HOME > 腎泌尿器疾患のキーポイント > 尿路感染症について

腎泌尿器疾患のキーポイント療

尿路感染症について

尿路感染症(UTI;urinary tract infection) は尿路に感染を来たしている状態であり、尿路とは腎臓 尿管 膀胱 前立腺(男性)尿道をさします。
多くは逆行性感染であり解剖学的な理由から女性に多い(女性は尿道が短い)とされています。排尿習慣、結石や前立腺肥大症などによる尿路の閉塞、適切な排尿を妨げる膀胱の機能障害(神経疾患の場合 神経因性膀胱など)、膀胱尿管逆流現症 (VUR;vesicoureteral reflux) 、導尿カテーテルや器具の挿入、性交、腟と膀胱または腸管と膀胱の間に生じた異常な通路(瘻孔) など原因は様々です。

急性膀胱炎

主な症状は、頻尿 排尿痛 残尿感 尿混濁 血尿などで、検査では検尿沈渣で膿尿・細菌尿が見られます。排尿を我慢する習慣、性交、過労などが原因といわれています。 治療は抗生剤投与で、ニューキノロン系薬や経口セフェム系薬が主に用いられます。

急性腎盂腎炎

発熱 悪寒 腰背部の叩打痛などを生じ、検査では尿混濁に加え採血で白血球やCRPの上昇が見られます。治療は重症度によってもことなりますが、輸液・抗生剤の点滴投与が行われます。尿路の閉塞あればそれの解除・ドレナージが必要となります。

急性前立腺炎、精巣上体炎

男性では急性前立腺炎、精巣上体炎も発生します。
症状は発熱 悪寒 会陰部痛 排尿時痛 頻尿 排尿障害 尿閉などで、急性腎盂腎炎と同じく抗生剤の点滴投与が行われます。若年者の精巣上体炎は性感染症(STD:Sexually Transmitted Disease)であることが多いです。

尿道炎

淋菌性か非淋菌性かで分類されます。淋菌は潜伏期間3~7日と短く、発症・排尿痛が強いことが特徴ですが、非淋菌性尿道炎(クラミジア感染)では潜伏期間が1~3週と長く、発症・排尿痛が軽度です。
治療に用いられる薬は各々異なりますので、適切な診察・治療が肝要です。

ページトップへ戻る