]
  1. HOME
  2. 後期研修

後期研修

後期研修プログラム(MMC第一内科後期研修)

将来を見据えた選択を

総合内科専門医・消化器専門医・肝臓専門医・消化器内視鏡専門医 取得を目指して

これまでの制度の欠点を克服します。

これまでの入局制度では大学卒業後すぐに医局に所属して大学で研修後、各地の関連病院で研鑽を積むことが常識であり、これまであまり誰も疑問を持つことはなかったのですが、雑務が多い、希望の病院で研修できない、症例が偏る等の欠点がありました。

そこで、我々の教室ではこれまでの入局制度、医局制度の問題点を改善し、消化器内科医を目指す若い先生方によりよい研修を受けていただけるようにMMC後期研修プログラムを作成しました。
このプログラムでは入局、非入局に関係なく、関連病院で我々の同門の医師が責任を持って指導し、消化器内科学だけではなく、循環器内科学、腎臓内科学、総合内科学の研修を受けることが可能です。また、各関連施設で消化器病学会、肝臓学会、消化器内視鏡専門医の取得が可能です。このプログラムにより消化器内科医をベースとした優れた総合内科医を育成できると考えています。

ほかにも基幹病院の一つである三重県立総合医療センターに連携大学院を設置し、同病院で勤務しながら博士号の取得が可能となるシステムができ、既に稼働を始めています。この制度は三重県で医師として働きたいが、大学の敷居が高いと感じている方、臨床医として研鑽をつみたいが、学位取得も希望される方に対応できます。

将来を見据えた指導を約束します。

医師という職業を続けていていちばんうれしいのは担当する患者様が元気になられることですが、同じくらい喜ばしいのは自分たちが指導した若い先生方がどんどん成長していく姿を目の当たりにすることです。それは私たちを指導して頂いた先輩方も同様に感じられていたと思います。
研修時代はつらいことも多いと思いますが、医師になって最初の数年間は将来を決定づける非常に重要な期間になります。この時期に過ごした仲間や時に厳しく指導していただいた恩師の存在はとても大きく、一生の宝となることと思います。
ひとりでも多くの志をもった若い先生方が当科で研修をされ、将来に羽ばたかれることを願ってやみません。

研修のご案内 〜第一内科・研修医・医学生のみなさんへ〜

大学院生募集

大学院生募集中イラスト

我々は大学院生を募集しております。基礎研究ではその成果が常に臨床にフィードバックされるトランスレーショナルリサーチを重視しています。また、臨床研究では、特に消化器癌の予防と治療に関する研究および、生活習慣病に関連した研究に重点をおいています。
研究の遂行に必要な研究情報の収集および研究手技の習得や、国内内外への留学を積極的に支援しています。
また、診療研修を併行して行い、大学院在籍中に各種専門医の資格を取得できます。三重大学連携大学院病態解析内科学では特に臨床研究を中心に行っています。
ほとんどの医師が専門医を取得する中で、医学博士の再評価がなされており、医師の実力の客観評価においても、ますます重要になっていくものと思われます。
大学院修了後は、関連病院での勤務あるいは大学病院にて研究および臨床の継続、さらなる研究の発展のため国内外への留学を行うことができます。

お問い合わせ先
三重大学大学院医学系研究科 第一内科 
担当:山本 憲彦(消化器内科病棟医長) 杉本 和史
 
 

医局員・大学院生募集

 
 

ページ先頭へ戻る