医療関係者の皆様へ

ホーム > 医療関係者の皆様へ > 研究と業績 - 2010年

研究と業績 - 2010年

外国語論文

三重大学
  1. New sequence variants in HLA class II/III region associated with susceptibility to knee osteoarthritis identified by genome-wide association study.
    Nakajima M, Takahashi A, Kou I, Rodriguez-Fontenla C, Gomez-Reino JJ, Furuichi T, Dai J, Sudo A, Uchida A, Fukui N, Kubo M, Kamatani N, Tsunoda T, Malizos KN, Tsezou A, Gonzalez A, Nakamura Y, Ikegawa S.
    PLoS One. 5(3):e9723,2010
  2. Elevated fibrin-related markers in patients with malignant diseases suspected of having thrombotic disorders.
    Nomura H, Wada H, Mizuno T, Yamashita Y, Saito K, Kitano S, Katayama N, Yamada N, Sugiyama T, Sudo A, Usui M, Isaji S, Nobori T.
    Clin Appl Thromb Hemost. 16(3):266-72,2010
  3. Influence of obesity on outcome of surgery for lumbar spinal canal stenosis.
    Furukawa A, Kasai Y, Akeda K, Nii E, Uchida A.
    The Open Spine Journal. 2:8-11,2010
  4. Infantile spontaneous spinal epidural hematoma.
    Hosoki K, Kumamoto T, Kasai Y, Sakata K, Ito M, Iwamoto S, Komada Y.
    Pediatr Int. 52(3)507-8,2010
  5. Biomechanical study of the lumbar spine using a unilateral pedicle screw fixation system.
    Kasai Y, Inaba T, Matsumura Y, Akeda K, Uchida A.
    J Clin. Neurosci. 17(3): 364-7,2010
  6. Clinical application of a handy intraoperative measurement device for lumbar segmental instability.
    Kasai Y, Inaba T, Kato T, Akeda K, Uchida A.
    Int Orthop. 34(1): 97-101,2010
  7. Expression of ADAMTS4 in Ewing's sarcoma.
    Minobe K, Ono R, Matsumine A, Shibata-Minoshima F, Izawa K, Oki T, Kitaura J, Iino T, Takita J, Iwamoto S, Hori H, Komada Y, Uchida A, Hayashi Y, Kitamura T, Nosaka T.
    Int J Oncol. 37(3):569-81,2010
  8. Multiple cutaneous squamous cell carcinomas in a patient with interferon gamma receptor 2 (IFN gamma R2) deficiency.
    Toyoda H, Ido M, Nakanishi K, Nakano T, Kamiya H, Matsumine A, Uchida A, Mizutani H, de Beaucoudrey L, Vogt G, Boisson-Dupuis S, Bustamante J, Casanova JL, Komada Y.
    J Med Genet. 47(9):631-4,2010
  9. Significance of LRP and PPAR-gamma Expression in Lipomatous Soft Tissue Tumors.
    Tajima T, Morii T, Kikuchi F, Matsumine A, Murata H, Nobuto H, Mochizuki K.
    Open Orthop J. 4:48-55,2010
  10. Retrospective clinical study of the efficacy of lower-dose methotrexate and infliximab therapy in patients with rheumatoid arthritis.
    Wakabayashi H, Sudo A, Hasegawa M, Oka H, Uchida A, Nishioka K.
    Clin Rheumatol. 29(6):671-5,2010
  11. Fibulin-3 negatively regulates chondrocyte differentiation.
    Wakabayashi T, Matsumine A, Nakazora S, Hasegawa M, Iino T, Ota H, Sonoda H, Sudo A, Uchida A.
    Biochem Biophys Res Commun. 391(1): 1116-1121,2010
  12. Photodynamic therapy with acridine orange in musculoskeletal sarcomas.
    Matsubara T, Kusuzaki K, Matsumine A, Murata H, Marunaka Y, Hosogi S, Uchida A, Sudo A.
    J Bone Joint Surg Br. 92-B:760-762,2010
  13. Clinical outcomes of minimally invasive surgery using acridine orange for musculoskeletal sarcomas around the forearm, compared with conventional limb salvage surgery after wide resection.
