1. 看護学科TOP
  2. 入試情報
  3. アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

このような人を育てます

医学部における教育に関する方針は、「医療に求められる使命感、倫理観、臨床判断力・実践力と医学・看護学研究を推進する創造的研究力を培い、人類の健康と福祉に貢献する医療人を育成する」ことです。 看護学科では、人間の誕生から死に至るまでの、様々な健康状態にある人達の健康と生活の質の向上にむけた支援ができるよう、Heart(こころ)・Head(専門知識)・Hand(専門技術)を伸ばす教育を通して、広く保健・医療に携わる看護職者を育成します。そして、倫理観と責任感を備え、協調性のある豊かな人間性と国際的感覚をもち、地域医療・保健に貢献できる看護職者の育成に努めます。

このような人を求めます

看護学科では、特に以下の人を求めます。

  • 看護職者を目指すために必要な基礎学力を備え、論理的に物事を考えられる人。
  • 人の健康に関心が強く、看護の分野で社会に貢献する意志をもっている人。
  • 探求心と自立心をもって、主体的・協働的に課題に取り組める人。
  • 相手の立場を理解し、柔軟に物事を考え、表現できる人。
  • 国際的な視野を持ち、地域の医療・保健の向上に貢献することを希望する人。

入学者選抜方針

一般選抜前期日程

看護学科では、総合的基礎学力を重視し、目的意識を向上させ実現できる力を総合的に評価するために、大学入学共通テストと個別学力検査(数学、国語、英語、面接、ただし数学と国語は選択)を実施します。

一般選抜後期日程

看護学科では、総合的基礎学力と、人間・環境・健康などへの洞察力、論理性、表現力を評価するために、大学入学共通テストと個別学力検査(小論文、面接)を実施します。

学校推薦型選抜(大学入学共通テストを課す)

看護学科では、看護学の授業や実習での体験を総合的に学び活かせる基礎学力の程度を評価するために大学入学共通テストを課し、さらに看護職への強い関心・意欲、探求心、社会貢献への希望など、看護への適性を判断するために面接を実施します。

社会人特別入試

看護学科では、社会人としての経験や識見、看護を学ぶ目的と強い熱意、基礎学力や国際的なコミュニケーション能力などを評価するために、小論文、英語、面接を実施し、アドミッション・ポリシーにある看護職者としての適性について総合的に評価します。

3年次編入学

看護学科では,看護に関する学科又は課程においての基礎学力,看護者としての経験からの学びや実践能力,学位取得への意欲など,アドミッション・ポリシーに沿って総合的に評価するために専門科目,英語,面接を実施します。

三重大学大学院医学系研究科・医学部の全体のアドミッションポリシー
医学系研究科・医学部総合ページのアドミッションポリシーへ 別ウインドウで表示
三重大学が求める学生像・アドミッションポリシーはこちら
https://www.mie-u.ac.jp/profile/policy/ 別ウインドウで表示