入局案内

入局希望の方へ

三重大学は、県内の唯一の大学病院であるため、都市部の大学病院に比べ専門性に特化されることなく、耳鼻咽喉科領域全般の疾患を扱っており、耳鼻咽喉科医としての研鑽をつむには充実した環境にあります。

県下の関連病院

県下の関連病院

2015年12月現在、三重大学医局から常勤医師を派遣している関連病院は11施設(桑名西・桑名東・市立四日市・県立総合医療センター・鈴鹿中央・鈴鹿回生・三重病院・三重中央医療センター・松阪中央・伊勢赤十字病院・三島中央病院)、非常勤医師を派遣している関連病院は10施設(四日市社会保険・小山田記念・鈴鹿・上野市民・岡波・松阪市民・松阪済生会・伊勢病院・尾鷲総合・志摩)あります。
将来、三重県で働くことを考えるなら、開業を予定している方、勤務医として働くことを希望している方ともに、適した環境です。
また、育児など家庭の事情に配慮した勤務形態を取ることで、大学病院においても常勤医師としての勤務と家事を両立出来るようにしておりますので女性医師の方も安心して研修に取り組める環境です。
初期研修医で入局を希望される方のみならず、他科からの転向を含め中途入局も大歓迎です。医学部学生で見学を希望される方もお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらまで 
TEL 059-231-5028

入局後の進路と取得できる資格

入局1〜2年目までは大学病院において耳鼻咽喉・頭頸部外科臨床医として勤務し、その後関連病院赴任となります。日本耳鼻咽喉科専門医取得までは、専門分野に偏ることなく耳鼻咽喉科全般の手技・知識の習得を目標とします。専門分野をより発展させる目的で、大学院へ進み、もしくは勤務医を続けながら研究を行い、医学博士(学位)を取得することも可能です。海外、国内への留学も可能です。
耳鼻咽喉科専門医取得後はサブスペシャリティを目指します。アレルギー専門医、頭頸部がん専門医、めまい相談医などの資格が取得できます。

豊富な専門医とサブスペシャリティ

豊富な専門医とサブスペシャリティ

これまでの留学先

これまでの実績として、海外留学では多くの米国の大学とデンマーク、国内留学では東京大学形成外科やがんセンターがあります。

海外留学

  • ジョンズホプキンス大学
  • ミネソタ大学
  • カリフォルニア大学サンフランシスコ校
  • ジョージタウン大学
  • NIH、バージニア州立大学
  • セントルイス大学
  • ウェイクホレスト大学
  • House Ear Institute(以上米国)
  • オーフォス大学(デンマーク)

国内留学

  • 東京大学形成外科
  • 国立がんセンター
  • 愛知がんセンター
  • 静岡がんセンター

週間予定

午前 午後
  • 一般外来
  • 放射線科との合同カンファレンス
  • 回診
  • 症例検討会
  • 抄読会
  • 手術
  • 手術
  • 一般外来
  • 特殊外来
  • 病棟
  • 特殊外来
  • 回診
  • 特殊外来
  • 病棟
  • 一般外来
  • 手術
  • 手術

年間医局行事

  • 4月 お花見 歓迎会
  • 7月 日耳鼻中部地方部会連合会(学会発表、演芸大会、野球大会)
  • 9月 医局食事会(家族を交えて)
  • 12月 忘年会

野球大会の集合写真野球大会の集合写真

中部地方会の懇親会にて中部地方会の懇親会にて

医局員からのメッセージ

皆さんは耳鼻科という科にどんな印象をお持ちでしょうか。
私はスーパーローテート研修を終えて、平成21年に入局しました。
耳鼻科医になって感じたことは診療内容が多彩であり、様々な疾患を取り扱っていることです。主なものだけでも耳、鼻、喉頭、口腔咽頭、頭頸部外科、小児などがあり、相互に関連性をもちながらも、それぞれ高度な専門性を有しています。
現在、入局6年目を迎えようとしていますが、様々な疾患や手術によって毎日が充実しており、やりがいのある日々がおくれています。
当科はすこし医局員は少なめですが、若手医局員へのチャンスも多く、経験できる疾患や手術症例も多岐にわたっています。
忙しくはありますが、自分の腕を磨くにはもってこいな環境だと思います。
やりがいのある仕事を探して悩んでいる先生方は、是非耳鼻咽喉・頭頸部外科への研修を考えてみて下さい。
医局員一同お待ちしております!

濱口宣子 後期研修4年目

耳鼻科には学生時代からアレルゲン免疫療法の患者として2年間程お世話になり、科全体に流れるアットホームな雰囲気は私のお気に入りでした。
大学を卒業後、市中病院にて初期研修医として働いておりましたが、研修が終わりに近づいて同期達の進路も次々に決まっていく中、私は進むべき科を決めかねていました。
そんな時に耳鼻科をまだ研修していないことに気づき、12月から1月にかけて、急遽研修させて頂くことになりました。そこで自分のやりたいことに改めて気づかされ、初期研修終了後に入局させて頂きました。
入局してみると研修医の頃よりもさらに熱心にご指導頂き、多くの症例を経験させてもらっています。もちろん辛いときもありますが、アフターケアも充実しており、飲み会ではスッキリするまで愚痴を聞いてもらえます。
職種に関係なく、当科に関わるスタッフ間の仲間意識は強く、学生時代に感じていた雰囲気はそのようなところから作られているのかもしれません。
おかげさまでかなり充実した毎日が送れており、自分の“選科眼”は間違っていないと自信をもって言えます。ぜひ一度、見学、研修にいらしてみてください。

松田恭典 後期研修2年目

皆様はじめまして。三重大学耳鼻咽喉・頭頸部外科の森下裕之と申します。私は平成24年に卒業し三重大病院で初期研修を行い、平成26年に当科に入局しました。
私は大学も三重大学であったことから学生の時分より現在の上司にあたる先生方にお世話になっていました。
非常に面倒見の良い先生ばかりで医局内もなごやかな雰囲気であったため、元々耳鼻咽喉科に興味を持っていた私はその時から入局を決めていました。
入局してからもそれは変わらず、その一方で、徐々に手術の執刀をさせてもらえる機会も増え、カンファ等でも忌憚なく自分の意見を言える環境にあり、非常に充実した毎日を送っています。
また、私事ではございますが入局した年の夏に妻が息子を出産しました。まだ仕事に慣れることに必死な時期でしたが、できる限り家庭を優先できるように指導医の先生方に配慮いただき、結果として妻に褒められるパパになれました(笑)。
耳鼻科にちょっとでも興味のある方や、進路にお悩み中の学生さんや研修医の先生方はお気軽に相談ください。連絡お待ちしております。

森下裕之 後期研修2年目

ページの先頭へ

三重大学医学部附属病院

三重大学大学院医学系研究科・医学部

三重大学大学院医学系研究科
耳鼻咽喉・頭頸部外科

〒514-8507
三重県津市江戸橋2丁目174