学/複合的がん免疫療法センター

Department of Immuno-Gene Therapy/Center for Comprehensive Cancer Immunotherapy
  • TEL

    059-231-5187

  • FAX

    059-231-5276

遺伝子・免疫細胞治療学

私たちの身体に備わっている免疫力は細菌やウィルスなどの感染症に対する抵抗力であることは古くから分かっていました。最近の研究は、免疫力が身体の中に発生したがんに対しても働いていて、がん細胞の増殖を抑えたり、がん細胞を壊したりできることが分かってきました。がんの免疫療法は、この免疫力をいかに強めてがんの治療に役立てるかにかかっています。私どもの2つの研究室(遺伝子・免疫細胞治療学、複合的がん免疫療法センター)では、すでに20年以上に渡り、身体の免疫力を高めるがんワクチンの開発研究や、免疫力の中心となるリンパ球(とりわけT細胞)を体外で操作して増殖したあとに患者さんに輸注するという細胞療法の開発を手掛けています。動物実験や実験室での研究成果に基づいて、これらの治療法の安全性や有効性を確かめる臨床試験まで幅広い研究を進めています。

  • 教 授

    珠玖 洋

  • 教 授

    影山愼一

  • 教 授

    渡辺 隆

  • 准教授

    宮原 慶裕

  • 講 師

    原田直純

  • 講 師

    瀬尾尚宏

  • 講 師

    赤堀 泰

  • 学部担当科目

    -

  • 附属病院診療科

    腫瘍内科、血液内科(がん免疫療法担当)

  • 居 室

    探索医学研究棟 3階
    先端医科学教育研究棟 1階

研究・教育内容

臨床研究

がんワクチン臨床試験として、1)新しいがん免疫療法のトランスレーショナルリサーチ:TCR遺伝子改変T(TCR-T)細胞の輸注療法、2)CHPナノゲル/蛋白複合体がんワクチン (三重大オリジナルがんワクチン臨床開発)、3)がん免疫療法臨床試験のリバーストランスレーショナルリサーチ(がん免疫療法モニタリング研究)の研究を行っています。
具体的には、当研究室オリジナルのがんワクチン「CHP-NY-ESO-1 がんワクチン」を用いた医師主導治験(術後食道がんを対象にした多施設共同Ⅱ相試験)と臨床研究(尿路上皮がん、難治固形がんを対象にしたⅠ相試験)を行っています。細胞療法の臨床試験は、TCR遺伝子導入T細胞輸注療法の医師主導治験(難治固形がんを対象にした多施設共同Ⅰ相試験)の2試験(NY-ESO-1抗原用、MAGE-A4抗原用)を行っています。また、臨床研究として、各種がん患者の抗原発現スクリーニング検査を行っています。免疫療法を施行した患者様の検体を用いて、がん免疫療法の免疫モニタリングとその開発研究を行っています。

基礎研究

がんワクチン療法の基礎研究として、1)長鎖ペプチド抗原デザイン技術とナノゲル型ワクチンデリバリーシステムを応用した高性能がんワクチンの研究開発、2)免疫チェックポイント阻害薬不応性がんに著効するTriCombo ACT療法の研究開発、3)がん治療に用いるヒト型抗体の作製と解析、4)新しいCAR-T細胞輸注療法の開発研究、5)がんの変異抗原等に対するTCRの分離と標的ペプチドの解析、6)T細胞由来小胞体ベシクルの解析と臨床への

