医療関係者の皆様へ

ホーム > 医療関係者の皆様へ > 研究と業績 - 2007年

研究と業績 - 2007年

著書

新整形外科学大系:第21巻「骨系統疾患・代謝性骨疾患」

  • 毛髪・鼻・指節症候群
    二井英二
    pp203-206, 2007

骨系統疾患マニュアル(改訂第2版)

  • 窒息性胸郭異形成症
    二井英二
    pp48-49, 2007
  • 多発性骨癒合症候群
    二井英二
    pp168-169, 2007

ナショナルチームドクター・トレーナーが書いた種目別スポーツ障害の診療(共著)

  • ハンドボール
    加藤 公
    南江堂 2007年1月30日発行

最新整形外科学大系

  • 脱分化型軟骨肉腫
    楠崎克之
    pp299-300, 2007 中山書店、東京
  • 淡明細胞型軟骨肉腫
    楠崎克之
    pp301-302, 2007 中山書店、東京
  • 二次性軟骨肉腫
    楠崎克之
    pp303-304, 2007 中山書店、東京

セカンドオピニオン実践ガイド

  • 骨粗鬆症
    湏藤啓広
    pp433-437, 2007 文光堂、東京

Spinal reconstruction; clinical examples of applied basic science, biomechanics and engineering

  • Influence of injury or fusion of a single motion segment on other motion segments in the spine
    Kasai Y, Uchida A, Kato T, Inaba T, Tokuda M
    pp109-117 Informa, New York, 2007

運動器の痛み診療ハンドブック

  • 疼痛症例に対するアプローチと評価方法;問診の方法
    笠井裕一
    pp42-49, 2007 南江堂、東京
  • 疼痛症例に対するアプローチと評価方法;診療の方法
    笠井裕一
    pp50-55, 2007 南江堂、東京 

最新整形外科学大系

  • 軟部腫瘍の診断-画像診断-
    松峯昭彦、内田淳正
    20:52-56, 2007 中山書店 東京
  • 骨・軟部腫瘍の治療-良性骨腫瘍の治療-
    松峯昭彦、内田淳正
    20:75-80,2007 中山書店 東京

骨系統疾患マニュアル(改訂第2版)

  • Schwartz-Jampel 症候群「筋ミオトニー軟骨異栄養症」
    西山正紀
    pp38-39, 2007 南江堂、東京
  • 片肢性骨端異形成症(Trevor)
    西山正紀
    pp136-137, 2007 南江堂、東京

