医療関係者の皆様へ

ホーム > 医療関係者の皆様へ > 研究と業績 - 2009年

研究と業績 - 2009年

著書

● 今日の治療指針、変形性股関節症

  • 分担執筆
    湏藤啓広
    医学書院:788-788,2009

● 骨・関節術後感染対策ハンドブック、腫瘍手術後の感染症に対する治療

  • 松峯昭彦、内田淳正
    南江堂:134-142,2010

● 入門腫瘍内科学、骨軟部腫瘍

  • 松峯昭彦、内田淳正
    篠原出版新社:214-217,2009

外国語論文

  1. Lung radiofrequency ablation in patientswith pulmonary metastases from musculoskeletal sarcomas [corrected].
    Nakamura T, Matsumine A, Yamakado K, Matsubara T, Takaki H, Nakatsuka A,Takeda K, Abo D, Shimizu T, Uchida A.
    Cancer. 115(16):3774-81,2009
  2. Effect of small interference RNA (siRNA) for ADAMTS5 on intervertebral disc degeneration in the rabbit anular needle puncture model.
    Seki S. Asanuma-Abe Y, Masuda K, Kawaguchi Y, Asanuma K, Muehleman C, Iwai A, Kimura T.
    Arthritis Res Ther. 11(6):R166,2009
  3. Thrombin-cleaved osteopontin in synovial fluid of subjects with rheumatoidarthritis.
    Hasegawa M, Nakoshi Y, Iino T, Sudo A, Segawa T, Maeda M, Yoshida T, UchidaA.
    J Rheumatol. 36(2):240-5,2009
  4. Management of small pulmonary nodules in patients with sarcoma.
    Nakamura T, Matsumine A, Niimi R, Matsubara T, Kusuzaki K, Maeda M, Tagami T,Uchida A.
    ClinExp Metastasis. 26(7):713-8,2009
  5. Lumbarmetastasis of choriocarcinoma.
    Naito Y, Akeda K, Kasai Y, Matsumine A, Tabata T, Nagao K, Uchida A.
    Spine (Phila Pa 1976). 34(15):E538-43,2009
  6. Primary Ewing sarcoma of the spine mimicking a psoas abscess secondary to spinal infection.
    Akeda K, Kasai Y, Kawakita E, Seto M, Kono T, Uchida A.
    Spine(Phila Pa 1976). 34(9):E337-41,2009
  7. Expression of proteinase-activated receptor-2 in the intervertebral disc.
    Iida R, Akeda K, Kasai Y, Masuda K, Morimoto R, Sakakibara T, Sato M, Uchida A.
    Spine (Phila Pa 1976). 34(5):470-8,2009
  8. Palmar bowing of the flexorretinaculum on wrist MRI correlates with subjective reports of pain in carpaltunnel syndrome.
    Tsujii M, Hirata H, Morita A, Uchida A.
    J MagnReson Imaging. 29(5):1102-5,2009
  9. Differentiation between neurofibromas and malignant peripheral nerve sheathtumors in neurofibromatosis 1 evaluated by MRI.
    Matsumine A, Kusuzaki K, Nakamura T, Nakazora S, Niimi R, Matsubara T, UchidaK, Murata T, Kudawara I, Ueda T, Naka N, Araki N, Maeda M, Uchida A.
    J Cancer Res ClinOncol. 135(7):891-900,2009
  10. Patellar tendonreflex as a predictor of improving motor paralysis in complete paralysis due tocervical cord injury.
    Morishita K, Kasai Y, Ueta T, Shiba K, Akeda K, Uchida A.
    Spinal Cord. 47(8):640-2,2009
  11. Direction of theformation of anterior lumbar vertebral osteophytes.
    Kasai Y, Kawakita E, Sakakibara T, Akeda K, Uchida A.
    BMC MusculoskeletDisord. 10:4,2009 
  12. Staged bilateral mobile-bearing andfixed-bearing total knee arthroplasty in the same patients: a prospectivecomparison of a posterior-stabilized prosthesis.