画像1
タカラバイオ(株)との共同研究で臨床開発を行っているTCR改変T細胞輸注療法

画像2
三重大学オリジナルがんワクチン:CHP・抗原複合体がんワクチン

画像3
三重大学で開発した革新的がん免疫療法:T細胞/がんワクチン/アジュバントTriCombo

画像4
三重大学で研究を進めている新しいCAR、ペプチド・MHC複合体を
認識するCAR構造により細胞内抗原を認識できる

研究業績

  1. Efficient tumor regression by adoptively transferred CEA-specific CAR-T cells associated with symptoms of mild cytokine release syndrome. Wang L, Ma N, Okamoto S, Amaishi Y, Sato E, Seo N, Mineno J, Takesako K, Kato T, Shiku H. Oncoimmunology. 2016 Jul 25;5(9):e1211218. PMID: 27757303
  2. Guanine-Rich Sequences Are a Dominant Feature of Exosomal microRNAs across the Mammalian Species and Cell Types. Momose F, Seo N, Akahori Y, Sawada S, Harada N, Ogura T, Akiyoshi K, Shiku H. PLoS One. 2016 Apr 21;11(4):e0154134. doi: 10.1371/journal.pone.0154134. PMID: 27101102
  3. 2015 Guidance on cancer immunotherapy development in early-phase clinical studies. Guidance Development Review Committee.; Working Group for Clinical Studies of Cancer Immunotherapy.; Working Group for Effector Cell Therapy.; Working Group for CMC/Non-clinical Studies.; Working Group for Cancer Vaccines and Adjuvants.; Working Group for Anti-immune Checkpoint Therapy and Comprehensive Cancer Immunotherapy.; Biostatistics Subcommittee.. Cancer Sci. 2015 Dec;106(12):1761-71. doi: 10.1111/cas.12819. PMID: 26767933
  4. Adoptive Transfer of MAGE-A4 T-cell Receptor Gene-Transduced Lymphocytes in Patients with Recurrent Esophageal Cancer. Kageyama S, Ikeda H, Miyahara Y, Imai N, Ishihara M, Saito K, Sugino S, Ueda S, Ishikawa T, Kokura S, Naota H, Ohishi K, Shiraishi T, Inoue N, Tanabe M, Kidokoro T, Yoshioka H, Tomura D, Nukaya I, Mineno J, Takesako K, Katayama N, Shiku H. Clin Cancer Res. 2015 May 15;21(10):2268-77. doi: 10.1158/1078-0432.CCR-14-1559. PMID: 25855804
  5. Interleukin-17 induces an atypical M2-like macrophage subpopulation that regulates intestinal inflammation. Nishikawa K, Seo N, Torii M, Ma N, Muraoka D, Tawara I, Masuya M, Tanaka K, Takei Y, Shiku H, Katayama N, Kato T. PLoS One. 2014 Sep 25;9(9):e108494. doi: 10.1371/journal.pone.0108494. PMID: 25254662
  6. Nanogel-based immunologically stealth vaccine targets macrophages in the medulla of lymph node and induces potent antitumor immunity. Muraoka D, Harada N, Hayashi T, Tahara Y, Momose F, Sawada S, Mukai SA, Akiyoshi K, Shiku H. ACS Nano. 2014 Sep 23;8(9):9209-18. doi: 10.1021/nn502975r. PMID: 25180962
  7. Systemic CD8+ T cell-mediated tumoricidal effects by intratumoral treatment of oncolytic herpes simplex virus with the agonistic monoclonal antibody for murine glucocorticoid-induced tumor necrosis factor receptor. Ishihara M, Seo N, Mitsui J, Muraoka D, Tanaka M, Mineno J, Ikeda H, Shiku H. PLoS One. 2014 Aug 8;9(8):e104669. doi: 10.1371/journal.pone.0104669. PMID: 25105508
  8. Stimulation through very late antigen-4 and -5 improves the multifunctionality and memory formation of CD8⁺ T cells. Hosoi H, Ikeda H, Imai N, Amaike C, Wang L, Orito Y, Yamane M, Ueno H, Ideno M, Nukaya I, Enoki T, Mineno J, Takesako K, Hirano S, Shiku H. Eur J Immunol. 2014 Jun;44(6):1747-58. doi: 10.1002/eji.201343969. PMID: 24723437
  9. Dose-dependent effects of NY-ESO-1 protein vaccine complexed with cholesteryl pullulan (CHP-NY-ESO-1) on immune responses and survival benefits of esophageal cancer patients. Kageyama S, Wada H, Muro K, Niwa Y, Ueda S, Miyata H, Takiguchi S, Sugino SH, Miyahara Y, Ikeda H, Imai N, Sato E, Yamada T, Osako M, Ohnishi M, Harada N, Hishida T, Doki Y, Shiku H. J Transl Med. 2013 Oct 5;11:246. doi: 10.1186/1479-5876-11-246. PMID: 24093426
  10. Establishment of animal models to analyze the kinetics and distribution of human tumor antigen-specific CD8⁺ T cells. Muraoka D, Nishikawa H, Noguchi T, Wang L, Harada N, Sato E, Luescher I, Nakayama E, Kato T, Shiku H. Vaccine. 2013 Apr 19;31(17):2110-8. doi: 10.1016/j.vaccine.2013.02.056. PMID: 23499606