1. 大学院TOP
  2. 学生生活
  3. ノートパソコン必携化

学生なんでも相談室

本学では平成30年度に入学する学部学生から、個人用のノートパソコンを必携とすることになりました。
学部入学生のノートパソコンの必携化について(2021年3月版)

このページでは、医学部 医学科/看護学科 におけるノートPCの条件について記載いたします。
十分なスペックのノートPCをすでにお持ちの場合は、新規購入は必須ではありません。
一方、お持ちでない場合は、下記を参考に入学時までに購入をお願いいたします。

医学部 医学科ノートPC推奨スペック

医学部 医学科/看護学科 ノートPC必要スペック

下記の仕様を参考にノートパソコンを準備、または購入してください。
基本スペックは最小限満たすべき仕様を、推奨スペックは満たしていると望ましい仕様を示します。

基本スペック 推奨スペック
形状

ハードウェアキーボードを備え*1、持ち運びが容易であること。

ディスプレイサイズ 指定なし 11〜14インチ
本体重量

キーボード含め、目安として1.5kg以下

携帯性を重視する場合はキーボード含め 1.2 kg程度以下
OS Windows 10 または macOS Big Sur*2
CPU Microsoft Office 2019とコンピュータウイルス対策ソフトが快適に動作すること※3 Office 2019、Zoom、インターネットブラウザを同時に使用しても快適に動作する
メモリ 4GB以上 8GB以上
ストレージ 120GB以上のSSD※4 240GB以上のSSD
無線LAN IEEE802.11a に対応 IEEE802.11a/g/n/ac に対応
カメラ・マイク 内蔵もしくは外付タイプが必要。ヘッドセット(マイク付きヘッドホン)の購入を推奨
光学ドライブ 必須ではない
マウス - タッチパネル、タッチパッド以外にマウスも用意
バッテリ駆動時間 カタログ値で8時間以上

※1 キーボードを着脱できる機種(いわゆる2-in-1)を含む。

※2 授業は基本的にWindowsを基準に行うため、Macを利用する場合はWindowsとの差異に自己で対応できること。不安がある場合はWindowsを推奨する。

※3 Windowsのコンピュータウイルス対策ソフトはOS標準のWindows Defenderも可

※4 HDDを禁止するものではないが、SSDは高速かつ耐振動性に優れているため強く推奨。

Mac の利用について

授業は基本的に Windows を前提として行います。
Macを利用する場合は Windows との差異に自分自身で対応してください。
不安がある場合は Windows の機種を推奨します。

(なお、本学では Windows のライセンスが利用可能です。 Boot Camp の設定ができる学生であれば Mac を Windows 機として利用することも可能ですが、自身で理解して設定する必要があります。)

ソフトウェアについて

本学ではMicrosoft 社との包括ライセンス契約により、在学中は無料でMicrosoft Office 365(Word, Excel, PowerPointおよびクラウドサービスなど)が利用可能です。したがって、Office 付きのノートパソコンやOffice ライセンスをご用意いただく必要はありません。
コンピュータウイルス対策ソフトは、Windows に標準で付属している Windows Defender でも良いですし、市販のものでも結構です。

他に授業で学生全員が必要となるソフトウェアは、基本的にライセンスが提供されたり、無料で利用可能となっているため、入学時点で購入が必須なものはありません。
授業で利用する可能性があるソフトの例を下記に挙げます。
これらのソフトウェアは購入不要ですが、パソコンのスペック検討時の参考になるかもしれません。

  • Microsoft Office 365
  • R および R Studio
  • IBM SPSS
  • SAS

保証と利用期間について

ノートパソコンは授業に持参していただく必要がありますので持ち運びが多くなります。
通常、パソコンのメーカー保証では落下などによる修理は保障されませんので、販売店で保証を追加していただけるとより安心です。

ただし、必ずしも卒業まで通して同じパソコンを利用しなければならない訳ではありません。
故障した際に買い替えが可能であれば、それで問題ありません。

特に医学科では6年間の課程があります。
販売店によって6年保証が可能な場合もありますが、そこまで長期は無い場合も多いですし、一般的なパソコンはそのような長期利用を前提に作られていないことが多いです。

そのためどちらかというと、高価な機種で卒業まで利用するというよりは、途中で買い替える前提で検討していただいた方が良いと考えられます。

 

生協PC

既にノートPCがあったり、自身でPCを選定できればそれで良いのですが、あらかじめ推奨スペックを考慮されたPCを生協から購入することもできます。
また、大学で提供される Microsoft Office 2019 がインストール済みであることや、生協でのサポートを受けられるなど、初心者でも使いやすいようになっています。

大学生協の案内ページ
https://www.univcoop-tokai.jp/mucoop/fresh/fresh_145.html