    Matsubara T, Kusuzaki K, Matsumine A, Murata H, Nakamura T, Uchida A, Sudo A.
    J Surg Oncol. 102:271-5,2010
  14. In vivo anti-tumor activity of photodynamic therapy with intravenous administration of acridine orange,
    followed by illumination with high-power flash wave light in a mouse osteosarcoma model.
    Satonaka H, Kusuzaki K, Matsubara T, Shintani K, Nakamura T, Matsumine A, Iino T, Uchida A.
    Oncol Lett. 1: 69-72,2010
  15. Diffuse skeletal muscle metastasis from gastric cancer similar to inflammatory disease: a report of two patients.
    Satonaka H, Hamaguchi T, Wakabayashi T, Urawa M, Inada H, Takegami K, Matsumine A, Uchida A.
    Curr Orthop Pract. 21: 310-314,2010
  16. Traumatic anterior dislocation of the hip in adolescents while playing sports: a report of two patients.
    Satonaka H, Hara T, Shintani K, Morimoto T, Nishimoto K, Higuchi H, Urawa M, Sudo A.
    Curr Orthop Pract. 21: 632-634,2010
  17. Distribution and role of tenascin-C in human osteoarthritic cartilage.
    Nakoshi Y, Hasegawa M, Akeda K, Iino T, Sudo A, Yoshida T, Uchida A.
    J Orthop Sci. 15(5):666-73,2010
  18. Hypoxia increases muscle hypertrophy induced by resistance training.
    Nishimura A, Sugita M, Kato K, Fukuda A, Sudo A, Uchida A.
    Int J Sports Physiol Perform. 5(4):497-508,2010
  19. Transfection of NF-κB decoy oligodeoxynucleotide suppresses pulmonary metastasis by murine osteosarcoma.
    Nishimura A, Akeda K, Matsubara T, Kusuzaki K, Matsumine A, Masuda K, Gemba T, Uchida A, Sudo A.
    Cancer Gene Ther. Epub 2010 Dec 24.
  20. Risk factors for the incidence and progression of radiographic osteoarthritis of the knee among Japanese.
    Nishimura A, Hasegawa M, Kato K, Yamada T, Uchida A, Sudo A.
    Int Orthop. Epub 2010 Jun 18.
  21. Mortality after vertebral fractures in Japanese population.
    Ikeda Y, Sudo A, Yamada T, Uchida A.
    J Orthop Surg. 18(2):148-52,2010
  22. Deficiency of tenascin-C delays articular cartilage repair in mice.
    Okamura N, Hasegawa M, Nakoshi Y, Iino T, Sudo A, Imanaka-Yoshida K, Yoshida T, Uchida A.
    Osteoarthritis Cartilage. 18(6):839-48,2010
  23. The cleavage of N-cadherin is essential for chondrocyte differentiation.
    Nakazora S, Matsumine A, Iino T, Hasegawa M, Kinoshita A, Uemura K,Niimi R, Uchida A, Sudo A.
    Biochem Biophys Res Commun. 400(4):493-9,2010
  24. Retrospective analysis of metastatic sarcoma patients.
    Nakamura T, Matsumine A, Matsubara T, Asanuma K, Niimi R, Uchida A, Sudo A.
    Oncol lett in press
  25. Evaluation of soluble fibrin and D-dimer in the diagnosis of postoperative deep vein thrombosis.
    Niimi R, Hasegawa M, Sudo A, Shi D, Yamada T, Uchida A.
    Biomarkers. 15(2):149-57,2010
  26. The expression of hDlg as abiomarker of the outcome in malignant fibrous histiocytomas.
    Niimi R, Matsumine A, Iino T, Murata T, Shintani K, Nakazora S, Nakamura T, Uehara Y, Kusuzaki K, Akiyama T, Uchida A.
    Oncol Rep. 23(3):631-8,2010
  27. Epithelioid hamangioendothelioma after radiotherapy for congenital hemangioma: a case report.
    Niimi R, Matsumine A, Kusuzaki K, Shintani K, Nakamura T, Kotera H, Murata T, Uchida A.
    Med Oncol. 27(1): 130-3,2010
  28. Incidence and time course of asymptomatic deep vein thrombosis with fondaparinux in patients undergoing total joint arthroplasty.
