1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 看護学専攻博士後期課程/母子看護学分野

講座・研究分野

看護学専攻博士後期課程

母子看護学分野

Maternal and Child Health Nursing
  • TEL

    059-231-5270 (仁尾)
    059-231-5097 (安積)

  • FAX

    -

  • URL

    -

  • Email

母子看護学分野

 母子看護学分野は、母子や家族の健康に関する問題への対応を探究・実践していく分野です。次世代育成の連続性を視野に入れた健康教育支援方法の開発、助産力・予測診断の開発をめざした教育支援方法の探究、慢性疾患や障害をもつ子どもと家族に関する子ども・家族を主体としたケア、長期フォローアップや看護師教育システムの構築などを通して、母子や家族の健康課題の解決に向けて実践的看護ケアの構築につながる教育;研究を目指します。

  • 教 授

    安積 陽子

  • 教 授

    松岡 真里

  • 担当科目

    母子看護学特論・母子間語学演習
    後期看護学特別研究・看護学研究方法論

研究・教育内容

 俯瞰的視野での思考力を形成するための学術的知見を踏まえ、現代家族の変容を視野に入れ、母子や家族の健康課題の解決にむけて実践的看護ケアの構築につながる方法を探究します。そして、母子保健、小児保健に関する取り組むべき研究課題や研究方法を検討し、ヘルスプロモーションやりプロダクティブヘルスの視点から母子生涯健康支援のための研究過程を進めます。

 女性の健康と生涯発達、母子相互作用や母性・父性育成に関する健康課題を、時間生物学の理論を基に包括的に捉え、女性やその家族の健康増進に関する研究について指導します。(安積陽子)

 現在の子どもや子育て世代を取り巻く状況、成長発達、親子関係論等を基盤に、子どもそして家族が主体となるケアについて学習・探究します。中でも医療的ケアが必要となる重い障害や先天性疾患、小児がんなど慢性疾患や小児緩和ケアの対象となる子どもと家族の成長発達やQOLの向上につながる看護の探究に主体的に取り組める実践的な研究者の育成に努めます。(松岡真里)

研究業績

  1. Daytime nap and nighttime breastfeeding are associated with toddlers' nighttime sleep. Nakagawa M, Ohota H, Shimabukuro R, Asaka Y, Nakazawa T, Oishi Y, Hirata M, Ando A, Ikeda T, Yoshimura Y, Mitani Y, Kaneshi Y, Morioka K, Fukutomi R, Kobayashi K, Ozawa M, Takeshima M, Mishima K, Kikuchi M, Cho K, Yoda H, Kusakawa I. Sci Rep. 2021 Feb 4;11(1):3028.
    doi: 10.1038/s41598-021-81970-6.
  2. Nipple Skin Trauma in Breastfeeding Women During Postpartum Week One. Nakamura M, Asaka Y, Ogawa T, Yorozu Y. Breastfeed Med. 2018 Sep;13(7):479-484.
    doi: 10.1089/bfm.2017.0217.
  3. Perception gap in health-related quality of life between young adult survivors of childhood cancer and their family. Morino T, Shinohara Y, Niu Q, Shimomura K, Tabata A, Hanai A, Ogawa M, Kato T, Tanimukai H, Tsuboyama T, Matsuoka M, Adachi S, Aoyama T.(2021). J adolesc Young Adult Oncol, Dec;10(6):735-739. doi: 10.1089/jayao.2020.0232.
  4. Parents’ thought and perceptions on hearing that their child has incurable cancer. Matsuoka M & Narama M. (2012). J Palliat Med, Mar;15(3):340-6. doi: 10.1089/jpm.2011.0410.
  5. 『子どもと家族を主体としたケア』に関する看護師の認識の特徴—医療的ケアを必要とする子どもの在宅ケアを検討してから家庭で生活する時期に焦点を当てて—.
    Author:松岡真里,上原章江,茂本咲子,大須賀美智,花井文,橋本ゆかり,奈良間美保.
    Source:日本小児看護学会誌, 25巻3号 Page25-31(2016.11)
  6. がん患者入院病棟の環境のClostridium difficileによる汚染
    Author:村端 真由美, 加藤 はる, 笈西 一樹, 矢野 久子
    Source: 日本環境感染学会誌 30巻1号 Page22-28(2015.01)
  7. Reliability and validity of the Japanese version of the Paediatric Pain Profile for children with severe motor and intellectual disabilities. Okita M, Nio K, Murata H, Iwamoto S. (2020). Plos One, Dec 22;15(12):e0243566. doi: 10.1371/journal.pone.0243566. eCollection 2020.1