    Hasegawa M, Sudo A, Uchida A.
    Knee Surg Sports TraumatolArthrosc. 17(3):237-43,2009
  13. Are BMPs involved in normal nerve andfollowing transection?: a pilot study.
    Tsujii M, Akeda K, Iino T, Uchida A.
    ClinOrthopRelat Res. 467(12):3183-9,2009
  14. Changes to patellarblood flow after minimally invasive total knee arthroplasty.
    Hasegawa M, Kawamura G, Wakabayashi H, Sudo A, Uchida A.
    Knee Surg SportsTraumatolArthrosc. 17(10):1195-8,2009
  15. Three-dimensional alginate spheroid culture system ofmurine osteosarcoma.
    Akeda K, Nishimura A, Satonaka H, Shintani K, Kusuzaki K, Matsumine A, Kasai Y, Masuda K, Uchida A.
    Oncol Rep. 22(5):997-1003,2009
  16. Malignant melanoma with a rhabdoid phenotypeexhibiting numerous solid tumor masses: a case report.
    Nakamura T, Matsumine A, Kato H, Kusuzaki K, Nishimura K, Murata T, Shiraishi T, Oda Y, Tsuneyoshi M,
    Uchida A.
    Oncol Rep. 21(4):887-91,2009
  17. A new therapeutic modalityinvolving acridine orange excitation by photon energy used during reductionsurgery for rhabdomyosarcomas.
    Matsubara T, Kusuzaki K, Matsumine A, Murata H, Satonaka H, Shintani K,Nakamura T, Hosoi H, Iehara T, Sugimoto T, Uchida A.
    Oncol Rep. 21(1):89-94,2009
  18. Expression of hDlg as a biomarker of outcome in malignant fibrous histiocytomas.
    Niimi R, Matsumine A, Iino T, Murata T, Shintani K, Nakazora S, Nakamura T, Uehara Y, Kusuzaki K, Akiyama T, Uchida A
    Oncol Rep.23:631-8,2009
  19. Decorin suppresses bone metastasis in a breast cancer cell line.
    Araki K, Wakabayashi H, Shintani K, Morikawa J, Matsumine A, Kusuzaki K, Sudo A, Uchida A.
    Oncology. 77(2):92-9,2009
  20. Cut-off values of D-dimer and soluble fibrin for prediction of deepvein thrombosis after orthopaedic surgery.
    Sudo A, Wada H, Nobori T, Yamada N, Ito M, Niimi R, Hasegawa M, Suzuki K,Uchida A.
    Int J Hematol. 89(5):572-6,2009
  21. Late small intestine perforation after cementless total hip arthroplasty.
    Naito Y, Hasegawa M, Sudo A, Uchida A.
    Hip Int. 19(4):399-41,2009
  22. Changes inwater content of intervertebral discs and paravertebral muscles before and after bed rest.
    Matsumura Y, Kasai Y, Obata H, Matsushima S, Inaba T, Uchida A.
    J Orthop Sci. 14(1):45-50,2009
  23. Intradural squamous cell carcinoma in the sacrum.
    Fukushima T, Kasai Y, Kato K, Fujisawa K, Uchida A.
    World J SurgOncol. 7:16,2009
  24. Low back pain and cervical spondyloticmyelopathy.
    Kawakita E, Kasai Y, Uchida A.
    J OrthopSurg (Hong Kong). 17(2):187-9,2009
  25. Devastating ochronoticarthropathywith successful bilateral hip and knee arthroplasties.
    Araki K, Sudo A, Hasegawa M, Uchida A.
    J ClinRheumatol. 15(3):138-40,2009

