医療関係者の皆様へ

ホーム > 医療関係者の皆様へ > 研究と業績 - 2011年

研究と業績 - 2011年

外国語論文

三重大学病院
  1. National, regional, and global trends in body-mass index since 1980: systematic analysis of health examination surveys and epidemiological studies with 960 country-years and 9・1 million participants.
    Finucane MM, Stevens GA, Cowan MJ, Danaei G, Lin JK, Paciorek CJ, Singh GM, Gutierrez HR, Lu Y, Bahalim AN, Farzadfar F, Riley LM, Ezzati M; Global Burden of Metabolic Risk Factors of Chronic Diseases Collaborating Group (Body Mass Index)
    Lancet. 377(9765):557-567,2011
  2. Meta-analysis of genome-wide association studies confirms a susceptibility locus for knee osteoarthritis on chromosome 7q22.
    Evangelou E, Valdes AM, Kerkhof HJ, Styrkarsdottir U, Zhu Y, Meulenbelt I, Lories RJ, Karassa FB, Tylzanowski P, Bos SD; arcOGEN Consortium, Akune T, Arden NK, Carr A, Chapman K, Cupples LA, Dai J, Deloukas P, Doherty M, Doherty S, Engstrom G, Gonzalez A, Halldorsson BV, Hammond CL, Hart DJ, Helgadottir H, Hofman A, Ikegawa S, Ingvarsson T, Jiang Q, Jonsson H, Kaprio J, Kawaguchi H, Kisand K, Kloppenburg M, Kujala UM, Lohmander LS, Loughlin J, Luyten FP, Mabuchi A, McCaskie A, Nakajima M, Nilsson PM, Nishida N, Ollier WE, Panoutsopoulou K, van de Putte T, Ralston SH, Rivadeneira F, Saarela J, Schulte-Merker S, Shi D, Slagboom PE, Sudo A, Tamm A, Tamm A, Thorleifsson G, Thorsteinsdottir U, Tsezou A, Wallis GA, Wilkinson JM, Yoshimura N, Zeggini E, Zhai G, Zhang F, Jonsdottir I, Uitterlinden AG, Felson DT, van Meurs JB, Stefansson K, Ioannidis JP, Spector TD; Translation Research in Europe Applied Technologies for Osteoarthritis (TreatOA)
    Ann Rheum Dis. 70(2):349-355,2011
  3. Recommendations for standardization and phenotype definitions in genetic studies of osteoarthritis: the TREATOA consortium Kerkhof HJ, Meulenbelt I, Akune T, Arden NK, Aromaa A, Bierma-Zeinstra SM, Carr A, Cooper C, Dai J, Doherty M, Doherty SA, Felson D, Gonzalez A, Gordon A, Harilainen A, Hart DJ, Hauksson VB, Heliovaara M, Hofman A, Ikegawa S, Ingvarsson T, Jiang Q, Jonsson H, Jonsdottir I, Kawaguchi H, Kloppenburg M, Kujala UM, Lane NE, Leino-Arjas P, Lohmander LS, Luyten FP, Malizos KN, Nakajima M, Nevitt MC, Pols HA, Rivadeneira F, Shi D, Slagboom E, Spector TD, Stefansson K, Sudo A, Tamm A, Tamm AE, Tsezou A, Uchida A, Uitterlinden AG, Wilkinson JM, Yoshimura N, Valdes AM, van Meurs JB.
    Osteoarthritis Cartilage. 19(3):254-64,2011
  4. A novel hyperthermia treatment for bone metastases using magnetic materials.
    Matsumine A, Takegami K, Asanuma K, Matsubara T, Nakamura T, Uchida A, Sudo A.
    Int J Clin Oncol. 16(2):101-8,2011
  5. Clinical outcomes of the KYOCERA Physio Hinge Total Knee System Type III after the resection of a bone and soft tissue tumor of the distal part of the femur.
    Matsumine A, Ueda T, Sugita T, Yazawa Y, Isu K, Kawai A, Abe S, Yakushiji T, Hiraga H, Sudo A, Uchida A
    J Surg Oncol. 103(3):257-63,2011
  6. Minimally invasive total knee arthroplasty: comparison of jig-based technique versus computer navigation for clinical and alignment outcome.