    Yamaguchi T, Hasegawa M, Niimi R, Sudo A.
    Thromb Res. 126(4):e323-6,2010
  29. Serum metal ion levels after second-generation metal-on-metal total hip arthroplasty.
    Imanishi T, Hasegawa M, Sudo A.
    Arch Orthop Trauma Surg. 130:1447-1450,2010
  30. Tophaceous pseudogout in the knee joint mimicking a soft-tissue tumour: a case report.
    Kato H, Nishimoto K, Yoshikawa T, Kusuzaki K, Sudo A.
    J Orthop Surg (Hong Kong). 18(1):118-21,2010
  31. Diffuse gliomas in an adlescent with multiple enchondromatosis (Ollier’s disease).
    Hori K, Matsumine A, Niimi R, Maeda M, Uchida K, Nakamura T, Sudo A.
    Oncol Lett. 1:595-597,2010
桑名市民病院
  1. Hyponatremia associated with paroxetine induced by sodium-restricted diet and hypotonic saline.
    Koide T, Wakabayashi T, Matsuda T, Horiike S, Watanabe K
    Pharmacy world & science 32(1):19-21,2010
小山田記念温泉病院
  1. Percutaneous vertebroplasty for osteoporotic compression fractures using calcium phosphate cement.
    Ishiguro S, Kasai Y, Sudo A, Iida K, Uchida A.
    J Orthop Surg (Hong Kong) 18(3):346-51,2010
  2. Clinical and radiological results of calcium phosphate cement-assisted balloon osteoplasty for Colles' fractures in osteoporotic senile female patients.
    Iida K, Sudo A, Ishiguro S.
    J Orthop Sci. 15(2):204-9,2010
鈴鹿回生病院
  1. Ganglion cyst arising from the posterolateral capsule of the knee.
    Fukuda A, Kato K, Sudo A, Uchida A.
    J Orthop Sci. 15(2):261-264,2010
  2. Functional recovery of the donor knee after autologous osteochondral transplantation for capitellar osteochondritis dissecans.
    Nishimura A, Morita A, Fukuda A, Kato K, Sudo A.
    Am J Sports Med. Epub 2010 Dec 28.
ISTITUTO ORTOPEDICO RIZZOLI
  1. Spontaneous formation of multinucleated giant cells with bone resorbing activity by long culture of human peripheral blood CD14-positive monocytes in vitro.
    Yuasa K, Avnet S, Salerno M, Mori K, Ishikawa H, Sudo A, Baldini N, Uchida A, Ito Y.
    Cell Commun Adhes. 17(1):13-22,2010

日本語論文

三重大学
  1. フルポーラスロングステムを用いた大腿側再置換術の中期成績
    湏藤啓広、長谷川正裕、若林弘樹
    日本関節病学会誌 29(2):183-188,2010
  2. 整形外科は4,200万円!?
    湏藤啓広
    整形外科 61:118,2010
