1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 脊椎外科・医用工学講座/脊椎外科・医用工学

講座・研究分野

脊椎外科・医用工学講座

脊椎外科・医用工学

Department of Thoracic Cardiovascular Surgery
  • TEL

    059-231-6024

  • FAX

    059-231-6032

脊椎外科・医用工学

脊椎外科医の育成、運動器疼痛の臨床研究、脊椎バイオメカニクスの研究、ものづくり、国際貢献の5つのミッションをかかげ、三重大学整形外科学教室と連携して診療と研究を行っています。

  • 教 授

    笠井裕一

  • 学部担当科目

    -

  • 附属病院診療科

    整形外科

  • 居 室

    病態医科学研究棟 9階

研究・教育内容

超高齢社会の現在において、腰部脊柱管狭窄症、頚椎症性脊髄症をはじめとした脊椎疾患が増加しており、その手術件数が増えています。特に、腰部脊柱管狭窄症は、70歳以上の約3割にみられるため、今後さらに患者数の増加が見込まれています。そして、高齢者において、全身状態不良の患者や強い骨粗鬆の患者が増えており、通常の脊椎手術で治療することが困難な症例も多数認められます。

そこで本講座では、新しい治療法の臨床応用を目指し、本学工学部の生体システム工学研究室と共同して脊椎に関する生体力学的な研究を数多く行っています。そして、われわれは、その蓄積した基礎データを基にして臨床的研究を進め、新しい脊椎インストゥルメンテーションや医用材料の開発・商品化を行っています。

  • 画像1
    脊椎不安定性測定器の開発
  • 画像2
    新しいインストルメンテーションの開発

画像3
脊椎のバイオメカニクスの研究

研究業績

  1. Biomechanical study of the lumbar spine using a unilateral pedicle screw fixation system.
    Kasai Y, Inaba T, Kato T, Matsumura Y, Akeda K, Uchida A.
    J Clin Neurosci. 2010 Mar;17(3):364-7. Epub 2010 Jan 13.
  2. Clinical application of a handy intraoperative measurement device for lumbar segmental instability.
    Kasai Y, Inaba T, Kato T, Akeda K, Uchida A.
    Int Orthop. 2010 Feb;34(1):97-101.
  3. Tadpole system as new lumbar spinal instrumentation.
    Kasai Y, Inaba T, Akeda K, Uchida A.
    J Orthop Surg Res. 2008 Sep 12;3:41.
  4. Physical characteristics of patients with developmental cervical spinal canal stenosis.
    Kasai Y, Akeda K, Uchida A.
    Eur Spine J. 2007 Jul;16(7):901-3.
  5. A new evaluation method for lumbar spinal instability: passive lumbar extension test.
    Kasai Y, Morishita K, Kawakita E, Kondo T, Uchida A.
    Phys Ther. 2006 Dec;86(12):1661-7.
  6. Suicide during hospitalization in patients with spinal disease.
    Kasai Y, Kawakita E, Uchida A.
    Spine (Phila Pa 1976). 2006 Aug 1;31(17):1981-2.
  7. Pre-and postoperative psychological characteristics in mothers of patients with idiopathic scoliosis.
    Kasai Y, Morishita K, Kawakita E, Kondo T, Uchida A.
    Eur Spine J. 2006 Jul;15(7):1103-7.
  8. A study of patients with spinal disease using Maudsley Personality Inventory.
    Kasai Y, Takegami K, Uchida A.
    Int Orthop. 2004 Feb;28(1):56-9.
  9. Metal concentrations in the serum and hair of patients with titanium alloy spinal implants.
    Kasai Y, Iida R, Uchida A.
    Spine (Phila Pa 1976). 2003 Jun 15;28(12):1320-6.
  10. Superelastic Ti-Ni alloy wire intramedullary nails for metastatic femoral pathologic fracture: a case report.
    Kasai Y, Takegami K, Matsumine A, Kawamoto M, Uchida A.
    J Surg Oncol. 2003 Jun;83(2):123-7.