外国語論文

  1. A functional polymorphism in the 5’ UTR of GDF5 is associated with susceptibility to osteoarthritis
    Miyamoto Y, Mabuchi A, Shi D, Kubo T, Takatori Y, Saito S, Fujioka M, Sudo A, Uchida A, Yamamoto S, Ozaki K, Takigawa M, Tanaka T, Nakamura Y, Jiang Q, Ikegawa S
    Nature Genetics 39(4):529-533, 2007
  2. Clear cell sarcoma of tendons and aponeuroses: a study of 75 patients
    Kawai A, Hosono A, Nakayama R, Matsumine A, Matsumoto S, Ueda T. Tsuchiya H, Beppu Y, Morioka H, Yabe H
    Cancer 109(1):109-116, 2007
  3. Clinical outcome of patients with Ewing sarcoma family of tumors of bone in Japan: the Japanese Musculoskeletal Oncology Group cooperative study
    Obata H, Ueda T, Kawai A, Ishii T, Ozaki T, Abe S, Tanaka K, Tsuchiya H, Matsumine A, Yabe H
    Cancer 109(4):767-775, 2007
  4. Protein C inhibitor inhibits breast cancer cell growth, metastasis and angiogenesis independently of its protease inhibitory activity
    Asanuma K, Yoshikawa T, Hayashi T, Akita N, Nakagawa N, Hamada Y, Nishioka J, Komada H, Esteban C Gabazza, Ido M, Uchida A, Suzuki K
    International Journal of Cancer 121:955-965, 2007
  5. Acrodysostosis With Unusual Iridal Color Changing With Age
    Nii E, Urawa M, Nishimura T, Kitou H, Ikegawa S Shimizu S Taneda H Uchida A Niikawa N
    American Journal of Medical Genetics Part B (Neuropsychiatric Genetics) 144B:824-825, 2007
  6. iNOS-dependent DNA damage in patients with malignant fibrous histiocytoma in relation to prognosis
    Hoki Y, Hiraku Y, Ma N, Murata M, Matsumine A, Nagahama M, Shintani K, Uchida A, Kawanishi S
    Cancer Science 98:163-168, 2007
  7. Characterization of two types of osteoclasts from human peripheral blood moncytes
    Yuasa K, Mori K, Ishikawa H, Sudo A, Uchida A, Ito Y
    Biochemical and Biophysical Research Communications 356:354-360, 2007
  8. Novel hyperthermia for metastatic bone tumors with magnetic materials by generating an alternating electromagnetic field
    Matsumine A, Kusuzaki K, Matsubara T, Shintani K, Satonaka H, Wakabayashi T, Miyazaki S, Morita K, Takegami K, Uchida A
    Clinical & Experimental Matastasis 24:191-200, 2007
  9. The expression of NG2 proteoglycan in the human intervertebral disc
    Akeda K, An H, Pichika R, Patel K, Muehleman C, Nakagawa K, Uchida A, Masuda K
    Spine 32:306-314, 2007
  10. Expression of Large Tenascin-C Splice Variants in Synovial Fluid of Patients with Rheumatoid Arthritis
    Hasegawa M, Nakoshi Y, Muraki M, Sudo A, Kinoshita N, Yoshida T, Uchida A
    Journal of Orthopaedic Research 25:563-568, 2007
  11. Methylthioadenosine phosphorylase deficiency in Japanesenosteosarcoma patients
    Miyazaki S, Nishioka J, Shiraishi T, Matsumine A, Uchida A, Nobori T
    International Journal of Oncology 31:1069-1076,2007
  12. Soft-Tissue Tumors Evaluated by Line-Scan Diffusion-Weighted Imaging: Influence of Myxoid Matrix on the Apparent Diffusion Coefficient
    Maeda M, Matsumine A, Kato H, Kusuzaki K, Stephan E. Maier, Uchida A, Takeda K
    Journal of Magnetic Resonance Imaging 25:1199-1204, 2007
  13. Apparent diffusion coefficient of subcutaneous epidermal cysts in the head and neck comparison with intracranial epidermoid cysts
