医療関係者の皆様へ

ホーム > 医療関係者の皆様へ > 研究と業績 - 2006年

研究と業績 - 2006年

外国語論文

  1. Ultrastructural characterization of tissue response to sintered carbonate apatite in rabbit bone
    Kogaya Y, Hasegawa M, Uchida A, Doi Y
    Dent Mater J 25(3):487-492 2006
  2. Suicide during hospitalization in patients with spinal disease
    Kasai Y, Kawakita E, Uchida A
    Spine 31(17):1981-1982 2006
  3. Nerve fiber ingrowth into scar tissue formed following nucleus pulposus extrusion in the rabbit anular-puncture disc degeneration model: effects of depth of puncture
    Aoki Y, Akeda K, An H, Muehleman C, Takahashi K, Moriya H, Masuda K
    Spine 31(21):E774-780 2006
  4. Effects of growth differentiation factor-5 on the intervertebral disc--in vitro bovine study and in vivo rabbit disc degeneration model study
    Chujo T, An HS, Akeda K, Miyamoto K, Muehleman C, Attawia M, Andersson G, Masuda K
    Spine 31(25):2909-2917 2006
  5. Extracorporeal photodynamic image detection of mouse osteosarcoma in soft tissues utilizing fluorovisualization effect of acridine orange
    Satonaka H, Kusuzaki K, Matsubara T, Shintani K, Wakabayashi T, Matsumine A, Uchida A
    Oncology 70(6):465-473 2006
  6. Expression of hypoxia-inducible factor (HIF)-1alpha as a biomarker of outcome in soft-tissue sarcomas
    Shintani K, Matsumine A, Kusuzaki K, Matsubara T, Satonaka H, Wakabayashi T, Hoki Y, Uchida A
    Virchows Arch 449(6):673-681 2006
  7. Analysis of germline and tumor mutations of p53 gene in familial occurrence of soft tissue sarcomas
    Kudawara I, Matsumine A, Ohzono K.
    J Surg Oncol 95:347-350 2006
  8. Delayed multiple rupture of extensor tendons associated with a volarly displaced type II physeal fracture of radius
    Yamada M, Hirata H, Asanuma K, Tsujii M, Hasegawa M, Uchida A
    J Trauma 61(6):1549-1551 2006
  9. Regenerating axons emerge far proximal to the coaptation site in end-to-side nerve coaptation without a perineurial window using a T-shaped chamber
    Akeda K, Hirata H, Matsumoto M, Fukuda A, Tsujii M, Nagakura T, Ogawa S, Yoshida T, Uchida A
    Plast Reconstr Surg. 117(4):1194-1203 2006
  10. Pre-and postoperative psychological characteristics in mothers of patients with idiopathic scoliosis
    Kasai Y, Morishita K, Kawakita E, Kondo T, Uchida A.
    Eur Spine J 15: 1103-1107 2006
  11. Changes in bone mineral density in transient osteoporosis of the hip
    Niimi R, Sudo A, Hasegawa M, Fukuda A, Uchida A.
    J Bone Joint Surg (Br) 88:1438-1440 2006
  12. Extraskeletal myxoid chondrosarcoma arising from the clavicle
    Nakazora S, Kusuzaki K, Matsubara T, Shintani K, Matsumine A, Fukutome K, Uchida A.
    Oncol Rep 16(1):115-118 2006
  13. A new evaluation method for lumbar spinal instability: passive lumbar extension test
    Kasai Y, Morishita K, Kawakita E, Kondo T, Uchida A.
    Physical Therapy 86(12):1661-1667 2006
  14. Acridine orange used for photodynamic therapy accumulates in malignant musculoskeletal tumors depending on pH gradient
    Matsubara T, Kusuzaki K, Matsumine A, Shintani K, Satonaka H, Uchida A
    Anticancer Res 26:187-194 2006
  15. Cobalt-chromium head wear following revision hip arthroplasty performed after ceramic fracture
    Hasegawa M, Sudo A, Uchida A
    Acta Orthopaedica 77:833-835 2006
  16. Surgical treatment for a congenitally stiff metacarpophalangeal joint of the small finger: report of four cases
    Tsujii M, Hirata H, Matsumoto M, Asanuma K, Uchida A
    J Hand Surg (Am) 31(7):1189-1192 2006
  17. Dislocation of posterior-stabilized mobile-bearing knee prosthesis. A case report.
    Hasegawa M, Sudo A, Fukuda A, Uchida A
    The Knee 13:478-482 2006
  18. Effects of driving on low back pain
    Sakakibara T, Kasai Y, Uchida A.
    Occupational Medicine 56(7):494-496 2006