  3. 2009年の漢字は“新”
    湏藤啓広
    整形・災害外科 53:211,2010
  4. 抗菌剤含有ハイドロキシアパタイト・セラミックス
    湏藤啓広
    整形・災害外科 53:547-554,2010
  5. 専門医考
    湏藤啓広
    臨床整形外科 45:877-878,2010
  6. 東海地区における静脈血栓塞栓症に関する多施設調査
    坂野真士、湏藤啓広、長谷川正裕、廣瀬士朗、森将恒、森敦幸、清水孝志、光山浩人、小林正明、水谷潤、星野裕信、中川雅人、小崎直人、内田淳正、佐藤啓二、清水克時、大塚隆信、山田治基、石黒直樹
    臨床整形外科 45(9):827-834,2010
  7. 【競技スポーツ帯同時に役立つ外傷初期治療ガイド 頻発するスポーツ外傷に対する処置・治療の実際】 競技種目別の対応の実際 ハンドボール
    加藤公
    臨床スポーツ医学 27巻臨増 264-270,2010
  8. 脊椎・脊髄のバイオメカニクス 脊椎高位と安定性 椎間安定性および不安定性 胸腰椎~腰仙椎
    笠井裕一、淺沼由美子、明田浩司
    脊椎脊髄ジャーナル 23(12):1107-1110,2010
  9. 脊椎インストゥルメンテーションにおけるpedicle screw のmicromovement
    笠井裕一、榊原紀彦、明田浩司、稲葉忠司 
    日本整形外科学会雑誌 84(8):S1311,2010
  10. 患者の性格とリハビリテーション
    笠井裕一
    第31回国立大学法人リハビリテーションコ・メディカル学術大会誌 31: 3-5,2010
  11. どのように痛みをとらえるか
    笠井裕一
    整形外科看護 15: 966-9,2010
  12. 患者の心理・性格と痛み
    笠井裕一
    整形外科看護 15: 970-2,2010
  13. 英会話失敗ノート
    笠井裕一
    J Spine Res 1: 1138-9,2010
  14. 脊椎高位と安定性:椎間安定性および不安定性 4)胸腰椎- 腰仙椎
    笠井裕一、淺沼由美子、明田浩司
    脊椎脊髄 23:1107-10,2010
  15. 6軸材料試験機を用いた脊椎変形挙動の実験的解明
    稲葉忠司、笠井裕一、渡邉隆司、加藤貴也、吉川高正
    日本機械学会論文集(A 編) 76:1373-8,2010
  16. 片側pedicle screw and rod system の固定性に関する実験的検討
    渡邉隆司、稲葉忠司、吉川高正、内田圭佑、大井賢、笠井裕一、加藤貴也、中俣孝昭
    臨床バイオメカニクス 31:97-102,2010
  17. 機能的脊椎単位の回転軸に関する実験的検討
    内田圭佑、稲葉忠司、大井賢、渡邉隆司、笠井裕一、加藤貴也、中俣孝昭
    臨床バイオメカニクス 31:103-9,2010
  18. 軟部腫瘍の診断と治療 軟部腫瘍の診察・診断の進め方
    松峯昭彦
    臨床整形外科 45(3):203-208,2010
  19. 整形外科プライマリ・ケアとEBM ー軟部腫瘍診断ガイドラインー
    松峯昭彦
    Primary Care Frontier 6:14-15,2010
  20. 重粒子線治療を選択した骨盤原発PNET(stage IV) の1 例
    櫻井直人、大橋浩、岩本彰太郎、熊本忠史、堀浩樹、東英一、駒田美弘、松峯昭彦、鎌田正
    小児がん 47(2):333,2010
  21. 大径骨頭を用いたMetal-on-metal THA 後の血中金属イオン濃度
    長谷川正裕、吉田格之進、若林弘樹、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(4): 761-762,2010
  22. 脛骨内顆骨壊死の病因・病態の検討
    長谷川正裕、湏藤啓広、内田淳正
    日本中部整形外科災害外科学会雑誌 53:125-126,2010
  23. 大腿骨頭壊死症に対するtrochanteric flip osteotomy を用いた大腿骨頭表面置換術
    長谷川正裕、湏藤啓広
    Hip Joint 36:549-552,2010
  24. フルポーラスロングステムを用いた人工股関節再置換術の中期成績
    長谷川正裕、湏藤啓広
    Hip Joint 36:290-293,2010
  25. 膝蓋骨の血流よりみたMIS TKA の有用性
    長谷川正裕、川村豪伸、若林弘樹、湏藤啓広、内田淳正
    日本関節病学会誌 29(2):207-211,2010
  26. RA とテネイシンC
    長谷川正裕、湏藤啓広
    リウマチ科 44:187-192,2010
  27. OrthoPilot を用いたMIS TKA の冠状面・矢状面・回旋アライメント