    Suzuki C, Maeda M, Matsumine A, Matsubara T, Taki W, Maier SE, Takeda K
    Academic Radiology 14(9):1020-1028, 2007
  14. Physical characteristics of patients with developmental cervical spinal canal stenosis
    Kasai Y, Akeda K, Uchida A
    European Spine Journal 16:901-903, 2007
  15. Large-scale gene expression profiles, differentially represented in osteoarthritic synovium of the knee joint using cDNA microarray technology
    Kato H, Matsumine A, Wakabayashi T, Hasegawa M, Sudo A,Shintani K, Fukuda A, Kako K, Ide N, Orita S, Hasegawa T, Matsumura C, Furukawa M, Tasaki T, Sonoda H, Uchida A
    Biomarkers. 12(4):384-402, 2007
  16. Acetabular reconstruction using a cementless cup and hydroxyapatite granules: 3- to 8-year clinical results
    Sudo A, Hasegawa M, Fukuda A, Kawamura G, Muraki M, Uchida A
    Journal of Arthroplasty. 22(6):828-32, 2007
  17. 8-Nitroguanine as a potential biomarker for progression of malignant fibrous histiocytoma, a model of inflammation-related cancer
    Hoki Y, Murata M, Hiraku Y, Ning Ma, Matsumine A, Uchida A, Kawanishi S
    Oncology Reports 18:1165-1169,2007
  18. Flash Wave Light Strongly Enhanced the Cytocidal Effect of Photodynamic Therapy with Acridine Orange on a Mouse Osteosarcoma Cell Line
    Satonaka H, Kusuzaki K, Matsubara T, Shintani K, Wakabayashi T, Nakamura T, Matsumine A, Uchida A
    Anticancer Research 27:3339-3344, 2007
  19. Acridine orange could be an innovative anticancer agent inder photon energy
    Kusuzaki K, Murata H, Matsubara T, Satonaka H, Wakabayashi T, Matsumine A, Uchida A
    In vivo 21:205-214, 2007
  20. Calcium phosphate cement-assisted balloon osteoplasty for a Colles' fracture on arteriovenous fistula forearm of a maintenance hemodialysis patient
    Ishiguro S, Oota Y, Sudo A, Uchida A
    Journal of Hand Surgery [Am]. 32(6):821-826, 2007
  21. A large metallic cyst caused by wear particles after total knee arthroplasty
    Niimi R, Hasegawa M, Sudo A, Uchida A
    Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery 127:51-54, 2007
  22. Effect of tourniquet application on deep vein thrombosis after total knee arthroplasty
    Fukuda A, Hasegawa M, Kato K, Shi D, Sudo A, Uchida A
    Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery 27(8):671-675, 2007
  23. Clinical profile of long-term survivors of breast or thyroid cancer with metastatic spinal tumours
    Kasai Y, Kawakita E, Uchida A
    Intetnational Orthopedics 31:171-178, 2007
  24. Letter to the Editor; On "A new evaluation for lumbar spinal Instability - Passive Lumbar Extension test -",
    Kasai Y, Morishita K, Kawakita E, Kondo T, Uchida A.
    Physical Therapy 87:812-813, 2007
  25. Usefulness of passive lumbar extension test for lumbar spinal instability
    Kasai Y, Kawakita E, Akeda K, Uchida A
    Journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research 17: 943-947, 2007
  26. Intra-osseous ganglion of the proximal humerus: a case report
    Nishimura T, Tsujii M, Kusuzaki K, Hoki Y, Uchida A, Hirata H
    The Journal of Orthpaedic Surgery 15(1):102-105, 2007