  19. Effect of tourniquet application on deep vein thrombosis after total knee arthroplasty
    Fukuda A, Hasegawa M, Kato K, Shi D, Sudo A, Uchida A.
    Arch Orthop Trauma Surg 11 2006
  20. Bilateral hip fractures
    Fukushima T, Sudo A, Uchida A.
    J Orthop Sci 11(5):435-438 2006
  21. Computed tomographic evaluation of component position on dislocation after total hip arthroplasty
    Komeno M, Hasegawa M, Sudo A, Uchida A.
    Orthopedics 29(12):1104-1108 2006
  22. Intradiscal injections of osteogenic protein-1 restore the viscoelastic properties of degenerated intervertebral discs
    Miyamoto K, Masuda K, Kim JG, Inoue N, Akeda K, Andersson GB, An HS.
    Spine J 6(6):692-703 2006
  23. Osteonecrosis of the femoral head caused by bone marrow blockage. A case report
    Nishimura A, Hasegawa M, Sudo A, Uchida A.
    Journal of Orthopaedic Surgery 14(3):330-332 2006
  24. A functional polymorphism in the 5' UTR of GDF5 is associated with susceptibility to osteoarthritis
    Miyamoto Y, Mabuchi A, Shi D, Kubo T, Takatori Y, Saito S, Fujioka M, Sudo A, Uchida A, Yamamoto S, Ozaki K, Takigawa M, Tanaka T, Nakamura Y, Jiang Q, Ikegawa S
    Nat Genet 39(4):529-533 2007
  25. Clear cell sarcoma of tendons and aponeuroses: a study of 75 patients
    Kaswai A, Hosono A, Nakayama R, Matsumine A, Matsumoto S, Ueda T, Tsuchiya H, Beppu Y, Morioka H, Yabe H
    Cancer 109(1):109-116 2007
  26. Clinical outcome of patients with Ewing sarcoma family of tumors of bone in Japan: the Japanese Musculoskeletal Oncology Group cooperative study
    Obata H, Ueda T, Kawai A, Ishii T, Ozaki T, Abe S, Tanaka K, Tsuchiya H, Matsumine A, Yabe H
    Cancer 109(4):767-775 2007
  27. iNOS-dependent DNA damage in patients with malignant fibrous histiocytoma in relation to prognosis
    Hoki Y, Hiraku Y, Ma N, Murata M, Matsumine A, Nagahama M, Shintani K, Uchida A, Kawanishi S
    Cancer Sci 98(2):163-168 2007
  28. Characterization of two types of osteoclasts from human peripheral blood monocytes
    Yuasa K, Mori K, Ishikawa H, Sudo A, Uchida A, Ito Y
    Biochem Biophys Res Commun 356:354-360 2007
  29. Expression of large tenascin-C splice variants in synovial fluid of patients with rheumatoid arthritis
    Hasegawa M, Nakoshi Y, Muraki M, Sudo A, Kinoshita N, Yoshida T, Uchida A
    J Orthop Res 25:563-568 2007
  30. The expression of NG2 proteoglycan in the human intervertebral disc
    Akeda K, An HS, Pichika R, Patel K, Muehleman C, Nakagawa K, Uchida A, Masuda K
    Spine 32(3):306-314 2007
  31. Proinflammatory cytokines stimulate the expression of nerve growth factor by human intervertebral disc cells
    Abe Y, Akeda K, An HS, Aoki Y, Pichika R, Muehleman C, Kimura T, Masuda K
    Spine 32(6):635-642 2007
  32. Large-scale gene expression profiles, differentially represented in osteoarthritic synovium of the knee joint using cDNA microarray technology
    Kato H, Matsumine A, Wakabayashi T, Hasegawa M, Sudo A, Shintani K, Fukuda A, Kato K, Ide N, Orita S, Hasegawa T, Matsumura C, Furukawa M, Tasaki T, Sonoda H, Uchida A
    Biomarkers 12(4):384-402 2007
  33. Physical characteristics of patients with developmental cervical spinal canal stenosis
    Kasai Y, Akeda K, Uchida A
    Eur Spine J 16 2007
  34. Acridine orange could be an innovative anticancer agent under photonenergy
    Kusuzaki K, Murata H, Matsubara T, Satonaka H, Wakabayashi T, Matsumine A,Uchida A
    In Vivo 21(2):205-214 2007
  35. A large metallic cyst caused by wear particles after total knee arthroplasty
    Niimi R, Hasegawa M, Sudo A, Uchida A
    Arch Orthop Trauma Surg 127(1):51-54 2007
  36. Usefulness of Passive Lumbar Extension test for lumbar spinal instability
    Kasai Y, Kawakita E, Akeda K, Uchida A
    Journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research 17:943-947 2007

