三重大学大学院医学系研究科 臨床医学系講座 精神神経科学分野

精神障害の疾患概念は目覚ましい勢いで変わりつつあります。近年の社会背景の多様化に伴い、精神疾患の疾病構造も大きく変化し疾患概念の再分類に必要性に迫 られています。また、従来の症候学的診断学に基盤をおいていた精神医学は、神経科学・分子生物学の進歩によって、物質論的病因論を視野に入れた疾病概念の再認識が進みつつあります。この歴史的転機・飛躍的な進歩を遂げつつある精神医学は、臨床精神医学と実験医学を両輪とした知識・経験・技術に精通した、精神医学者によって、はじめて飛躍的進展が可能となります。この大きな変化の時代に、三重大学大学院・医学系研究科・医科学専攻・臨床医学系講座・精神病態学分野では、より充実した教育・研修・診療体制を基盤とした、地域に貢献できるメンタルヘルス向上に寄与し、国際的なオピニオンリーダとしての活動を目指しています。

学部教育では、三重大学は先駆的な教育カリキュラムを実践してきていますが、精神科実習ではチュター制を導入した、現役精神科医の本音と魅力を肌で感じる事が出来る、臨床実習(クリニカルクラークシップ)を重視したいと考えています。

卒後臨床研修では、個人の志向性を可能な限り臨床研修に反映できるよう、研修システムを整えています。特に、従来の各種精神障害への個人精神療法・薬物療法に加え、精神科デイケア・SST・絵画療法(コラージュ)・グループ精神療法など、国立大学法人の附属病院では屈指 の研修プログラム体制を整えています。教育スタッフには、精神科医師だけではなく、精神科チーム医療に不可欠な作業療法士、心理師、精神科ソーシャルワー カー等のスタッフも地域精神病院の協力を得て、研修プログラムの重要なスタッフとして参加して頂いています。さらに特定機能病院内の精神科病棟を有する精神科として、緩和医療を含めたリエゾン精神医学の経験も得られる様に、多彩なラインナップを整えた研修カリキュラムを構築したと自負しています。

最後に、医療の基本は“共感”であり、病気で苦しんでいる人に、たとえ微力でも現有の知識・技術を駆使し苦痛の軽減に努め、この無力感に苛まれた診療の連続に対して、諦めることなく疾患の根治的・予防的治療の開発に挑戦していきたいと、私は考えています。