身体に優しく有効ながんの治療方法として免疫療法への期待が膨らんでいます。最近の基礎的な研究の進歩により、私たちの身体の中に自然に備わっている免疫力が、がんの発生や進行をコントロールすることに大きく関わっていることがわかってきました。免疫力の中心になっているリンパ球には、がん細胞を直接見つけ出して壊してしまうキラーT細胞、その働きを助けるヘルパーT細胞、免疫反応を抑える役割を果たす制御性T細胞など、様々な働きを持ったリンパ球が含まれています。これらのリンパ球の働きを上手く操作することにより、がんの進行を遅らせたり、転移や再発を予防したり、又がんを完全に消滅させたりすることすら可能な事が、動物実験や免疫療法の臨床試験の結果から明らかになってきました。私たちは、がんに対する免疫の基礎的な研究を進めると共に、一日でも早くがん患者さんに役立つ新しいがん治療法にしたいと願って橋渡し研究を行っています。

教授
珠玖 洋
准教授
影山 慎一
池田 裕明
学部担当科目
-
附属病院診療科名
血液・腫瘍内科
居室
探索医学研究棟 3階
先端医科学教育研究棟 1階

研究・教育内容

臨床研究

がんワクチン臨床試験として、「MAGE-A4抗原を発現する難治性悪性腫瘍に対するCHP-MAGE-A4 がんワクチン臨床試験」、および「難治性食道癌に対するCHP-NY-ESO-1 がんワクチン治験」を、細胞治療臨床試験として、「進行/再発悪性腫瘍に対する化学療法後の培養Tリンパ球輸注・MAGE-A4ペプチド投与による免疫治療臨床試験」、「MAGE-A4抗原特異的TCR遺伝子導入リンパ球輸注による治療抵抗性食道癌に対する遺伝子治療臨床研究」 を行っています。また、臨床研究として、各種がん患者の抗原発現スクリーニング検査を行っています。また、免疫療法を施行した患者様の検体を用いて、がん免疫療法の免疫モニタリング、がん特異的免疫応答拡大の解析を行っています。

基礎研究

細胞療法開発の基礎研究として、1) レトロウイルスを用いたT細胞受容体やキメラ抗原受容体遺伝子の導入による免疫細胞の改変とその特性の解析、2) 輸注療法に適した細胞調整方法の開発、を行っています。また、がんワクチン療法の基礎研究として、ワクチン時のアジュバント併用による免疫反応の解析を行っています。その他、がん免疫エディティング、がん免疫応答における抑制機構の解明、免疫抑制解除薬の開発、がん抗原に対するモノクロナール抗体作製、がん抗原に対する高親和性のT細胞レセプター作製などを行っています。

詳細は講座のホームページをご覧下さい。

 

研究業績

Copyright (C) 2011 Faculty of Medicine Mie University. All Rights Reserved.