    Hasegawa M, Yoshida K, Wakabayashi H, Sudo A.
    Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 19(6):904-10,2011
  7. Thrombin-cleaved osteopontin levels in synovial fluid correlate with disease severity of knee osteoarthritis. JRheumatol.
    Hasegawa M, Segawa T, Maeda M, Yoshida T, Sudo A.
    J Rheumatol. 38(1):129-34,2011
  8. Repeat etanercept administration restores clinical response of patients with rheumatoid arthritis. Rheumatol Int.
    Wakabayashi H, Sudo A, Nishioka Y, Hasegawa M, Minami Y, Nishioka K.
    Rheumatol Int. 2011
  9. Do biologics-naïve patients with rheumatoid arthritis respond better to tocilizumab
    Wakabayashi H, Oka H, Nishioka Y, Hasegawa M, Sudo A, Nishioka K.
    Exp Rheumatol. 29(2):314-7,2011
  10. Pedicled vastus lateralis musculofascial flap as a new technique for repairing rectourethral fistula after radical prostatectomy.
    Iwamoto Y, Kanda H, Tsujii M, Toiyama Y, Yamada Y, Soga N, Arima K, Sudo A, Kusunoki M, Sugimura Y.
    Microsurgery. 31(7):564-567,2011
  11. Recurrent hemarthrosis after unicompartmental knee arthroplasty.
    Asanuma K, Ito H, Ogawa A, Asanuma Y, Yoshikawa T, Hasegawa M, Sudo A.
    Orthopedics. 34(9):e578-80,2011
  12. The adverse effect of an unplanned surgical excision of foot soft tissue sarcoma.
    Nishimura A, Matsumine A, Asanuma K, Matsubara T, Nakamura T, Uchida A, Kato K, Sudo A.
    World J Surg Oncol. 9:160,2011
  13. Functional recovery of the donor knee after autologous osteochondral transplantation for capitellar osteochondritis dissecans.
    Nishimura A, Morita A, Fukuda A, Kato K, Sudo A.
    Am J Sports Med. 39(4):838-42,2011
  14. Transfection of NF-κB decoy oligodeoxynucleotide suppresses pulmonary metastasis by murine osteosarcoma.
    Nishimura A, Akeda K, Matsubara T, Kusuzaki K, Matsumine A, Masuda K, Gemba T, Uchida A, Sudo A.
    Cancer Gene Ther. 18:250-9,2011
  15. Risk factors for the incidence and progression of radiographic osteoarthritis of the knee among Japanese.
    Nishimura A, Hasegawa M, Kato K, Yamada T, Uchida A, Sudo A.
    Int Orthop. 35(6):839-43,2011
  16. Recurrent ankle equinus deformity due to intramuscular hemangioma of the gastrocnemius: case report.
    Nakamura T, Matsumine A, Nishiyama M, Uchida A, Sudo A.
    Foot Ankle Int. 32(9):905-7,2011
  17. Clinical impact of the tumor volume doubling time on sarcoma patients with lung metastases.
    Nakamura T, Matsumine A, Matsubara T, Asanuma K, Uchida A, Sudo A.
    Clin Exp Metastasis. 28(8):819-25,2011
  18. The symptom-to-diagnosis delay in soft tissue sarcoma influence the overall survival and the development of distant metastasis.
    Nakamura T, Matsumine A, Matsubara T, Asanuma K, Uchida A, Sudo A.
    J Surg Oncol. 104(7):771-5,2011
  19. Extraslkeletal subcutaneous osateosarcoma of the upper arm: A case report.
    Nakamura T, Matsumine A, Nishimura K, Yokoyama H, Murata T, Uchida A, Sudo A
    Oncology Letters. 2: 75-77,2011
  20. Retrospective analysis of metastatic sarcoma patients.
    Nakamura T, Matsumine A, Matsubara T, Asanuma K, Niimi R, Uchida A, Sudo A.
    Oncology Letters
  21. Acridine orange inhibits pulmonary metastasis of mouse osteosarcoma.
    Satonaka H, Kusuzaki K, Akeda K, Tsujii M, Iino T, Uemura T, Matsubara T, Nakamura T, Asanuma K, Matsumine A, Sudo A.