日本語論文

  1. 新臨床研修制度・救急医療からみた医師偏在とその対応
    内田淳正
    新医療 34(1):84-85, 2007
  2. 2006年版骨系統疾患国際分類の和訳
    芳賀信彦、廣島和夫、津村 弘、高村和幸、下村哲史、中島康晴、君塚 葵、西村 玄、内田淳正
    日本小児科学会雑誌 111(11):1473-1486, 2007
  3. 骨系統疾患の国際分類(2006)の和訳
    芳賀信彦、廣島和夫、津村 弘、高村和幸、下村哲史、中島康晴、君塚 葵、西村 玄、内田淳正
    日本整形外科学会骨系統疾患委員会 日本整形外科学会雑誌81(2):260-271, 2007
  4. 身体障害児の現状と治療
    二井英二
    理療 37(2):76-76, 2007
  5. 小児骨形成不全症にみられた肘頭骨折
    二井英二、浦和真佐夫、西村淑子、西山正紀、多喜祥子、山田総平、長倉 剛、内田淳正、山崎征治
    臨床整形外科 42(5):477-481, 2007
  6. PerFix HAステムにおけるHAコーティング範囲の違いによる中期臨床成績
    湏藤啓広、長谷川正裕、内田淳正
    Orthopaedic Ceramic Implants 26:57-60, 2007
  7. 後期高齢者に対するセメントレス人工股関節置換術の成績
    湏藤啓広、長谷川正裕、名越 豊、濱口貴彦、内田淳正
    日本人工関節学会誌 37:42-43, 2007
  8. 抗菌薬充填ハイドロキシアパタイトの有用性 感染性人工股関節に用いて
    湏藤啓広、長谷川正裕、内田淳正
    日本骨・関節感染症学会雑誌 21:48-51, 2007
  9. 斜角筋間ブロックの工夫-肩外転肢位で直接神経叢を蝕知する方法-
    浦和真佐夫、二井英二、西村淑子
    別冊整形外科 51:202-205, 2007
  10. 脊椎の各安定要素の損傷が機能的脊椎単位に及ぼす影響
    茂木万梨子、稲葉忠司、笠井裕一、内田淳正、正岡卓也、加藤貴也、徳田正孝
    日本臨床バイオメカニクス学会誌 28:139-144, 2007
  11. 整形外科疾患における痛みの研究 整形外科疾患の患者における慢性疼痛
    笠井裕一、松村好博、明田浩司、施 徳全、若林弘樹、内田淳正
    臨床整形外科 42(6):519-522, 2007
  12. 慢性腰痛に対する薬物治療
    笠井裕一、内田淳正
    Orthopaedics 20(2):39-44, 2007
  13. 整形外科疾患の患者における慢性疼痛
    笠井裕一、松村好博、明田浩司、施 徳全、若林弘樹、内田淳正
    臨床整形外科 42:519-522, 2007
  14. セイコさんのドキドキ病棟日記 『たいへん』
    笠井裕一
    整形外科看護 12 (5):486,2007
  15. セイコさんのドキドキ病棟日記 『関節ねずみ』
    笠井裕一
    整形外科看護 12 (5):486,2007
  16. セイコさんのドキドキ病棟日記 『M』
    笠井裕一
    整形外科看護 12 (6):590,2007
  17. セイコさんのドキドキ病棟日記 『手の指』
    笠井裕一
    整形外科看護 12 (7):690,2007
  18. セイコさんのドキドキ病棟日記 『腰部脊柱管狭窄症』
    笠井裕一
    整形外科看護 12 (8):790,2007
  19. セイコさんのドキドキ病棟日記 『頚部骨折』
    笠井裕一
    整形外科看護 12 (9):894,2007
  20. セイコさんのドキドキ病棟日記 『転倒』
    笠井裕一
    整形外科看護 12 (10):1002,2007
  21. セイコさんのドキドキ病棟日記 『深部静脈血栓症(DVT)』
    笠井裕一
    整形外科看護 12 (11):1102,2007
  22. セイコさんのドキドキ病棟日記 『天候と関節痛』
    笠井裕一
    整形外科看護 12 (12):1202,2007
  23. 分子レベルからみた整形外科疾患 新規嫌気的解糖系酵素 Citrate Lyase beta-like(CLYBL)と骨軟部悪性腫瘍の肺転移
    松峯昭彦、 岡村 篤、森川丞二、松原孝夫、楠崎克之、内田淳正
    整形・災害外科 50(2):98-99, 2007
  24. セラミック対セラミック人工股関節置換術後のセラミックライナー破損・脱転に対する再置換
    長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    Orthopaedic Ceramic Implants 26:51-55, 2007
  25. ロングネックを有するセメントレスフルポーラスステム(TLステム)を用いた人工股関節再置換術