遺漏分

  1. Cytological properties of stromal cells derived from giant cell tumor of bone (GCTSC) which can induce osteoclast formation of human blood monocytes without cell to cell contact
    Nishimura M, Yuasa K, Mori K, Miyamoto N, Ito M, Tsurudome M, Nishio M, Kawano M, Komada H, Uchida A, Ito Y
    J Orthop Res 23(5):979-987 2005
  2. Possible activation of murine T lymphocyte through CD98 is independent of interleukin 2/interleukin 2 receptor system
    Komada H, Imai A, Hattori E, Ito M, Tsumura H, Onoda T, Kuramochi M, Tani M, Yamamoto K, Yamane M, Kawano M, Nishio M, Yuasa K, O'Brien M, Yamamoto H, Uematsu J, Tsurudome M, Ito Y
    Biomed Res 27(2):61-67 2006

英語著書

  1. Yuichi Kasai, Atsumasa Uchida, Takaya Kato, Tadashi Inaba, Masataka Tokuda
    Influence of injury or fusion of a single motion segment on other motion segments in the spine.
    Spinal reconstruction; clinical examples of applied basic science, biomechanics and engineering, Informa, New York, 109-117 2007

日本語著書

  1. 湏藤啓広
    骨粗鬆症
    守屋秀繁、糸満盛憲ら 編
    整形外科診療実践ガイド(5)先天性および骨系統疾患・代謝性骨疾患
    文光堂 433-438 2006
  2. 湏藤啓広
    巨人症、末端肥大症
    守屋秀繁、糸満盛憲ら 編
    整形外科診療実践ガイド(5)先天性および骨系統疾患・代謝性骨疾患
    文光堂 438-440 2006
  3. 笠井裕一
    神経線維腫症(特)型(von Recklinghausen病)
    守屋秀繁、糸満盛憲ら 編
    整形外科診療実践ガイド(5)先天性および骨系統疾患・代謝性骨疾患
    文光堂 430-433 2006 
  4. 笠井裕一
    心因性腰背部痛の診断上の留意点
    整形外科Knack & Pitfallsシリーズ脊椎外科の要点と盲点:胸腰椎
    文光堂 58-62 2006
  5. 松峯昭彦
    OAの原因遺伝子:アスポリン
    七川歓次 編
    リウマチ病セミナー
    永井書店 XVII:168-173 2006
  6. 藤澤幸三、森田哲正(分担執筆)
    Heberden結節の治療、Boushard結節のコツ
    Knack & Pitfalls 手の外科の要点と盲点
    文光堂 2007
  7. 湏藤啓広
    骨粗鬆症
    セカンドオピニオン実践ガイド
    文光堂 433-437 2007
  8. 松峯昭彦、内田淳正
    軟部腫瘍の診断-画像診断-
    越智隆弘、吉川秀樹 編
    最新整形外科学大系
    中山書店 20:52-56 2007
  9. 松峯昭彦、内田淳正
    骨・軟部腫瘍の治療ー良性骨腫瘍の治療ー
    越智隆弘、吉川秀樹 編
    最新整形外科学大系
    中山書店 20:75-80 2007
  10. 長谷川正裕、大橋俊郎
    内反膝、屈曲膝、不安定膝
    人工膝関節置換術[TKA]のすべて
    メジカルビュー社 148-158 2007