    長谷川正裕、若林弘樹、吉田格之進、西村明展、湏藤啓広
    日本人工関節学会誌 40:18-19,2010
  28. Metal-on-metal THA におけるソケット設置角度の血中金属濃度への影響
    長谷川正裕、吉田格之進、若林弘樹、湏藤啓広
    日本人工関節学会誌 40:568-569,2010
  29. 大腿骨頭壊死症に対する大腿骨頭表面置換術
    長谷川正裕、湏藤啓広
    別冊整形外科 57:78-80,2010
  30. 脊椎インストゥルメンテーションが機能的脊椎単位の回転軸に与える影響
    榊原紀彦、明田浩司、稲葉忠司、笠井裕一
    日本整形外科学会雑誌 84(8):S1091,2010
  31. 長管骨骨折に対する形状記憶合金製インプラントに関する基礎的研究
    榊原紀彦、川喜田英司、稲葉忠司、笠井裕一
    日本整形外科学会雑誌 84(8):S1338,2010
  32. 脊椎脊髄手術後に発症した脳血管障害
    明田浩司、笠井裕一、内田淳正
    東海脊椎外科 24:9-11,2010
  33. 手根中央関節鏡視下手術が有用であった手根骨障害
    辻井雅也、植村和司、里中東彦、堀和一郎、平田仁、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(6) :1391-1392,2010
  34. Dupuytren 拘縮の病因-オステオポンチン発現の検討
    辻井雅也、飯田竜、里中東彦、堀和一郎、長谷川正裕、湏藤啓広
    整形・災害外科 53(3):223-229,2010
  35. 悪性軟部腫瘍に対するAO therapy の適応の検討
    松原孝夫、楠崎克之、松峯昭彦、中村知樹、内田淳正
    日本整形外科学会雑誌 84(6):S992,2010
  36. 半拘束型人工肘関節置換術の治療成績
    里中東彦、辻井雅也、長谷川正裕、若林弘樹、平田仁、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53:1279-1280,2010
  37. 長管骨病的骨折に対する超弾性形状記憶合金製髄内釘の臨床応用
    里中東彦、笠井裕一、松峯昭彦、中村知樹、濱口貴彦、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53:669-670,2010
  38. 変形性膝関節症の進行に関与する危険因子の検討 -宮川村検診追跡調査より-
    西村明展、加藤公、福田亜紀、川村豪伸、渥美覚、内田淳正
    JOSKAS 35: 134-135,2010
  39. 陳旧性アキレス腱断裂症例が陳旧性になってから診断に至る原因の検討
    西村明展、加藤公、福田亜紀、森田哲正、渥美覚、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53: 537-538,2010
  40. 外傷後変形性距踵関節症に対し、鏡視下関節固定術を行った1例
    西村明展、加藤公、福田亜紀、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53: 1103-1104,2010
  41. 腎移植後に発生した両側アキレス腱断裂の1例
    中空繁登、西村明展、横山弘和、中村知樹、加藤公、湏藤啓広
    東海足と靴の研究会誌 4:29-31,2010
  42. 膝周囲に発生した骨軟部腫瘍に対する腫瘍用人工膝関節置換術の治療成績
    新美塁、松峯昭彦、濱口貴彦、中村知樹、松原孝夫、内田淳正
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(3):681-682,2010
  43. 腫瘍内切除術から18年経過して局所再発した骨形成を伴う円形細胞肉腫の1例
    新美塁、松峯昭彦、中村知樹、森本亮、内田淳正、村田哲也、西村啓介、内田克典、白石泰三
    東海骨軟部腫瘍 22:19-20,2010
  44. 人工股関節再置換術におけるステム温存例の治療成績
    吉田格之進、長谷川正裕、若林弘樹、湏藤啓広
    人工関節学会誌 40:108-109,1010
  45. PCA 型人工股関節の長期成績
    吉田格之進、長谷川正裕、若林弘樹、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(4):815-816,2010
  46. フォンダパリヌクス投与による下肢人工関節置換術後の深部静脈血栓症の予防効果について
    山口敏郎、長谷川正裕、新美塁、湏藤啓広
    東海関節2:21-25,2010
  47. 小指屈筋腱皮下断裂の2 例
