オープンシステムとは

 お産は多くの場合、正常に経過して元気な赤ちゃんが産まれ、お母さんも正常に回復していきます。しかし、中には妊娠中やお産の最中に赤ちゃんやお母さんに突然異常な事態が発生することもあります。また、持病があったり、妊娠経過に異常があるハイリスク妊娠では、妊娠中や分娩時に赤ちゃんだけでなくお母さんにも危険が伴うことがあります。

医療施設の機能別役割分担を明確にし、リスクに応じた妊婦さんの分散のため、2004年
厚生労働科学研究班で新しい「妊娠リスクスコア」が作成されました。   妊娠リスクスコア

 三重大学医学部附属病院では、より安全なお産を提供するために、妊婦健診は近くの診療所で受けていただき、分娩は産科、小児科、新生児集中治療室(NICU)、内科や外科などの設備、スタッフの充実した大学病院で行っていただけるシステムを採用しています。これが、それぞれの医療機関の特性を生かした産科オープンシステムです。

 オープンシステムにはつぎの2種類があります。

オープンシステム

妊婦健診は診療所で受診、分娩の際は大学病院に入院し、診療所の医師が大学病院に来て分娩を行います。

セミオープンシステム

妊娠36週までは妊婦健診は診療所で受診し以降は大学病院で受診。分娩の際は大学病院に入院し、大学病院の医師が分娩を扱います。
どちらのシステムを採用しているかは、かかりつけの病院・医院によって違います。
また、オープンシステムを採用している医師でもセミオープンシステムにも対応可能です。かかりつけの医師とよく相談して決めてください。