三重大学大学院医学系研究科 臨床医学系講座 精神神経科学分野
1.研修理念
将来の専門性によらず、医学・医療に対する社会的ニーズに応えつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に対して、社会・心理的側面に配慮して適切に対応できるよう、プライマリーケアーの基本的な診療能力(態度、技能、知識)を修得するとともに、医師としての人格を養う
2. 経験・修得すべき事項
2-1 一般的な目標

プライマリー・ケアに求められる、精神症状の診断と治療技術を身につける

身体疾患を有する患者の精神症状の評価と治療技術を身につける
医療コミュニケーション技術を身につける
チーム医療に必要な技術を身につける
精神科リハビリテーションや地域支援体制を経験する
2-2 頻度の高い症状・疾患を経験する(II-B-1, II-B-2)

不眠、けいれん発作、不安・抑うつ、意識障害、精神科領域の救急

2-3 緊急を要する症状・病態を経験する

急性幻覚妄想状態、自殺企図、意識障害、アルコール離脱、全身強直間代発作、悪性症候群、水中毒など

2-4 経験することが望まれる疾患(II-B-3)

症状精神病(せん妄)、認知症(血管性認知症を含む)、アルコール依存症、気分障害(うつ病、躁うつ病)、不安障害、統合失調症、身体表現性障害、ストレス関連障害

3.精神科での研修概要

オリエンテーション(研修全般、入院、外来)

新患患者の予診をとり陪席する。その日の初診外来患者(本院精神科新患は一日平均2名)の診察・診断・治療に従事する
2週目以降、再来患者では治療の評価を行う
他科の依頼に応じて、入院患者に対するリエゾン精神科診療に従事する
チーム医療への参加
コメディカルスタッフ(薬剤師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、医療福祉ケースワーカー、管理栄養士等)と協力し治療(チーム医療)に当たる
作業療法等リハビリテーション活動を体験する
病棟レクレーション活動及び行事に参加する
ケースカンファレンス、スタッフミーティングに参加し、チーム医療の基礎を修得する
4.協力病院における研修
こころの医療センターや国立病院機構榊原病院においては必修項目の精神保健福祉センター、精神病院などの精神保健・医療の現場の経験、およびA疾患(認知症(血管性認知症を含む)、うつ病、統合失調症)の経験を中心に実習を行なう。
5.講義(案)
週2回程度、午前又は午後1時間の講義(またはビデオ教材)を受ける。

精神医療概論:外来、入院治療を経て社会復帰に至る精神科医療の特徴を修得する

心理面接法:初回面接、支持的精神療法等、精神療法の基礎を修得する
臨床精神薬理:向精神薬(抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬等)の作用・副作用・使用法について修得する
心理検査:種類、意義、判読について修得する
脳波検査:脳波記録法、判読について修得する
精神保健福祉法他:精神保健福祉法を中心に法と精神医療について修得する
精神障害者福祉と社会復帰活動:社会復帰施設の種類、地域支援の方法について概要を修得する
6.参考資料:到達目標達成度評価項目より

A疾患(認知症(血管性認知症を含む)、うつ病、統合失調症)については入院患者を受け持ち、診断、検査、治療方針について症例レポートを提出する

B疾患(身体表現性障害)については外来患者OR入院患者を自ら経験する
必修項目:精神保健福祉センター、精神病院などの精神保健・医療の現場を経験すること