HOME > からだに優しい低侵襲治療 > ヨウ素125密封小線源永久挿入療法(ブラキセラピー)

からだに優しい低侵襲治療


ヨウ素125密封小線源永久挿入療法(ブラキセラピー)

早期前立腺がんに対する密封小線源永久挿入療法(ブラキセラピー)は米国では15年以上にわたって行われている一般的な治療法のひとつで年間50,000人以上の患者さんがこの治療を受けています。日本では法律的な問題により遅れましたが、ようやく2003年認可にいたりました。現在では、年間に2,000人以上の前立腺がんの患者さんが、この密封小線源永久刺入療法により治療されています。比較的侵襲が少なく、安全で有効な治療法であり、治療効果も前立腺全摘手術とほぼ同等と考えられています。
ブラキセラピーとは非常に弱い放射線を出す小さな線源(下図左)を、前立腺内に40-100個ほど挿入して行う放射線療法です。前立腺がんではヨウ素125(I125)を封入したシード線源を前立腺に永久的に挿入します(下図右)。

ヨウ素125密封小線源永久挿入療法(ブラキセラピー)

治療の特徴

  1. 放射線障害がおこりにくい
  2. 安定した照射野が得られる
  3. 性機能が維持されやすく、尿失禁は起こりにくい
  4. 体への負担が少なく、入院・治療期間が短い(3泊4日)

治療の欠点

  1. 放射線障害(直腸、膀胱、尿道への影響)
  2. 治療効果の限界(がんの発生部位によっては放射線が届きづらい部位がある)
  3. 治療時の侵襲(出血や感染、排尿困難など)
  4. 治療適応の制限
    PSA値やグリソンスコア(がん組織の悪性度)、がんの広がり具合によっては、ブラキセラピー単独では効果が不十分で、外照射を併用する必要があります。

治療方法

治療方法

腰から下の麻酔あるいは全身麻酔下に、上図のように経直腸エコーで前立腺を観察しながら、会陰部からシード線源を挿入します。

ブラキセラピーを希望される患者さまへ

ブラキセラピーが適切な治療法であるか否かは、実際に患者様を診察し、前立腺を観察してからでないと決めることができません。実際に前立腺の形などを観察してブラキセラピーが適切でないと判断した場合は、他の治療法を勧めさせていただくこともございますので、ご了承ください。

初診に準備していただくもの(他施設で生検を受けられた場合)

  1. 紹介状(PSA値、病期分類、病理結果、現在までの経過、既往歴など))
  2. CT、MRI、骨シンチグラムなどの画像と診断結果)
  3. 前立腺生検の病理標本(プレパラート)と診断結果
  4. お薬手帳(現在内服されているすべての薬を教えてください)

線源挿入後の注意

体に埋め込んだ I 125シード線源は放射線を出しますが、ほとんどは前立腺に吸収されてしまいます。あなたのからだ自体が放射能を持つわけではないので、尿、便、汁、唾液などの分泌物には放射能は一切ありません。普段どおりに人々と接することができます。周囲の方へ与える放射線量は、人が自然に受けている放射線量よりも低いことがわかっています。しかし、一定の期間は周囲の方への配慮は必要です。
妊娠されている方と同室にいることは問題ありませんが、隣に長く座ることはしばらく避けて下さい。米国では治療後2~3ヶ月間は180cm以上妊婦より離れていることが推奨されています。小さなお子さんと同室で遊ぶことは問題ありませんが、ひざの上に長く乗せることはしばらく避けて下さい。治療後2ヶ月過ぎれば線源の放射能は半減しており、1年たてば周囲への影響を気にする必要はなくなります。
ごく稀なことですが,排尿時に線源が排泄されることがあります。1個の線源から出る放射線は微量であり、実際には問題を生じませんが線源を拾えるようならスプーンなどですくい、専用の容器(退院時に渡されます)に入れ、子供の手の届かないところに置いて下さい。その後、あわてず担当医にご連絡下さい。
治療後1年間は「治療カード」を携帯して下さい。また、その間に何らかの手術が行われる場合には、手術を担当する医師から当院の担当医に連絡をするようお願いしてください。治療後1年以内に海外旅行をされる場合は予め担当医にご連絡ください。放射線探知を行っている空港では体内の放射能を検知され、通関できない場合があります。このため病院から発行した英文の治療証明書を持参していただいています。
治療後1年以内に何らかの原因で死亡された場合には、法律で前立腺を摘出することが義務付けられています。ご家族の方は担当医に必ずご連絡下さい。三重大学附属病院で治療を受けられた方は、必ず当院において解剖させていただくことになっております。この場合、病理解剖や搬送にかかる費用は原則として患者様負担となりますが、<日本における前立腺がんに対する I 125 密封小線源永久挿入療法に関する前向きコホート研究>にご協力いただいた方は搬送費用は無料になります。

ページトップへ戻る