HOME > からだに優しい低侵襲治療 > 腹腔鏡下手術・腹腔鏡下小切開手術

からだに優しい低侵襲治療


腹腔鏡下手術について

従来の手術は、皮膚を大きく切開し臓器を外部に露出させて行う開放手術が主流でしたので、手術後の痛みも強く、体の回復も遅くなっていました。また、美容上からも、大きな傷は目立ちました。腹腔鏡下手術とは、腹壁を大きく切開せずに、1cm程度の小孔を腹部に数カ所作り、術者の手の代わりに鉗子(かんし)や超音波駆動メスなどの柄の長い手術器具を使って、同様に小孔から挿入した腹腔鏡と呼ばれるカメラのビデオモニターを見ながら行う手術です。術者の視野と作業空間を確保するために、腹部の胃や腸が入っているスペースである腹腔内や、その後ろの腎臓や副腎などが入っている後腹膜腔に炭酸ガスを注入してふくらませます。腹腔鏡下手術は、1980年代後半に欧米で腹腔鏡下胆嚢摘出術が行われてから普及してきており、泌尿器科領域においても、副腎腫瘍に対する腹腔鏡下副腎摘出術、腎がんや萎縮腎などに対する腹腔鏡下腎摘出術、前立腺がんに対する腹腔鏡下前立腺摘出術などが保険適応となっています。
従来の開腹手術に比べて腹腔鏡下手術は、おなかを切る傷が小さく、筋肉や神経の損傷も少ないために、手術後の傷の痛みが軽く、鎮痛剤の使用頻度も随分と減りました。また、腹腔鏡下手術では、手術中に胃や腸が直接空気に触れる時間が非常に短いので、手術後早期に腸の動きが回復するため、早くから食事を開始することができ、早期の退院が可能となり、仕事への復帰も早くなっています。

腎がん手術画像
ビデオモニターを見ながら、腎がんに対する腹腔鏡下腎摘出術を行っているところです。

腹腔鏡下小切開手術について

泌尿器科領域手術の低侵襲への取り組みとして、腹腔鏡下手術と紛らわしい名前ですが、皮膚を小さく切開して行う開放手術の腹腔鏡下小切開手術(ミニマム創手術)という術式が保険適応となっています。
当院では、腹腔鏡下小切開手術を2006年11月より先進医療として開始し、2008年4月より認定施設の認可を受けています。前立腺全摘術においても、ロボット支援手術の適応がない場合には、5-8cmの切開創にて腹腔鏡下小切開手術行っており、従来の開放手術より術後の疼痛の軽減が期待できます。

ページトップへ戻る