1. HOME
  2. ごあいさつ

ごあいさつ

ようこそ
三重大学第一内科消化器グループの世界へ

第1内科消化器グループは伝統ある第1内科の諸先生方に暖かく育てられここまで成長して参りました。臨床のみならず研究にも大変情熱をそそぎ、各人が医師人生を充実させ満足できるよう皆で力をあわせています。家庭的な雰囲気のグループで多くの女性も参加しており、満足していただけることと思っています。

第1内科のモットーとして、私たちは人材の育成と真理の探究を重視しています。優れた臨床医を教育、育成するためには、先輩から後輩への医療技術の伝承のみならず、臨床医としての心構え、あるべき姿などの精神的教育を通じ人間性豊かな医師が重要であると思われます。また、医師はすぐれた科学者であるべきであるという観点から、臨床研究や基礎研究を通じて医学の真理の探究にも力を注ぐべきであると考えます。

そこで、私たちは、後期研修を中心に内科医師研修体制を大幅に見直しました。内科医として、必要な臨床能力をしっかりと身につけて頂くことが最大の目標です。また、個々の医師の価値観の多様化の時代にできるだけ則した研修を可能にします。そのために、単一病院の単科だけでなく県下の基幹病院で内科学全般を幅広く研修していただくようにします。もちろん、その上で消化器内科専門分野の研修に専念していただけます。また、研修病院は県外一流施設も対応します。この幅広い内科研修にて内科学の奥深さ、醍醐味を知ることができます。従来の医局制度にしばられた研修制度を打破し、各先生の意向を尊重したうえで、奥の深い内科学を十分に堪能していただきます。

さらに、医師としてのキャリアを充実させるため、県下を中心とした第1内科医師が公私にわたり全面的な指導をします。第1内科はこれまでに多数の医師を輩出し、三重県下を中心に活躍しています。特に、三重県MMC基幹病院では内科の中心的な役割をしている先生が多数います。これらの先生が10年20年の未来にわたり君たちを仲間としてサポートします。第1内科消化器グループは、若い医師たちの将来の医療活動においてすばらしい財産となることでしょう。

 
 

研修医のみなさん、見学・実習歓迎しますよ!

 
 

ページ先頭へ戻る