    長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    日本人工関節学会誌 37:366-367, 2007
  26. 高度ポリエチレン摩耗によりメタルバックカップが破損してメタローシスを生じたセメントレス人工股関節置換術の検討
    長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    日本人工関節学会誌 37:20-21, 2007
  27. Mini-midvastusアプローチによるMIS TKAとmidvastusアプローチによるstandard TKAの比較
    長谷川正裕、福田亜紀、湏藤啓広、 内田淳正
    日本人工関節学会誌 37:290-291, 2007
  28. 特発性大腿骨頭壊死症に対するhemi-resurfacing
    長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    Hip Joint 33:27-30, 2007
  29. 股関節疾患における関節液中のテネイシンC
    長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    Hip Joint 33:408-410, 2007
  30. 小切開、mini-midvastusアプローチによるTKA
    長谷川正裕、内田淳正
    関節外科 26(1):86-92, 2007
  31. 関節リウマチ患者におけるテネイシンC
    長谷川正裕、名越 豊、若林弘樹、湏藤啓広、内田淳正
    中部リウマチ 38(1):8-9, 2007
  32. テネイシンC
    長谷川正裕、内田淳正
    整形外科 58:1498, 2007
  33. 新鮮脊椎圧迫骨折に大田棒で経皮的経椎弓根的整復後リン酸カルシウム骨ペーストを充填した椎体形成術 小児用膀胱バルーン使用の有無による比較
    石黒茂夫、飯田浩次、大田斌人、笠井裕一、湏藤啓広、内田淳正
    別冊整形外科 52:97-102, 2007
  34. RA膝に対する人工関節置換術 RA膝に対する人工関節置換術におけるメトトレキサートの有用性
    若林弘樹、湏藤啓広、長谷川正裕、西岡久寿樹、内田淳正
    日本人工関節学会誌 37:54-55, 2007
  35. 国際A級モーターサイクルレーサーの外傷
    福田亜紀、加藤 公、川村豪伸、冨田良弘、藤澤幸三、内田淳正
    日本整形外科スポーツ医学会雑誌 26(4):9-12, 2007
  36. 整形外科における筋肉学の夜明け ハイブリッド型人工筋肉の作成および神経筋接合部再生の試み
    福田亜紀、平田 仁、宮本啓一、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 50(1):7-8, 2007
  37. 骨・軟部腫瘍切除後の骨・軟部組織欠損に対する再建術
    福田亜紀、平田 仁、楠崎克之、松峯昭彦、内田淳正
    整形外科 58(3):269-272, 2007
  38. スポーツ医学 ハンドボール全日本男子選手における外傷・障害の危険因子
    福田亜紀、加藤 公、河野卓也、蒲生晴明、藤澤幸三、内田淳正
    整形外科 58(2):229-231, 2007
  39. 聴取すべき所見、理学検査の実際
    辻井雅也、平田 仁、内田淳正
    Orthopaedics 20(8):9-16, 2007
  40. 関節軟骨におけるテネイシン-Cの発現と炎症性サイトカイン(TNF-α,IL-6)の影響
    名越 豊、長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    中部リウマチ 38(1):6-7, 2007
  41. セメントレスHGP IIカップ/Anatomicステムを使用した人工股関節全置換術の長期成績
    名越 豊、長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 50(4):681-682, 2007
  42. 活性型ビタミンD3製剤で治療効果が認められなかった原発性骨粗鬆症に対するビスホスホネート製剤・活性型ビタミンD3製剤併用療法による治療
    名越 豊、湏藤啓広、里中東彦、吉川智朗、内田淳正
    整形外科 58(11):1429-1432, 2007
  43. 変形性関節症の関節軟骨におけるテネイシン-Cの発現と作用
    名越 豊、長谷川正裕、湏藤啓広、吉田利通、内田淳正
    関節外科 26(7):755-759, 2007
  44. 軽微な外傷で生じた踵骨骨棘の裂離骨折を合併したアキレス腱断裂の1例
    名越 豊、 青木 裕一
    臨床整形外科 42(12):1251-1253, 2007
  45. 鑑別診断に難渋した第2腰椎ユーイング肉腫の1例
    川喜田英司、 笠井裕一、内田淳正