    Anticancer Res. 31(12):4163-4168,2011
  22. Monitoring for anti-Xa activity for prophylactic administration of Fondaparinux in patients with artificial joint replacement.
    Yoshida K, Wada H, Hasegawa M, Wakabayashi H, Ando H, Oshima S, Matsumoto T, Shimokariya Y, Noma K, Yamada N, Uchida A, Nobori T, Sudo A.
    Int J Hematol. 94(4):355-60,2011
  23. The influence of fondaparinux on the diagnosis of postoperative deep vein thrombosis by soluble fibrin and Ddimer.
    Niimi R, Hasegawa M, Shi DQ, Sudo A.
    Thromb Res. 2011
  24. TNF inhibitor suppresses bone metastasis in a breast cancer cell line.
    Hamaguchi T, Wakabayashi H, Matsumine A, Sudo A, Uchida A.
    Biochem Biophys Res Commun. 407(3):525-30,2011
  25. Porosity of β-tricalcium phosphate affects the results of lumbar posterolateral fusion.
    Wang Z, Sakakibara T, Sudo A, Kasai Y.
    J Spinal Disord Tech. 2011
永井病院
  1. Biomechanical study of lumbar spine using unilateral pedicle screw with Tadpole fixation system.
    Yoshikawa T, Oi S, Kasai Y, Wang Z, Inaba T, Uchida K, Watanabe R, Kato T, Nakamata T.
    J Biomecha Sci Eng. 6(5): 391-398,2011
榊原温泉病院
  1. Successful Bone Union Following Calcium Phosphate Cement-Assisted Percutaneous Transpedicular Balloon Kyphoplasty of a Large Interbody Cleft on Long-term Hemodialysis Patient.
    Ishiguro S, Tsujii M, Sudo A.
    Asian Spine J. 5(3):188-91,2011

日本語論文

三重大学病院
  1. セメントレス人工股関節再置換術
    湏藤啓広
    岐阜人工関節フォーラム誌 15:3-6,2011
  2. 【運動器疾患の予防と治療】 高齢者運動器疾患の疫学と新たな疾患概念 腰痛・膝痛・骨折に関する大規模コホート追跡研究
    吉村典子、中村耕三、阿久根徹、藤原佐枝子、清水容子、吉田英世、大森 豪、湏藤啓広、西脇祐司、吉田宗人、下方浩史
    Advances in Aging and Health Research 2010:21-25,2011
  3. 運動器外科医からみた慢性疼痛患者へのアプローチ
    笠井裕一、榊原紀彦、池田雄三
    臨床整形外科 46(4):327-331,2011
  4. 術前インフォームド・コンセントでの心得
    笠井裕一
    整形外科サージカルテクニック 1(1):114-115,2011
  5. 早く術式をマスターするための心得
    笠井裕一
    整形外科サージカルテクニック 1(2):234-235,2011
  6. 手術適応を杓子定規に考えるな!
    笠井裕一
    整形外科サージカルテクニック 1(3):364-365,2011
  7. 鬼手仏心
    笠井裕一
    整形外科サージカルテクニック 1(4):494-495,2011 
  8. 外科医は積極的に武者修行に出て自信をつけましょう!