    三浦良浩、辻井雅也、小川明人、里中東彦、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(5):1147-1148,2010
  48. 下腿血管腫により尖足を生じた2 例
    三浦良浩、中村知樹、松峯昭彦、西山正紀、松本壽夫、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53:409-410,2010
  49. 脳神経膠腫を合併したOllier 病の1例
    堀和一郎、新美塁、内田淳正、松峯昭彦、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(6):1397-1398,2010
  50. 縦隔腫瘍に伴って生じた胸椎側彎症の1例
    横山弘和、明田浩司、笠井裕一、内田淳正
    東海脊椎外科 24:45,2010
  51. 皮下に発生した骨化を伴う軟部腫瘍の1例
    横山弘和、中村知樹、松峯昭彦、楠崎克之、内田淳正、西村啓介、内田克典、福留寿生、白石泰三、村田哲也
    東海骨軟部腫瘍 22:3-4,2010
  52. 骨肉腫治療後に発生したEwing 肉腫の1例
    中川太郎、松峯昭彦、中村知樹、三浦良浩、新美塁、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(6):1399-1400,2010
  53. 右側頭頭頂葉梗塞後に発話面と書字面で乖離を生じた失語の1例
    上田有紀人、直江祐樹、椿井裕樹、村瀬善彰、榊原有佑、山口和輝、伊藤栄祐、鈴木良枝、池田絵美、明田浩司、笠井裕一、朝倉文夫、佐藤正之
    国立大学法人リハビリテーションコ・メディカル学術大会誌 31:31-34,2010
  54. 右大腿骨骨肉腫寛解2年後にEwing 肉腫( 左大腿骨) を発症した一例
    淀谷典子、岩本彰太郎、熊本忠史、堀浩樹、駒田美弘、三浦良浩、松峯昭彦、高村光幸、福留寿生、今井裕、白石泰三
    小児がん 47(2):335,2010
山本総合病院
  1. 大腿骨近位部骨折手術における脊椎麻酔と比較した下肢末梢神経ブロックの有用性
    堤秀樹、中瀬古健、天野誉、宮原ひろみ、三浦智美
    整形外科 61:205-208,2010
県立総合医療センター
  1. 大腿骨コンポーネントが脱転したOxford UKA の1例
    北尾淳、松本壽夫、森本剛司、岡村直樹、加藤弘明、牧野祥典
    東海関節 2:87-89,2010
  2. オスフェリオンを単独充填した脛骨open wedge osteotomy
    北尾淳、松本壽夫、森本剛司、岡村直樹、加藤弘明
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(5):1005-1006,2010
  3. FasT-Fix による半月板縫合術後再鏡視所見
    北尾淳、松本壽夫、森本剛司、川村豪伸、村木真
    JOSKAS 35(1):122-123,2010
  4. 踵骨裂離骨折の1 例
    牧野祥典、松本壽夫、北尾淳、森本剛司、岡村直樹、加藤弘明
    東海整形外科外傷研究会誌 23:81-83,2010
小山田記念温泉病院
  1. 高齢女性コレス骨折におけるリン酸カルシウムセメントを使用したバルーン骨形成術の臨床的放射線学的検討
    Calcium phosphate cement assisted balloon osteoplasty for elderly female Colles' fracture
    石黒茂夫、飯田浩次
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(1):33-34,2010
鈴鹿回生病院
  1. 整形外科の未来を拓く 末梢神経損傷に対する治療戦略 基礎から臨床へ 手根管症候群の病態、MRI 所見から病理所見まで
    森田哲正、平田仁、辻井雅也、内田淳正、藤澤幸三
    日本整形外科学会雑誌  84(1):15-21,2010
  2. 中学生・高校生のサプリメントに対する意識調査
    福田亜紀、西村明展、加藤公、藤澤幸三
    臨床スポーツ医学  27(12):1391-1394,2010
  3. 衝突性外骨腫に対し足関節鏡視下手術を行い機器の破損・関節内脱落した1 例
    渥美覚、加藤公、福田亜紀、西村明展、藤澤幸三
    中部リウマチ 40(2):133,2010
  4. Locking plate を用いた上腕骨顆上骨折の治療経験
    小寺秀樹、森田哲正、藤澤幸三、加藤公、福島達樹、福田亜紀、川村豪伸、藤井渉
    東海整形外科外傷研究会誌  23:133-135,2010
  5. 人工膝関節置換術の術前・術後における身体活動の調査
    稲谷則徒、斉藤裕子、松田和道、西村明展、加藤公、藤澤幸三
    東海スポーツ傷害研究会会誌28:55-57,2010
