三重大学大学院医学系研究科 臨床医学系講座 精神神経科学分野
クリクラを行う5年生へ
  • 実習目標
  • 実習準備
  • 大学での準備
  • 注意事項
  • クリクラ概要

実習施設

  • 基本的に大学病院精神科神経科での実習が中心となりますが、内1日は指定された教育病院へ全員で実習に行きます。大学実習グループでは基本的スケジュールとして、午前中には3人は新患外来、他の1人ないし2人は病棟・デイケア実習に参加します。午後は病棟実習(回診を含む)または講義やカンファとなります。教育病院実習中の学生は、各病院の指示に従ってください。

行動目標および評価項目

共通項目―内科と同じ
診療科別項目

  • 医師(医学生)として自己マネージメントができる。
  • 社会参加が可能で前向きである。
  • 診療への姿勢と意識の向上がみられる。
  • 精神疾患やこころを病む方の苦悩を思いやり、支持的に接することができる。
  • 患者・家族のプライバシーへの厳密で実際的な配慮ができる。
  • 基本的な精神症状の評価の仕方、面接法を学ぶ。医療面接における話の進め方(適切な質問法の選択、傾聴、非言語的コミュニケーション)を実践できる。
  • 精神科以外の一般診療科においても診療機会が多い精神障害に対する診断と治療の初期対応ができる。
  • 精神症状をもつ患者の診療を行う上での、方法と倫理の必須項目を列挙できる。
  • 精神症状・精神障害の初期症状と、どのような場合に専門医へのコンサルテーションが必要か判断できる。

実習内容

  • 精神科外来・病棟

症例(症候)

症状・徴候・検査データ

  • 抑鬱
  • 不安
  • 不眠/せん妄

実習形態

  • 精神科外来・病棟

疾患

  • 気分障害(うつ病、双極性障害)
  • 不安障害・ストレス関連障害(PTSDを含む)
  • 身体表現性障害
  • 症状性・器質性精神障害(身体疾患に伴う精神障害)
  • 統合失調症
  • 認知症
  • 睡眠障害
  • 摂食障害
  • アルコールおよび薬物乱用、依存症
  • 広汎性発達障害・注意欠陥多動症候群

参考図書

  • カプラン臨床精神医学テキストDSM‐IV‐TR診断基準の臨床への展開
  • 現代臨床精神医学
  • 標準精神医学