    笠井裕一
    整形外科サージカルテクニック 1(5):618-619,2011
  9. 脊椎固定の生体力学 4)胸椎~腰仙椎
    笠井裕一、淺沼由美子、明田浩司
    脊椎脊髄 24:811-813,2011
  10. 目標、そして夢へ
    笠井裕一
    整形外科 62:1278,2011
  11. フェンタニル貼付剤が有効であった腎不全合併の慢性難治性腰痛の1例
    笠井裕一、榊原紀彦
    Practice of Pain Management 2(4):272-273,2011
  12. 形状記憶合金製棘突起間固定インプラントの開発
    笠井裕一、宮地佑輔、吉川高正、加藤貴也、榊原紀彦、稲葉忠司
    第42回「三井生命 医学研究助成」研究報告書 24-25,2011
  13. 新しい形状記憶合金製棘突起間固定インプラントの開発の試み
    宮地佑輔、吉川高正、稲葉忠司、笠井裕一、榊原紀彦、加藤貴也
    臨床バイオメカニクス 32:127-134,2011
  14. Pedicle screw and rod system の固定性に関する生体力学的研究
    犬飼太輝人、吉川高正、稲葉忠司、笠井裕一、榊原紀彦、加藤貴也
    臨床バイオメカニクス 32:121-126,2011
  15. 整形外科ナースのためのお悩み相談室「ガングリオンとは何ですか?」
    笠井裕一
    整形外科看護 16(12):1246-1248,2011
  16. 悪性骨・軟部腫瘍治療後の長期的問題点 腫瘍用人工膝関節置換術後の長期的問題とその対策
    荒木信人、中 紀文、城山 晋、濱田健一郎、田中太晶、角永茂樹、久田原郁夫、上田孝文、竹中 聡、玉井宣行、南野勝彦、杉安謙仁朗、橋本伸之、名井 陽、吉川秀樹、青木康彰、森 茂樹、藤本哲穂、外堀 司、小畠秀人、倉都滋之、松峯昭彦、内田淳正、濱田秀樹
    日本整形外科学会雑誌 85(4):202-207,2011
  17. MIS TKA における骨切り時とインプラント設置時のナビゲーションを用いた術中エラー計測
    長谷川正裕、吉田格之進、若林弘樹、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(1):173-174,2011
  18. Trochanteric flip アプローチを用いたhip resurfacing の大腿骨頭血流
    長谷川正裕、吉田格之進、若林弘樹、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(5): 1019-1020,2011
  19. 32mmコバルトクロム骨頭を用いたハイリークロスリンクポリエチレンの摩耗
    長谷川正裕、吉田格之進、湏藤啓広
    Hip Joint 37:29-32,2011
  20. 人工股関節置換術後の画像所見
    長谷川正裕、湏藤啓広
    MB. Orthop 24(2):73-79,2011
  21. 人工膝関節のナビゲーション Navigation(CT free)
    長谷川正裕、湏藤啓広
    関節外科 30:118-128,2011
  22. 【運動器疾患に対する最小侵襲手術】 人工関節 膝関節 ナビゲーション併用最小侵襲人工膝関節全置換術の臨床的・X 線学的評価
    長谷川正裕、吉田格之進、若林弘樹、湏藤啓広
    別冊整形外科 59:34-38,2011
  23. 当科における関節リウマチに対するトシリズマブの治療効果の検討
    若林弘樹、湏藤啓広、長谷川正裕、内田淳正、西岡洋右、西岡久寿樹
    日本関節病学会誌 30(1):55-59,2011
  24. 生物学的製剤多剤切り替えでエタネルセプトを再投与した関節リウマチ患者の検討
    若林弘樹、湏藤啓広、長谷川正裕、西岡洋右、西岡久寿樹
    日本関節病学会誌 30(4):467-473,2011
  25. 関節リウマチ患者におけるアダリムマブの治療効果 生物学的製剤初回群と切り替え群の比較・検討
    若林弘樹、湏藤啓広、西岡洋右、長谷川正裕、西岡久寿樹
    整形外科 62(13):1371-1374,2011
  26. 生物学的製剤治療中に人工股関節全置換術が行われた関節リウマチ患者の検討
    若林弘樹、長谷川正裕、西岡久寿樹、湏藤啓広
    整形外科 62(10):1055-1059,2011
  27. 生物学的製剤naive 関節リウマチ患者におけるトシリズマブの治療効果
    若林弘樹、西岡洋右、長谷川正裕、湏藤啓広、西岡久寿樹
    整形外科 62(11):1164-1167,2011
  28. 生物学的製剤治療中に下肢荷重関節に人工関節置換術が行われた関節リウマチ患者の検討
    若林弘樹、湏藤啓広、長谷川正裕、西岡久寿樹
    整形・災害外科 54(10):1301-1305,2011
  29. 脊椎の1椎間固定が多椎間に与える影響
    榊原紀彦、明田浩司、王 卓、湏藤啓広、笠井裕一
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54:127-128,2011