鈴鹿中央病院
  1. 手指伸筋腱の嵌入を認めた橈骨遠位端骨折の一例
    國分直樹、稲田均、佐藤憲史、山田浩之、後藤幹伸
    東海整形外科外傷研究会誌 23:94-96,2010
村瀬病院
  1. 人工股・膝関節置換術前後における下肢深部静脈血栓の発生率
    西村誠、倉田竜也、藤原達彦、近藤哲士、塩川靖夫、井阪直樹、湏藤啓広
    東海関節 2:13-16,2010
三重病院
  1. 鎖骨にtraction spur と角状変形、胸鎖関節亜脱臼を来した2 歳の筋性斜頚の1 例
    西山正紀、中野祥子、山田総平、西村淑子、浦和真佐夫、二井英二
    臨床整形外科 45(9):865-869,2010
県立草の実リハビリテーションセンター
  1. 骨形成不全症
    二井英二
    Juornal of Clinical Rehabilitation 19(3):216-224,2010
  2. Idiopathic toe walking の8 例
    二井英二、浦和真佐夫、西村淑子、西山正紀、中野祥子、山田総平、内田淳正
    日本小児整形外科学会誌 19(1):59-62,2010
三重中央医療センター
  1. 神経痛に関する日本語表現
    淺沼由美子、森下浩一郎、明田浩司、三枝ふみの、笠井裕一
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(3):551-552,2010
  2. 頸椎伸展位MRI が有用であった頸髄症の1 例
    淺沼由美子、川口善治、関庄二、木村友厚、笠井裕一
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(1):217-218,2010
済生会松阪総合病院
  1. 人工股関節置換術後の静脈血栓塞栓症に対する予防
    友田良太、今原敏博、森本政司、竹上謙次、飯田竜、松井佑梨世
    東海関節 2:35-37,2010
  2. 肩甲上神経麻痺を呈した肩甲部ガングリオンに対する鏡視下除圧術の1例
    飯田竜、辻井雅也、友田良太、竹上謙次、森本政司、今原敏博
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53:1109-1110,2010
  3. 当科におけるDupuytren 拘縮(デュプイトレン拘縮)に対する手術経験
    飯田竜、森本政司、竹上謙次、友田良太、松井佑梨世、今原敏博、辻井雅也
    松阪醫報 111:22-31,2010
  4. Locking plate 抜釘困難例の経験
    松井佑梨世、今原敏博、森本政司、竹上謙次、友田良太、飯田竜
    東海整形外科外傷研究会誌 23:146-149,2010
山田赤十字病院
  1. Metal-on-metal 人工股関節に発症した大腿神経麻痺を伴うpseudotumor と考えられる1 例
    山川徹、松本衛、森川丞二、吉川智朗、中空繁登、細井哲
    東海関節 2:63-68 2010
  2. 後十字靱帯後方に発生し膝屈曲障害を生じた脛骨近位Dysplasia Epiphysealis Hemimelica の1 例
    森川丞二、山川徹、松本衛、榊原紀彦、中空繁登、松峯昭彦、岡田元
    JOSKAS 35(4):324,2010
市立伊勢総合病院
  1. 当院における化膿性脊椎炎の治療成績
    池村重人、原隆久、今西隆夫
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53:1289-1290,2010
紀南病院
  1. 高齢者大腿骨近位部骨折の検討-60~89歳と90歳以上高齢者の比較
    里中東彦、植村和司、倉田竜也、辻井雅也、武田裕子、湏藤啓広
    整形外科 61:961-965,2010
富山大学
  1. Erb 点刺激による上肢筋のCMAP が、責任病巣の把握と術後の予後予測に有用であった1 例
    淺沼由美子、川口善治、関庄二、明田浩司、笠井裕一、木村友厚
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(5):1129-1130,2010
  2. Erb 刺激による上肢筋のCMAP が、責任病巣の把握と術後の予後予測に有用であった1 例
    淺沼由美子、明田浩司、笠井裕一、川口善治、関庄二、木村友厚
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53:225,2010
2011年 ------------------------------------- 2009年

〒514-8507
三重県津市江戸橋2丁目174
TEL: 059(232)1111 内線 6447
FAX: 059-231-5211

三重大学 三重大学大学院 医学系研究科