    東海脊椎外科 21:108-110, 2007
  46. 強力ストロボ光によるアクリジンオレンジ光線力学的療法の殺腫瘍細胞効果の増強
    里中東彦、楠崎克之、松原孝夫、松峯昭彦、内田淳正
    整形外科 58(6):664, 2007
  47. 最近7年間における化膿性脊椎炎の診断および保存的加療
    若林 徹、小保方浩一、田島正稔、竹原愼介、浅野直樹、里中東彦
    整形外科 58:257-259, 2007
  48. 骨形成不全症に合併した変形性膝関節症に対し人工膝関節置換術を施行した1例
    西村明展、加藤 公、福田亜紀、内田淳正
    膝 31(2):298-300, 2007
  49. 距骨壊死をきたした進行性全身性硬化症の1例
    西村明展、福田亜紀、加藤 公、平田 仁、内田淳正
    整形外科 58(11):1485-1488, 2007
  50. 中足部開放脱臼骨折の初期整復不良例に対するイリザロフ創外固定の有用性
    河野義彦、 西村明展、 森本亮、 河野稔彦
    リウマチ科 37(6):599-604, 2007
  51. Malignant peripheral nerve sheath tumor(MPNST)の治療経験
    倉田竜也、楠崎克之、松峯昭彦、松原孝夫、吉川智朗、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 50(3):523-524, 2007
  52. 両側TKA後に両側大腿骨骨幹部ストレス骨折を生じた1例
    新美 塁、長谷川正裕、湏藤啓広、植村和司、内田淳正
    日本人工関節学会誌 37:214-215, 2007
  53. 人工関節全置換術後に発生する静脈血栓塞栓症の診断に対する血中マーカーの有用性
    新美 塁、長谷川正裕、施 徳全、湏藤啓広、内田淳正
    日本人工関節学会誌 37:344-345, 2007
  54. 大腿骨頭壊死症の10年以上の自然経過についての検討
    新美 塁、長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    Hip Joint 33:429-432, 2007
  55. 両側人工膝関節全置換術後に発生した両側大腿骨骨幹部疲労骨折の1例
    新美 塁、長谷川正裕、湏藤啓広、植村和司、内田淳正
    整形外科 58(10):1349-1352, 2007
  56. 骨肉腫症例における包括医療導入による診療報酬に対する影響についての検討
    新美 塁、松峯昭彦、楠崎克之、松原孝夫、倉田知江子、内田淳正
    整形・災害外科 50(1): 67-73, 2007
  57. 骨斑紋症の兄弟例
    多喜祥子、山崎征治、今村進吾、二井英二、内田淳正
    臨床整形外科 42(10): 1051-1054, 2007
  58. 抗てんかん薬を内服していた男児に多発した骨粗鬆症性骨折
    吉田格之進、湏藤啓広、内田淳正、二井英二
    Osteoporosis Japan 15(3): 543-545, 2007
  59. Duraloc cupを用いた臼蓋側再置換術 3年以上経過例における術後成績
    濱口貴彦、湏藤啓広、長谷川正裕、福田亜紀、内田淳正
    日本人工関節学会誌 37:350-351, 2007
  60. 当科における最近10年間の骨肉腫の生命予後
    濱口貴彦、楠崎克之、松原孝夫、松峯昭彦、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 50(4): 699-700, 2007
  61. 肩関節滑膜に発生した軟骨形成を伴う脂肪腫の1例
    植村 剛、楠崎克之、松原孝夫、濱口貴彦、松峯昭彦、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 50(6): 1127-1128, 2007
  62. 骨盤に異常な骨硬化病変を伴った肩甲骨Ewing肉腫の1例
    渥美 覚、楠崎克之、濱口貴彦、松原孝夫、松峯昭彦、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 50(6):1113-1114, 2007
  63. 腸恥滑液包内に破砕骨片を含んだリウマチ性股関節炎の1例
    渥美 覚、長谷川正裕、岡村直樹、湏藤啓広、内田淳正
    整形外科 58(11):1496-1497, 2007

遺漏分

  • ズバリとわかる運動器疾患の病態生理 肩関節脱臼
    植村和司
    整形外科看護 11(12):1232-1236, 2006
2008年 ------------------------------------- 2006年

〒514-8507
三重県津市江戸橋2丁目174
TEL: 059(232)1111 内線 6447
FAX: 059-231-5211

三重大学 三重大学大学院 医学系研究科