  30. 医療用麻薬に関する整形外科医の意識調査
    榊原紀彦、王 卓、明田浩司、湏藤啓広、笠井裕一
    J Spine Res. 2:821-825,2011
  31. 当院における高齢者骨肉腫の予後規定因子の検討
    淺沼邦洋、松峯昭彦、松原孝夫、中村知樹、内田淳正、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(1):81-82,2011
  32. de Quervain 病の術後に認めた癒着性神経障害に橈骨動脈穿通枝脂肪弁を用いた1例
    里中東彦、辻井雅也、平田 仁、内田淳正、湏藤啓広
    日本マイクロサージャリー学会会誌 24(3):304-308,2011
  33. 観血的治療を行った先天性橈尺骨癒合症の成人例の検討
    里中東彦、辻井雅也、堀和一郎、植村 剛、平田 仁、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(2):367-368,2011
  34. Semi-constrained Total Elbow Arthroplasty の治療成績
    里中東彦、辻井雅也、飯田 竜、平田 仁、湏藤啓広
    日本手外科学会雑誌 27(4):472-476,2011
  35. 骨肉腫・ユーイング肉腫に対するアクリジンオレンジ光線および放射線力学的療法の治療成績
    松原孝夫、楠崎克之、中村知樹、松峯昭彦、内田淳正、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(1):73-74,2011
  36. 転倒しやすい高齢者の歩行解析 第7回三重県旧宮川村検診結果より
    西村明展、加藤 公、福田亜紀、内田淳正、湏藤啓広
    日本臨床スポーツ医学会誌 19(3):598-602,2011
  37. 高齢者転倒に関与する危険因子としての運動機能の検討-第7回旧宮川村検診結果より-
    西村明展、加藤 公、福田亜紀、湏藤啓広
    日本整形外科スポーツ医学会雑誌 31(2): 185-188,2011
  38. Jones 骨折に対するCannulated Herbert Screw の使用経験
    西村明展、加藤 公、福田亜紀、藤澤幸三、内田淳正、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(5):929-930,2011
  39. 下肢骨軟部腫瘍術後の深部静脈血栓症の発生率
    山口敏郎、松峯昭彦、長谷川正裕、中村知樹、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(1):79-80,2011
  40. フォンダパリヌクス投与による人工股関節全置換術後の深部静脈血栓症の発生率と予防効果について
    山口敏郎、長谷川正裕、新美 塁、湏藤啓広
    Hip Joint 37:224-227,2011
  41. フォンダパリヌクス投与による下肢人工関節置換術後の深部静脈血栓症の予防効果について
    山口敏郎、長谷川正裕、新美 塁、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(3):481-482,2011
  42. 軟部肉腫における不適切切除後の広範切除症例に対するMRI の有効性
    中村知樹、松峯昭彦、松原孝夫、浅沼邦洋、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(1):39-40,2011
  43. 骨外性粘液型軟骨肉腫の治療成績
    中村知樹、松峯昭彦、松原孝夫、淺沼邦洋、楠崎克之、湏藤啓広
    整形外科 62(6):513-516,2011
  44. 50歳未満セメントレス人工股関節全置換術の長期成績
    吉田格之進、長谷川正裕、若林弘樹、湏藤啓広
    Hip Joint 37:133-136,2011
  45. 人工関節置換術後のフォンダパリヌクス濃度のモニター
    和田英夫、天満大志、藤原圭人、小川真央、池尻 誠、松本剛史、片山直之、登 勉、辻 明宏、太田覚史、土肥 薫、山田典一、中村真潮、伊藤正明、吉田格之進、長谷川正裕、湏藤啓広
    心臓 43(7):1039-1040,2011
  46. 乳幼児における屈筋腱断裂(zone 1)の3例
    植村 剛、辻井雅也、里中東彦、堀和一郎、内田淳正、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(5):1067-1068,2011
  47. ラグビー選手に発症した菌血症を伴う恥骨結合部骨髄炎の1例
    渥美 覚、 西村明展、福田亜紀、加藤 公、藤澤幸三、湏藤啓広
    整形外科 62(13):1391-1393, 2011
  48. 鈍的外傷後に骨端線を含む橈骨遠位部に発生した骨髄炎の1 例
    堀和一郎、辻井雅也、里中東彦、内藤陽平、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(2):361-362,2011
  49. EPL に発生したガングリオンの1 例