日本語論文

  1. 臀筋内脱臼性股関節症に対して大腿骨近位部短縮骨切り術を併用したセメントレス人工股関節置換術
    湏藤啓広、長谷川正裕、若林弘樹、新美塁、内田淳正
    日本人工関節学会誌 39:416-417,2009
  2. 人工股関節再置換術におけるカップの高位設置が患者のQOLに与える影響
    湏藤啓広、長谷川正裕、新美塁、山口敏郎、内田淳正
    Hip Joint 35:131-133,2009
  3. 人工股関節置換術後DVTに対するフォンダパリヌクスの効果と安全性
    湏藤啓広、長谷川正裕、新美塁、山口敏郎、内田淳正
    Hip Joint 35:527-530,2009
  4. 抗菌薬充填ハイドロキシアパタイトを用いた感染性人工股関節の治療成績
    湏藤啓広、長谷川正裕
    東海関節1:59-62,2009
  5. 経椎間孔進入椎体間固定術(TLIF)に片側pedicle screw systemを併用した際の固定性に関する生体力学的研究
    打田圭佑、稲葉忠司、笠井裕一、内田淳正、大井賢、渡邉隆司、加藤貴也
    臨床バイオメカニクス 30:147-153,2009
  6. 脊椎の各安定要素の損傷が回旋運動において機能的脊椎単位に及ぼす影響
    大井賢、稲葉忠司、笠井裕一、内田淳正、打田圭佑、渡邉隆司、加藤貴也
    臨床バイオメカニクス 30:167-172,2009
  7. 痛みの種類とその表現
    笠井裕一
    整形・災害外科 52:479-482,2009
  8. Spinal instrumentationにおけるペディクル・スクリューとロッドとの連結部の固定強度
    渡邉隆司、稲葉忠司、笠井裕一、内田淳正、加藤貴也、中俣孝昭
    整形・災害外科 52(13):1667-1671,2009
  9. 東海の由来
    笠井裕一
    東海脊椎外科 23:134-135,2009
  10. 著名な下肢変形を伴う片肢性骨端異形成症の長期治療経過例
    西山正紀、中野祥子、山田総平、西村淑子、浦和真佐夫、二井英二
    臨床整形外科 44(11):1155-1159,2009
  11. Vancouver分類type Bの大腿骨ステム周辺骨折に対する手術療法についての検討
    森本政司、今原敏博、竹上謙次、高北久嗣
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(1):23-24,2009
  12. 【骨・軟部腫瘍診断のピットフォール 誤診とその要因】骨・軟部腫瘍の生検診断のピットフォール
    松峯昭彦、中村知樹、内田淳正
    関節外科 28(2):207-215,2009
  13. Phosphaturicmesenchymal tumor(mixed connective tissue variant)による腫瘍性骨軟化症の1例
    落合悟、前田正幸、松島信佳、松峯昭彦、今西隆夫、内田克典、竹田寛
    臨床放射線 54: 907-910,2009
  14. Mini-midvastus IncisionによるMIS TKA ー皮切長10cm以上と10cm未満の比較ー
    長谷川正裕、若林弘樹、湏藤啓広、内田淳正
    日本関節病学会誌 28(1):87-91,2009 
  15. 大腿骨頭表面置換術後の再置換例
    長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(1):25-26,2009
  16. イメージフリーナビゲーションを用いたMIS TKAの臨床評価
    長谷川正裕、若林弘樹、湏藤啓広、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(1):83-84,2009
  17. 関節リウマチにおけるエタネルセプトの有効性 インフリキシマブからの切り替え症例との比較
    若林弘樹、湏藤啓広、長谷川正裕、西岡久寿樹、内田淳正
    日本関節病学会誌 28(1):15-20,2009
  18. 分子レベルからみた整形外科疾患 変形性関節症・関節リウマチの関節マーカーとしてのマトリセルラープロテイン
    長谷川正裕、内田淳正
    整形・災害外科 52(4):334-335,2009
  19. 人工膝関節置換術後DVTに対するフォンダパリヌクスの予防および治療効果
    長谷川正裕、施徳全、新美塁、湏藤啓広、内田淳正
    膝 33(1):59-63,2009
  20. ナビゲーションを用いた最小侵襲人工膝関節置換術
    長谷川正裕、若林弘樹、西村明展、湏藤啓広、内田淳正
    日本人工関節学会誌 39:36-37,2009
  21. 32mm径骨頭を用いた人工股関節のクロスリンクポリエチレン摩耗
    長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    日本人工関節学会誌 39:348-349,2009
  22. セラミック破損に対する人工股関節再置換術の術式と成績
    長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    Hip Joint 35:137-140,2009
  23. ジルコニア骨頭を用いたTHAのポリエチレン摩耗
    長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(5):1201-1202,2009
  24. 人工股関節再置換術時の術中大腿骨骨折
    長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    東海関節 1:23-26,2009
  25. 関節リウマチ高齢患者におけるタクロリムスの効果
    若林弘樹、湏藤啓広、長谷川正裕、内田淳正
    整形外科 60(12):1249-1252,2009
  26. 大腿骨近位部骨折患者の受傷前における骨粗鬆症治療薬の処方に関する実態調査について
    三枝ふみの、池田雄三、湏藤啓広、内田淳正
    Osteoporosis Japan 17(3):508-510,2009
  27. 新規人工核酸テクノロジーを用いた高悪性度肉腫に対する革新的治療戦略の開発
    明田浩司
    上原記念生命科学財団研究報告集 23:1-4,2009
  28. 女子なぎなた選手における運動前後の血液生化学的指標の変化
    福田亜紀、加藤公、藤澤幸三
    臨床スポーツ医学 26(9):1195-1198,2009
  29. 三重県紀南地域における高齢者大腿骨近位部骨折の検討