遺漏分

  1. 二井英二
    毛髪・鼻・指節症候群
    守屋秀繁、糸満盛憲ら 編
    整形外科診療実践ガイド(5)先天性および骨系統疾患・代謝性骨疾患
    文光堂 403-404 2006
  2. 二井英二
    先天性片側肥大症
    守屋秀繁、糸満盛憲ら 編
    整形外科診療実践ガイド(5)先天性および骨系統疾患・代謝性骨疾患
    文光堂 412-413 2006
  3. 二井英二
    ムコ脂質症
    守屋秀繁、糸満盛憲ら 編
    整形外科診療実践ガイド(5)先天性および骨系統疾患・代謝性骨疾患
    文光堂 413-415 2006
  4. 二井英二
    骨形成不全症
    守屋秀繁、糸満盛憲ら 編
    整形外科診療実践ガイド(5)先天性および骨系統疾患・代謝性骨疾患
    文光堂 415-417 2006
  5. 二井英二
    進行性骨化性線維異形成症
    守屋秀繁、糸満盛憲ら 編
    整形外科診療実践ガイド(5)先天性および骨系統疾患・代謝性骨疾患
    文光堂 424-423 2006
  6. 加藤 公
    ジャンプ障害
    二ノ宮節夫ら 編
    今日の治療指針
    医学書院 48 2006
  7. 加藤 公
    X線検査
    守屋秀繁、内田淳正ら 編
    整形外科診療実践ガイド
    文光堂 2006

