不妊グループ

高度生殖医療センター

2015年5月に、高度生殖医療センターを開設しました。

近年、晩婚化に伴い結婚後に早く子供が欲しいのに、なかなか子供が出来ないご夫婦が増加してきています。そのため不妊治療のニーズはますます増加しております。現在、県下の不妊治療が可能な施設でも初診まで数か月待ちになってしまい、早期に治療を開始できないことがあります。そのような背景を受け、このたび高度生殖医療センターを開設いたしました。

当科では、疾患のない不妊症に悩まれている患者さんだけでなく、疾患をお持ちで不妊治療を希望されている患者さんなど、多くの患者さんによりよい不妊治療を提供していきます。不妊に悩む患者さんの状況に応じて、産婦人科以外の診療科と連携した不妊治療、妊娠~出産までの一貫した管理を行っていきます。

不妊治療は体外受精が全てではありません。自然妊娠を希望される方には、まずはタイミング療法や人工授精等の一般不妊治療を実施します。また、近年増加している卵管性不妊(卵管閉塞・狭窄など)の方に対しては、現在卵管鏡下卵管形成術(FT)を行っております。卵管鏡下卵管形成術(FT)閉塞した卵管を開通させる施術です。これまで両側の卵管に閉塞があり体外受精を勧められていた年齢が若い患者さんに対して施術することで、自然妊娠の可能性が期待される方法です。不妊治療にあたる医師が他県の専門施設で研鑽を積むことにより、卵管鏡下卵管形成術(FT)を導入する事が可能となりました。

もちろん、体外受精においても、患者さん一人一人に合わせた刺激法の選択を行います。最新の治療である顕微授精や未熟卵体外受精を行います。さらに胚質の良くない患者さんに対しては胚質改善・内膜環境改善を目的に針・鍼灸といった東洋医学的な治療により体質改善を図ります。当センターでは妊娠に向けてのよりよい環境をつくると同時に、患者さん一人一人に妊娠・出産の喜びを与えられるよう頑張っていきます。

妊娠を望まれる患者さんの中には重篤な疾患により妊娠は危険だと指摘されている方もいらっしゃいます。当センターでは、他の診療科と連携するといったように大学病院の利点を最大限に生かすことで、これまでは妊娠を諦めざるを得なかった患者さんができる限りご自分の子供が抱けるように精一杯努力していきます。

今後は三重県内の他の施設とも連携し、三重県内全体の不妊医療の向上に繋げていきたいと考えています。

なお卵管鏡に関しては、県下ですでに導入されている御施設があり、誤った記載をしておりましたこと訂正させていただきます。

ページの先頭へ

開く