    堀和一郎、里中東彦、辻井雅也、植村 剛、長谷川正裕、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(5):1065-1066,2011
  50. 人工股関節置換術後の創傷被覆剤 オプサイトPOST-OPビジブル,カラヤヘッシブにおける無作為比較試験
    中川太郎、長谷川正裕、吉田格之進、三浦良浩、松本壽夫、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54:1023-1024,2011
  51. 環椎溶骨性変化に斜頸を合併したspinal osseous epidural AVF の1例
    奥野一真、松原孝夫、中村知樹、浅沼邦洋、松峯昭彦、湏藤啓広
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(1):147-148,2011
  52. アキレス腱付着部踵骨裂離骨折の治療経験
    松井佑梨世、森本政司、竹上謙次、友田良太、飯田 竜
    中部日本整形外科災害外科雑誌 54(2):339-340,2011
  53. 人工膝関節置換術の術前術後における身体活動の調査(第2報)
    齊藤裕子、稲谷則徒、松田和道、西村明展、加藤 公、藤澤幸三
    東海スポーツ傷害研究会会誌 29:22-24, 2011
  54. 人工股関節全置換術後患者に対する退院後アンケート調査-看護介入クリニカルパスの改定に向けて-
    森川寛之、古谷一真、高口有香子、吉田格之進、長谷川正裕、湏藤啓広
    Hip Joint Suppl 37:4-6,2011
桑名東医療センター
  1. 中手指節関節の伸展拘縮に対してカフに注目した動的スプリントの試作
    村瀬代里子、松本正知、若林 徹、松田 理、北浦万里子、佐々木浩樹
    理学療法ジャーナル 45(5):443,2011
県立総合医療センター
  1. 人工膝関節置換術後に発生した膝窩動脈血栓症の1 例
    北尾 淳、松本壽夫、森本剛司、岡村直樹、中川太郎
    東海関節 3:83-86,2011
  2. 大腿骨髄内ガイドを用いた人工膝関節全置換術の設置位置評価-新しい大腿骨髄外ガイド作成のきっかけとして-
    中川太郎、北尾 淳、松本壽夫、森本剛司、岡村直樹
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 55(1):100,2011
鈴鹿回生病院
  1. 【高齢者の手指疾患その病態と治療】 Heberden 結節の自然経過・疫学
    藤澤幸三、森田哲正
    関節外科30(8):924-928, 2011
  2. 高齢な関節リウマチ患者の上腕骨遠位部骨折に人工肘関節を用いた1例
    小寺秀樹、森田哲正、藤澤幸三、加藤 公、福島達樹、福田亜紀、宮崎晋一、藤井 渉
    東海整形外科外傷研究会誌 24:74-76, 2011
済生会松総合病院
  1. アキレス腱付着部踵骨裂離骨折の治療経験
    松井佑梨世、森本政司、竹上謙次、友田良太、飯田 竜
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(2): 339-340,2011
  2. 人工股関節全置換術後の静脈血栓塞栓症に対するフォンダパリヌクスを用いた予防
    友田良太
    Hip Joint 37:763-765,2011
伊勢赤十字病院
  1. メタルオンメタル人工股関節のヘッドネック接合部に問題があったと推測される偽腫瘍(pseudotumor)の2例
    山川 徹、森川丞二、細井 哲
    Hip Joint 37:601-605,2011
  2. メタルオンメタル人工股関節に発症した偽腫瘍(pseudotumor) の組織内コバルト、クロム濃度について
    山川 徹、森川丞二、細井 哲
    Hip Joint 37:467-470,2011
市立伊勢総合病院
  1. 大腿骨骨幹部病的骨折および切迫骨折に対する手術治療
    原 隆久、山口敏郎、小畑秀司
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(5):911-912,2011
県立志摩病院
  1. ビスホスホネート製剤長期服用中に非定型的大腿骨骨幹部骨折を生じた2例
    高北久嗣、田島正稔、横山弘和、湏藤啓広
    Osteoporosis Japan 19(4):751-755,2011
紀南病院
  1. 骨Paget 病の診断でビスフォスフォネートを用いて治療を行った2例
    中空繁登、山川 徹、吉川智郎、森川丞二、松本 衛
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 54(6):1157-1158,2011
2012年 ------------------------------------- 2010年

〒514-8507
三重県津市江戸橋2丁目174
TEL: 059(232)1111 内線 6447
FAX: 059-231-5211

三重大学 三重大学大学院 医学系研究科