日本語論文

  1. 【診断に難渋する骨・関節疾患】ユーイング肉腫の診断のポイント
    楠崎克之、松原孝夫、里中東彦、若林 徹、松峯昭彦、内田淳正
    整形・災害外科 49巻11号1277-1282 2006
  2. 抗菌薬充填ハイドロキシアパタイトを用いた感染性人工股関節の治療
    湏藤啓広、長谷川正裕、福田亜紀、内田淳正
    日本骨・関節感染症学会雑誌 20巻67-70 2006
  3. セメントレスステム VerSys Enhanced Taper stemの最短5年以上の臨床成績
    湏藤啓広、長谷川正裕、村木 真、川村豪伸、福田亜紀、内田淳正
    日本人工関節学会誌 36巻284-285 2006
  4. 転移性脊椎腫瘍の患者におけるQOL
    笠井裕一、内田淳正
    Clinical Calcium 16巻598-603 2006
  5. 【軟部肉腫の分子病理と診断】 軟部肉腫の遺伝子治療
    松峯昭彦、楠崎克之、松原孝夫、内田淳正
    細胞 38巻10号406-409 2006
  6. 【診断に難渋する骨・関節疾患】 軟部腫瘍診断のpitfall
    松峯昭彦、楠崎克之、松原孝夫、内田淳正
    整形・災害外科 49巻11号1283-1288 2006
  7. 神経端側吻合による軸索再生のメカニズムとその臨床応用
    森田哲正、平田 仁、松本 衛、明田浩司、内田淳正
    日本マイクロサージャリー学会会誌 19巻1号55-63 2006
  8. 鎖骨偽関節に対する有茎血管柄付き肩甲骨移植の経験
    森田哲正、藤澤幸三、平田 仁、内田淳正
    日本マイクロサージャリー学会会誌 19巻2号232-233 2006
  9. サンドイッチカップを用いたアルミナ/アルミナTHA後に生じたライナー脱転の検討
    長谷川正裕、湏藤啓広、村木 真、内田淳正
    Hip Joint 32巻363-367 2006
  10. サンドイッチカップを用いたアルミナ/アルミナTHA後のアルミナライナー脱転、破損とその対策
    長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49巻4号729-730 2006
  11. 大腿骨頭壊死症に対する大腿骨頭表面置換術の経験
    長谷川正裕、湏藤啓広、村木 真、内田淳正
    Hip Joint 32巻165-168 2006
  12. 【関節炎マーカーの基礎と臨床】 関節液マーカーとなるテネイシンC
    長谷川正裕、吉田利通、内田淳正
    リウマチ科 35巻6号565-570 2006
  13. Solutionを用いたセメントレス人工股関節再置換術の中期成績
    長谷川正裕、湏藤啓広、村木 真、内田淳正
    日本人工関節学会誌 36巻68-69 2006
  14. PFC Sigmaのモバイルベアリングとフィクスドベアリングの比較
    長谷川正裕、福田亜紀、川村豪伸、村木 真、湏藤啓広、内田淳正
    日本人工関節学会誌 36巻294-295 2006
  15. Mini-midvastusアプローチによるMIS TKAの早期臨床成績
    長谷川正裕、友田良太、福田亜紀、湏藤啓広、内田淳正
    日本人工関節学会誌 36巻300-301 2006
  16. 米国におけるカイロプラクティックの現状 47
    松久 正
    月刊雑誌 医道の日本5月号 2006
  17. 米国におけるカイロプラクティックの現状 48
    松久 正
    月刊雑誌 医道の日本8月号 2006
  18. 米国におけるカイロプラクティックの現状 49
    松久 正
    月刊雑誌 医道の日本11月号 2006
  19. 人工膝関節全置換術後の深部静脈血栓症発生に対する駆血帯の影響
    福田亜紀、長谷川正裕、加藤 公、施 徳全、湏藤啓広、内田淳正
    整形外科 57巻6号650-653 2006
  20. 後十字靱帯周囲に発生した関節内ガングリオンの1例
    川村豪伸、福田亜紀、内田淳正、加藤 公、川本雅渉
    整形外科 57巻11号1498-1499 2006
  21. ペルテス病の保存治療成績
    湯浅公貴、浦和真佐夫、二井英二、西山正紀、内田淳正
    日本小児整形外科学会雑誌 15巻2号268-272 2006
  22. 高齢者に認めたFreiberg病に対して骨軟骨移植術を施行した1例
    辻井雅也、平田 仁、瀬戸正史、浅間信治、吉川和也、永井康興、内田淳正
    臨床整形外科 41巻11号1205-1208 2006
  23. 変形性股関節症と大腿骨頭壊死症に対して行ったbipolar型人工骨頭置換術の長期成績
    村木 真、長谷川正裕、湏藤啓広、福田亜紀、内田淳正
    Hip Joint 32巻582-584 2006
  24. 病理組織学的確定診断が困難であった下腿軟部腫瘍の1例
    松原孝夫、楠崎克之、松峯昭彦、新谷 健、里中東彦、内田淳正、村田哲也、加藤裕也、白石泰三、前田正幸、多上智康
    東海骨軟部腫瘍 18巻37-38 2006
  25. 下腿ガス壊疽に対し遊離広背筋皮弁を用い人工膝関節全置換術で機能再建できた1例
    飯田 竜、辻井雅也、森田哲正、長谷川正裕、平田 仁、内田淳正
    整形外科 57巻9号1246-1249 2006
  26. 環指デグロービング損傷に対して上腕外側皮弁を用いて血行再建を行った1例
    飯田 竜、辻井雅也、森田哲正、藤澤幸三、平田 仁、内田淳正
    臨床整形外科 41巻7号825-828 2006
  27. 骨形成不全症に合併し変形性膝関節症に対し、人工膝関節置換術を施行した1例
    西村明展、福田亜紀、加藤 公、佐野哲也、内田淳正
    膝 31巻2号298-300 2006
  28. 悪性顆粒細胞腫の2例
    新美 塁、松峯昭彦、楠崎克之、内田淳正、福留寿生
    整形・災害外科 49巻7号869-872 2006
  29. 人工股関節全置換術後に発生する深部静脈血栓症診断における可溶性フィブリンとD-dimerの有用性
    新美 塁、長谷川正裕、施 徳全、湏藤啓広、福田亜紀、内田淳正
    関節外科 25巻9号1009-1013 2006
