周産期グループ

周産母子センター

平成7年に三重大学医学部附属病院に周産母子センター設置が認められ、平成9年4月から本格的に稼動しています。平成26年には周産期センター内にMFICU (Maternal-fetal intensive care unit)も設置され、ハイリスク妊娠・分娩管理をより充実した体制で管理することが可能となりました。

周産母子センターの理念

本センターは、母体、胎児、新生児の診療に関与する産科、小児科、小児循環器科、小児外科、胸部心臓外科、脳神経外科、眼科、耳鼻科がそれぞれの診療科の枠を越えて協力することにより、母体、児の双方に一貫した集学的治療を提供することを目的として設置されました。

合併症母体に付随する胎児・新生児異常や、出生前診断に基づいた胎児・新生児の管理、他院にて出生後経過に問題のある新生児の搬送を受け入れを行っています。また、三重県下でNICUを有する基幹病院(市立四日市病院、三重県立総合医療センター、三重中央医療センター、伊勢赤十字病院)と連携し、相互のサポート体制をとっています。

さらに当院は大学病院であり、周産期医学の向上のための研究に貢献する使命も担っています。

最近の周産母子センターの現況

周産母子センターは、ハイリスク母体の管理に加えて、胎児異常症例、特に先天性心疾患や消化器系の先天異常児の管理を主に行っております。

たとえば、先天性心疾患症例については、胎児診断の時点で産科と小児循環器科が連携して行い、胸部外科との緊密な連携を行って新生児管理がスムーズに行える体制をとっています。また外科疾患が出生前に診断された場合は、産科、小児科、小児外科だけでなく、脳神経外科、眼科、耳鼻咽喉科等との情報交換や協力態勢を緊密に行い、集学的医療を提供させていただいております。こういった胎児・新生児医療は当院の周産母子センターの特徴であり、三重県内の周産期診療ネットワークにおいて中心的役割を担っています。また、母子メンタルヘルスの専門外来も設置し、母体の精神的サポートも行っています。

このように、本センターでは各診療科と周産期チームとの連携により、母体、胎児・新生児を一貫して診療する体制を実現しています。

ページの先頭へ

開く