HOME > 学生の皆様へ

学生の皆様へ

腎泌尿器科外科とは。<腎泌尿器外科領域の疾患とその診療について>

三重大学医学部腎泌尿器外科 教授 杉村芳樹

腎泌尿器科外科とは腎泌尿器外科(泌尿器科)は腎臓・膀胱などの尿路臓器、そして精巣や前立腺などの男性生殖臓器の疾患を扱います。腎腫瘍・腎移植などの腎臓外科手術、そして前立腺や膀胱の全摘術および腸管を利用する尿路変向術など全身管理を必要とするような重大な手術を担当する外科系診療科です。一方、泌尿器科には内科的な疾患も多く、脳梗塞や脊髄損傷などによる排尿障害(神経因性膀胱)、女性患者の尿失禁および頻尿(過活動膀胱)、腎結石・尿管結石などの尿路結石、透析療法や腹膜還流などの腎不全、膀胱炎・腎盂腎炎などの尿路感染症、停留精巣や腎・尿路奇形などの小児泌尿器科、男性不妊症などの良性疾患においても、専門外来を開設して最新の診療を行っております。

さて、現代社会はますます高齢化が進み、腫瘍疾患とくに前立腺肥大症や前立腺がんの患者様が急増しております。とくに前立腺がんは早期発見が重要な疾患ですので、三重県内でも血液中の前立腺特異抗原(PSA)の値を検査する、いわゆるPSA検診の啓発を進めております。また、泌尿器科尿路悪性腫瘍の治療法には多くの選択肢があります。患者さんには十分な説明と同意、いわゆるインフォームドコンセントをさせていただき、患者さんとご家族が最も納得できる治療法を選んでおります。とくに、高齢者の患者さんが多い泌尿器科では、出来る限り低侵襲な治療に取り組んでいます。例えば、腎および副腎腫瘍に対する腹腔鏡手術とともに、放射線科の協力を得てラジオ波やクライオを利用した穿刺焼却術によるアブレーション治療も試みております。また前立腺癌に対するロボット(ダビンチ)手術手術および小線源治療(ブラキ療法)、そして前立腺肥大症に対する最新鋭のレーザー蒸散術(PVP)など、先進的な低侵襲治療を提供しております。また、腎移植に関しては、ABO不適合生体腎移植にも積極的に取り組んでおります。

このように、泌尿器科医療の内科領域から外科領域まで守備範囲は広く、また高齢化の進展により、泌尿器科医のニーズは急増しております。泌尿器科医の魅力の一つは、疾患の診断から治療そして経過観察まで、一貫して患者さんと患者さんのご家族とのおつき合いが出来る事です。泌尿器科医には、患者さんへの優しい心、最新治療技術習得の挑戦心、そして泌尿器科疾患の克服にむけた最先端研究への研究心の3つの心が必要と私は思います。

泌尿器科は、患者さんを治療する喜びとやりがいに満ちあふれた診療科です。学生の皆さん、私たちと一緒に、この魅力ある将来性豊かな泌尿器科医を目指しませんか。

ページトップへ戻る