  30. 人工股関節全置換術後に発生する深部静脈血栓症の有無での可溶性フィブリンとD-ダイマーの経時的推移と深部静脈血栓症治療効果判定における有用性についての検討
    新美 塁、長谷川正裕、施 徳全、湏藤啓広、内田淳正
    関節外科 25巻12号1331-1335 2006
  31. 人工膝関節全置換術後の深部静脈血栓症および肺塞栓診断におけるD-ダイマーと可溶性フィブリンの有用性
    新美 塁、長谷川正裕、施 徳全、湏藤啓広、川村豪伸、村木 真、内田淳正
    日本人工関節学会誌 36巻336-337 2006
  32. 人工股関節全置換術後の深部静脈血栓症診断における可溶性フィブリンとD-ダイマーの有用性
    新美 塁、長谷川正裕、湏藤啓広、村木 真、内田淳正
    Hip Joint 32巻668-672 2006
  33. 大腿部再発性軟部腫瘍の1例
    新美 塁、楠崎克之、松峯昭彦、内田淳正、加藤裕也、白石泰三、村田哲也、前田正幸、多上智康
    東海骨軟部腫瘍 18巻13-14 2006
  34. 左臀部軟部腫瘍の1例
    濱口貴彦、松峯昭彦、松原孝夫、楠崎克之、内田淳正、加藤裕也、白石泰三、前田正幸、多上智康
    東海骨軟部腫瘍 18巻21-22 2006
  35. Pisa症候群の1例
    植村 剛、濱口貴彦、笠井裕一、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49巻5号993-994 2006
  36. 人工股関節置換術後の歩行訓練に影響するバリアンスについて
    石井千菊、直江祐樹、日沖甚生、長谷川正裕、湏藤啓広
    Hip Joint 32巻suppl 60-62 2006
  37. 非典型的な画像所見を呈した脊髄硬膜外血腫の1例
    鈴木千織、前田正幸、笠井裕一、内田淳正、竹田 寛
    臨床放射線 51巻7号870-873 2006
  38. 下肢人工関節置換術後における遠位型深部静脈血栓症の発生部位と分布パターン
    施 徳全、湏藤啓広、長谷川正裕、法貴葉子、友田良太、内田淳正
    骨・関節・靱帯 19巻2号157-164 2006
  39. 術後下腿ヒラメ筋静脈血栓症に対するフットポンプの予防効果はカーフポンプに較べて少ない
    施 徳全、長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正、榊原紀彦、佐藤昌良
    整形・災害外科 49巻9号1019-1026 2006
  40. 人工関節置換術後における下肢深部静脈血栓症の発生頻度 超音波検査法を用いた検討
    施 徳全、湏藤啓広、長谷川正裕、法貴葉子、内田淳正
    関節外科 25巻2号100-105 2006
  41. 人工関節置換術後における下腿部DVTの発生部位と分布パターン
    施 徳全、湏藤啓広、長谷川正裕、友田良太、内田淳正、大田覚史、山田典一
    Therapeutic Research 27巻6号1100-1102 2006
  42. 【院長が語る医療再生・明日への処方箋】医師不足問題 新臨床研修制度・救急医療からみた医師偏在とその対応
    内田淳正
    新医療 34巻1号84-85 2007
  43. 骨系統疾患の国際分類(2006)の和訳
    芳賀信彦、廣島和夫、津村 弘、高村和幸、下村哲史、中島康晴、君塚 葵、西村 玄、内田淳正
    日本整形外科学会骨系統疾患委員会
    日本整形外科学会雑誌 81巻2号260-271 2007
  44. 斜角筋間ブロックの工夫 -肩外転肢位で直接神経叢を蝕知する方法-
    浦和真佐夫、二井英二、西村淑子
    別冊整形外科 51巻202-205 2007
  45. 腰部脊柱管狭窄症診断サポートツールに関する認識度
    笠井裕一、松村好博、川喜田英司、明田浩司、内田淳正
    日本脊椎脊髄病学会雑誌 18巻2号522 2007
  46. 慢性腰痛に対する薬物治療
    笠井裕一、内田淳正
    Orthopaedics 20巻2号39-44 2007
  47. 分子レベルからみた整形外科疾患 新規嫌気的解糖系酵素 Citrate Lyase beta-like(CLYBL)と骨軟部悪性腫瘍の肺転移
    松峯昭彦、岡村 篤、森川丞二、松原孝夫、楠崎克之、内田淳正
    整形・災害外科 50巻2号98-99 2007
  48. 人工膝関節置換術、小切開、mini-midvastusアプローチによるTKA
    長谷川正裕、内田淳正
    関節外科 26巻1号86-92 2007
  49. 関節リウマチ患者におけるテネイシンC
    長谷川正裕、名越 豊、若林弘樹、湏藤啓広、内田淳正
    中部リウマチ 38巻1号8-9 2007
  50. 透析患者シャント側コレス骨折をカパンジ法で整復し、経皮的操作で骨折部をballoningしバイオペックスを充填した経皮的ピンニングの1症例
    石黒茂夫、大田斌人
    Medical Postgraduates 45巻1号38-41 2007
  51. スポーツ医学 ハンドボール全日本男子選手における外傷・障害の危険因子
    福田亜紀、加藤 公、河野卓也、蒲生晴明、藤澤幸三、内田淳正
    整形外科 58巻2号229-231 2007
  52. 整形外科における筋肉学の夜明け ハイブリッド型人工筋肉の作成および神経筋接合部再生の試み
    福田亜紀、平田 仁、宮本啓一、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 50巻1号7-8 2007
  53. 骨・軟部腫瘍切除後の骨・軟部組織欠損に対する再建術
    福田亜紀、平田 仁、楠崎克之、松峯昭彦、内田淳正
    整形外科 58巻3号269-272 2007
  54. 最近7年間における化膿性脊椎炎の診断および保存的加療
    若林 徹、小保方浩一、田島正稔、竹原慎介、浅野直樹、里中東彦
    整形外科 58巻257-259 2007
  55. 骨肉腫症例における包括医療導入による診療報酬に対する影響についての検討
    新美 塁、松峯昭彦、楠崎克之、松原孝夫、倉田知江子、内田淳正
    整形・災害外科 50巻1号67-73 2007 

