浦城 聡子

浦城 聡子 Satoko Uraki

消化器肝臓内科

愛媛県伊予市生まれ。小学校から高校卒業までは三重で過ごす。高校卒業後、若干の迷走?モラトリアム?期間を経て、再び四国へ。平成11年愛媛大学医学部入学。大学卒業後は三重に戻り、平成17年より三重県立総合医療センターで初期研修を行う。

消化器内科を目指すようになり、縁あって第一内科に入局。平成21年には大学院に入学し、大学病院の病棟勤務を経て、現在は研究棟にてひっそり生息中。
専門と公言できるほどのものはありませんが、地域医療や外来での不全の管理にやりがいを感じています。料理を趣味にしたいと思いつつ、便利鍋と面白いほどよく切れるという包丁を買っただけで満足してしまいました。そろそろ実践に移りたいと思っています。