医局からのお知らせ

「アレルギーに関連する講演会を開催します」

2017年10月23日更新

アレルギーに関連する講演会を開催します

開催日時:
2017年11月29日(木)19:00~21:00
場所:
津都ホテル

講演1 19:00~20:00
「皮膚バリア機能障害から考えるアトピー、アレルギー性疾患の治療と予防」
名古屋大学 皮膚科 
教授 秋山 真志 先生

講演2 20:00~21:00
「鼻副鼻腔疾患に対する最新の治療法―アレルギー性鼻炎を中心にー」
名古屋市立大学 高度医療教育センター 
教授 鈴木 元彦 先生

「抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎性中耳炎の診断法、治療法の開発」についての調査を行っています。

2017年1月26日更新

【研究課題名】抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎性中耳炎の診断法、治療法の開発

【研究の目的】
ANCA関連血管炎は、全身の血管に炎症を引き起こす、膠原病の一つです。本疾患は、難治性中耳炎から初発することもまれではないことが分かってきました。本疾患は、稀な疾患であるため、全国からの症例の集積を行わなければ、その病気態の把握は困難です。またANCA関連血管炎性中耳炎は、通常測定されているANCAが陰性なことも多く、通常の臨床では測定されていないANCAが検出されたりすることもあります。本研究では、本疾患の診断がより容易となることを目標としています。

【対象となる患者さん】
当院耳鼻咽喉科・頭頸部外科に通院または入院中の患者さんで、ANCA関連血管炎性中耳炎、他の自己免疫性疾患、頭蓋底骨髄炎、好酸球性中耳炎、IgG関連硬化性疾患による中耳炎、および耳症状を伴わないANCA関連血管炎の方を対象としております。

【調べる内容】以下の通りで、通常の診療として行います。
臨床症状、病変部位、血液検査データ、病理組織所見、細菌検査所見、生理学的検査データ(聴力検査、めまい検査)、画像検査、治療内容について、初診時、初診時以降で観察を行います。これらの項目は、全例に行われるわけではなく、臨床症状があるなど必要な場合に行われます。

【研究期間】
倫理審査委員会承認日より平成33年12月31日にかけて行います。
平成25年1月1日から倫理審査委員会承認日までに受診された患者さんにも、同意が得られた場合には参加していただきます。

【参加の拒否に関しまして】
この研究への参加は任意で、患者様の自由な意思が尊重されます。研究に参加しないことによって,今後の診療で不利益な対応を受けることはなく、またいったん参加に同意した場合でも,いつでも不利益を受けることなく同意を撤回することができます。

【個人情報管理】
この研究にご参加いただいた場合、診療情報などのこの研究に関するデータは、個人を特定できない記号(匿名化)に置き換えて管理されますので、個人情報が外部に漏れることは一切ありません。全国調査のため、それを統括している外部施設に限りデータを送りますが、その際に送るデータも個人を匿名化し管理したものですので、個人情報が漏れる心配はありません。

【研究担当者と連絡先(相談窓口)】
研究責任者: 北野 雅子 三重大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科 助教
連絡先: 三重大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科
三重県津市江戸橋2丁目174番地
電 話:059-232-1111(内線5400:耳鼻咽喉・頭頸部外科外来)

ページの先頭へ

三重大学医学部附属病院

三重大学大学院医学系研究科・医学部

三重大学大学院医学系研究科
耳鼻咽喉・頭頸部外科

〒514-8507
三重県津市江戸橋2丁目174