HOME > 腎泌尿器疾患のキーポイント > 腎盂がん・尿管がん

腎泌尿器疾患のキーポイント療

腎盂がん・尿管がん

腎臓で尿が作られると、その尿は腎盂と呼ばれる部分に流れ込みます。腎盂にできるがんを腎盂がんといいます。また、腎盂から膀胱へ尿が流れる管を尿管といいます。ここにできるがんを尿管がんと呼びます(図1)。

腎盂と尿管

腎盂がん・尿管がんの発生頻度は10万人あたり0.1人程度といわれており、比較的まれな疾患です。
症状としては肉眼的血尿が最も多く、血液が尿管などにつまると腰背部の疼痛、違和感などが生じることがあります。喫煙が主な原因といわれています。その他、特殊な染料に長期間さらされた場合や、抗がん剤(シクロフォスファミド)の使用により発生すると考えられています。
腎盂、尿管、膀胱は尿路上皮細胞(移行上皮細胞)で覆われています。腎盂、尿管、膀胱とそれぞれ名称はついていますが、そこに発生するがんはほとんどが尿路上皮がんです。そのため、腎盂がんが認められた症例には膀胱がんを合併していることが多く、腎盂尿管だけでなく、膀胱のいろいろな場所に多発、再発をすることが知られています。腎盂、尿管がんの治療後に膀胱内にがんが認められる(膀胱内再発)こともしばしば見受けられます。

診断

CT検査や排泄性腎盂尿管造影検査で腎盂内に腫瘍を認め、尿細胞診で悪性所見が認められることで診断されますが、それのみで確定診断されることがなかなか難しい疾患です。そこで膀胱から尿管、腎盂にカテーテルを挿入して造影検査を行う逆行性腎盂尿管造影検査や、直接腎盂内にファイバーを挿入する尿管鏡検査などを行って確定診断を行います。

治療

治療は進行の程度によって選択されます。
転移のない症例に対しては基本的に手術療法が第一選択となります。手術は腎臓、尿管、膀胱の一部分を摘出する腎尿管全摘除術、膀胱部分切除術が一般的です。尿管、膀胱の一部分まで摘出しなければいけない理由は、先ほど述べたとおり、腎盂、尿管、膀胱は尿路上皮細胞(移行上皮細胞)で覆われているため、尿管を残した場合、将来尿管がんが発生する可能性があるためです。腎機能が低下しており、腎臓を温存したいときなどで、尿管の一部分のみにがんがある場合は尿管部分切除術を行うこともあります。転移がなくても、局所でがんが進行している場合は、手術の前に抗がん剤を用いてがんを縮小させてから手術を行うこともあります。
診断時に転移を認めた場合は、抗がん剤を使用する全身化学療法が選択されます。最近ではジェムシタビンとシスプラチンの2剤を用いた治療が行われます。以前行われていた化学療法よりも副作用が少ない治療です。1コースを28日間として、1日目にジェムザールとシスプラチンを、8日目、15日目にジェムザールを投与します。この治療で効果が認められない場合は、タキソールとカルボプラチンを用いた治療を行うこともあります。

ページトップへ戻る