遺漏分

  1. 脛骨高原骨折に対して用いたリン酸カルシウムセメントの生検例
    長谷川正裕、福田亜紀、湏藤啓広、平田 仁、内田淳正、平野昌弘
    整形・災害外科 47巻10号1217-1221 2004
  2. 人工股関節・人工骨頭置換術における骨セメントの肺・循環器に及ぼす影響
    -実験的研究および臨床的検討-
    今原敏博
    整形外科 56巻4号465-470 2005
  3. Milroy病の母子例
    二井英二、西山正紀、辻井雅也、小俣 真、二谷 武、内田淳正、山崎征治
    臨床整形外科 40巻10号1163-1167 2005
  4. Hip Spine Syndromeにおける仙腸関節の動き
    山川 徹、細井 哲
    Hip Joint 31巻 243-246 2005
  5. セメントレスカップとHA顆粒を用いた臼蓋側再置換術
    湏藤啓広、長谷川正裕、福田亜紀、川村豪伸、村木 真、内田淳正
    日本人工関節学会誌 35巻355-356 2005
  6. 脛骨高原骨折に対して充填したリン酸カルシウムセメントの生検例
    長谷川正裕、福田亜紀、湏藤啓広、平田 仁、平野昌弘、内田淳正
    Orhtopaedic Ceramic Implants 23巻24号61-63 2005
  7. 破骨細胞により吸収される焼結炭酸含有アパタイト多孔体
    長谷川正裕、土井 豊、内田淳正
    別冊整形外科 47巻125-129 2005
  8. 両側性ペルテス病の発症要因
    西山正紀、山田総平、浦和真佐夫、辻井雅也、湯浅公貴、二井英二
    臨床整形外科 40巻1137-1141 2005
  9. 人工関節置換術後感染予防のための抗生剤点滴1日投与
    川村豪伸、湏藤啓広、長谷川正裕、福田亜紀、村木 真、内田淳正
    日本人工関節学会誌 35巻287-288 2005
  10. 7年以上経過したPCA型人工股関節の術後成績
    村木 真、湏藤啓広、長谷川正裕、福田亜紀、川村豪伸、内田淳正
    日本人工関節学会誌 35巻179-180 2005
  11. 人工股関節置換術後の歩行訓練に影響するバリアンスについて
    石井千菊、直江祐樹、大川 達、石原 諭、日沖甚生、長谷川正裕、湏藤啓広
    三重県理学療法学会 33-34 2005
  12. 全日本ハンドボールチームにおけるジャンパー膝について -ジャンパー膝発生の実態と保存的アプローチ-
    福田亜紀、加藤 公、河野卓也、蒲生晴明、松田和道、内田淳正
    整形外科 57巻3号345-348 2006
  13. スポーツによる疲労、疼痛の血液学的解析3
    福田亜紀、加藤 公、藤澤幸三
    スポーツ医科学研究MIE 13巻5-7 2006
  14. 傍脊柱筋内膿瘍から脳炎に至った1例
    森下浩一郎、笠井裕一、近藤哲士、川喜田英司、内田淳正
    東海脊椎外科 20巻118-120 2006
  15. 人工膝関節全置換術後の深部静脈血栓症発生に対する駆血帯の影響
    福田亜紀、長谷川正裕、加藤 公、施 徳全、湏藤啓広、内田淳正
    整形外科 57巻6号650-653 2006
  16. 脊髄硬膜外に発生した悪性リンパ腫の4例 片側進入による片側椎弓切除の有用性について
    川喜田英司、笠井裕一、近藤哲士、新谷 健、内田淳正
    東海脊椎外科 20巻153-155 2006
2007年 ------------------------------------- 2005年

〒514-8507
三重県津市江戸橋2丁目174
TEL: 059(232)1111 内線 6447
FAX: 059-231-5211

三重大学 三重大学大学院 医学系研究科