    里中東彦、植村和司、倉田竜也、武田裕子、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(4):935-936,2009
  30. アクリジンオレンジを用いた光線力学的療法の腫瘍外科手術への応用
    松原孝夫、楠崎克之
    整形外科 60(12):1270,2009
  31. 変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術後に骨盤部脆弱性骨折を起こした1例
    西村明展、加藤公、長谷川正裕、福田亜紀、藤澤幸三、内田淳正
    膝 33(2):376-378,2009
  32. 腓骨筋腱脱臼に対するDu Vries法の治療経験
    西村明展、加藤公、福田亜紀、川村豪伸、渥美覚、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(4):1011-1012,2009
  33. ペルテス病の保存療法とリハビリテーション
    西村淑子、二井英二、浦和真佐夫、野呂和彦、西山正紀、西村明展、湯浅公貴、辻井雅也、長谷川正裕
    Juornal of Clinical Rehabilitation 18(8):755-759,2009
  34. 当院における「いざり児」の運動発達調査
    西村淑子、二井英二、浦和真佐夫、西山正紀、西村明展、村島隆文、辻井雅也、長谷川正裕
    総合リハビリテーション 37(12):1163-1166,2009
  35. 全大腿骨置換を行った悪性骨軟部腫瘍症例の術後治療成績
    中空繁登、松峯昭彦、中村知樹、新美塁、楠崎克之、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(2):313-314,2009
  36. 原発性軟部肉腫に対するアクリジンオレンジ治療法の治療成績
    中村知樹、楠崎克之、里中東彦、松原孝夫、松峯昭彦、内田淳正
    臨床整形外科 44(9):903-909,2009
  37. 化学療法とラジオ波焼灼術でEwing肉腫肺転移巣に治療を行った1例
    中村知樹、松峯昭彦、横山弘和、新美塁、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(6):1399-1400,2009
  38. 良性骨軟部腫瘍に対してリン酸カルシウム骨ペーストを用いた治療成績
    中村知樹、松峯昭彦、中空繁登、新美塁、松原孝夫、楠崎克之、内田淳正
    Orthopaedic Ceramic Implants 28:37-41,2009
  39. 内転筋群発生の軟部肉腫における治療成績
    中村知樹、松峯昭彦、松原孝夫、楠崎克之、内田淳正
    整形外科 60(9):951-955,2009
  40. 急速な臨床経過を呈した多発性悪性黒色腫の1例
    中村知樹、松峯昭彦、西村啓介、村田哲也、小田義直、内田淳正
    整形外科 60(12):1277-1280,2009
  41. 大腿軟部肉腫化学療法後に発生した転移性肺腫瘍と鑑別が困難であった肺クリプトコッカス症の1例
    新美塁、松峯昭彦、楠崎克之、中村知樹、中空繁登、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(3):733-734,2009
  42. 下肢人工関節置換術後にフォンダパリヌクスを用いた深部静脈血栓症の発生率と発生時期の検討
    山口敏郎、長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    日本人工関節学会誌 39:458-459,2009
  43. 大腿骨頸部骨折に対する骨接合術後の合併症についての検討
    山口敏郎、長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正、山川徹、細井哲
    Hip Joint 35:454-457,2009
  44. 悪性骨軟部腫瘍に対する治療の工夫当院における小児骨肉腫の治療成績
    濱口貴彦、松峯昭彦、中村知樹、若林弘樹、楠崎克之、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(4):837-838,2009
  45. Candida glabrataによる人工骨頭置換術後感染の1例
    渥美覚、湏藤啓広、加藤公、福田亜紀、藤澤幸三、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(6):1387-1388,2009
  46. Metal on metal人工股関節置換術後1年までの血清中金属イオン濃度
    今西隆夫、長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    日本人工関節学会誌 39:120-121,2009
  47. 左大腿近位に軟部腫瘤を認めた1例
    今西隆夫、松峯昭彦、中村知樹、内田淳正、内田克典、西村啓介、今井裕、白石泰三、前田正幸、石田剛、福本誠二、熊谷有沙、元井亨、村田哲也、多上智康
    東海骨軟部腫瘍 21:15-16,2009
  48. ハイドロキシアパタイトブロック充填により骨髄内投与したミカファンギンの体内動態および臨床効果の評価 症例報告
    村木優一、國分直樹、岩本卓也、川瀬亮介、湏藤啓広、内田淳正、奥田真弘
    TDM研究 26(2):79-83,2009
  49. 四肢末端・手指骨の溶骨性病変で発症した悪性リンパ腫の1例
    三浦良浩、中村知樹、松峯昭彦、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(6):1401-1402,2009
  50. 鏡視下手術が有効であった手根中央関節滑膜インピンジメントの1例
    横山弘和、辻井雅也、西村明展、平田仁、湏藤啓広、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 52(5):1159-1160,2009

遺漏分

  • 骨粗鬆症性脊椎骨折に伴う遅発性麻痺の治療経験
    原隆久、新谷健、里中東彦、池村重人
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 51(4):637-635,2008
2010年 ------------------------------------- 2008年

〒514-8507
三重県津市江戸橋2丁目174
TEL: 059(232)1111 内線 6447
FAX: 059-231-5211

三重大学 三重大学大学院 医学系研究科