不妊グループ

卵管鏡下卵管形成術

最近ではクラミジア等の感染症の増加に伴い、卵管が閉塞または狭窄している方が増えてきています。
両方の卵管が詰まっている場合、今までは体外受精しか方法がないと言われていましたが、卵管鏡下卵管形成術(FT)により卵管を広げる処置が可能となりました。

卵管鏡

卵管鏡下卵管形成術(FT)は、卵管内をカメラで確認しながらバルーンという風船状のものを膨らませることで閉塞または狭窄を治療する方法です。年齢が若く卵管自体に異常がみられない患者さんでは、この方法により自然妊娠できる可能性が期待されます。
今回、県外の施設で当科の医師が研鑽をつみ、三重大学でもこの方法を導入することができるようになりました。

卵管鏡下卵管形成術

ページの先頭へ

開く