HOME > 教室紹介

教室紹介

三重大学医学部泌尿器科学教室の始まりは、昭和19年(1944)3月15日 三重県立医学専門学校が設置され、津市立病院が三重県立医学専門学校附属病院となり、初代皮膚泌尿器科学教授として矢野 登が就任。

昭和23年(1948)2月20日 三重県立医学専門学校が三重県立医科大学に移管され、矢野 登教授が三重県立医科大学皮膚泌尿器科学教授に就任。

昭和30年(1955)8月に皮膚科、泌尿器科分離の前提として京都大学泌尿器科講師・多田 茂が泌尿器科助教授として着任。

昭和37年(1962)7月16日に皮膚科、泌尿器科が完全分離し独立講座となった。矢野 登皮膚泌尿器科学教授が初代泌尿器科学教授となり泌尿器科学教室独自の歴史が始まった。

昭和43年(1968)3月1日 多田 茂助教授が三重県立大学泌尿器科学教室の第2代教授に昇任。

昭和48年(1973)10月1日 三重大学医学部附属病院が設置され、三重県立大学医学部附属病院が国立移管される。

昭和60年(1985)9月1日 第3代教授として、京都大学医学部泌尿器科学助教授・川村壽一が就任。

平成13年(2001) 10月1日 第4代教授に、愛知県がんセンター泌尿器科初代部長・杉村芳樹が就任。

平成16年(2004) 2月1日 附属病院の診療料・診療部を臓器別に改組。
「泌尿器科」から「腎泌尿器外科」と改名される。

平成16年(2004) 4月1日 三重大学が独立法人化され、「国立大学法人 三重大学」となる。

平成17年(2005) 4月1日 三重大学大学院医学系研究科が部局化され、「三重大学大学院医学系研究科 病態修復医学講座 腎泌尿器外科学分野」となり現在に至る。

ページトップへ戻る