1. 大学院・医学部総合TOP
  2. 組織・研究
  3. 講座・研究分野
  4. 臨床医学系講座/放射線医学

講座・研究分野

臨床医学系講座

放射線医学

Radiology
  • TEL

    059-231-5029

  • FAX

    059-232-8066

放射線医学

CTやMRI、核医学などによる画像診断学の発展は目覚ましく、医療における放射線医学の重要性がますます高まっています。本講座は、最先端の画像診断技術を用いて虚血性心疾患やがんなどの病態解明に取り組んでいます。また画像誘導下でがんや血管病変を治療するインターベンショナルラジオロジー(lVR)の領域や、強度変調放射線治療などの高精度放射線治療に関する領域においてもアクティブな研究を行っています。

  • 教 授

    佐久間肇

  • 准教授

    市川泰崇

  • 准教授

    石田正樹

  • 講 師

    永田幹紀

  • 講 師

    高田彰憲

  • 学部担当科目

    放射線医学

  • 附属病院診療科

    放射線科

  • 居 室

    病態医科学研究棟 6階

研究・教育内容

 放射線診断学の領域では、MRIやマルチスライスCTを用いた心臓・冠動脈の最先端の画像診断に関する研究を活発に行っており、三重大学はアジアにおける心臓MRIに関する教育・研究活動の拠点となっています。また3テスラMRI装置や拡散強調画像による中枢神経疾患の診断に関する研究も精力的に行っています。核医学の領域に関しては、当大学には医療用サイクロトロンが設置されており、15Oや18Fなどのポジトロン放出核種で標識された薬剤合成が可能で、組織血流量や種々の代謝量に関する機能イメージングの研究に取り組んでいます。
 IVRは血管系と非血管系に分類されますが、いずれの領域に関しても最先端の研究を行っています。血管系IVRでは大動脈ステントグラフトの分野で高い治療成績をあげています。また、がんに対する非血管系IVR研究グループは肝細胞癌、肺癌、腎癌、骨腫瘍に対するラジオ波凝固療法(RFA)の分野で世界をリードする存在として注目されています。
 放射線治療ではIMRTや定位放射線治療などの高精度放射線治療を積極的に行っており、従来の根治治療だけでなく骨転移などの緩和医療にも高精度放射線治療を適用する治療開発を行っています。密封小線源治療では、子宮頸癌に対するハイブリッド照射や気管支腔内照射で国内をリードする研究を行っています。

  • 画像1
    心筋パーフュージョンの3次元的CT評価
  • 画像2
    食道癌に対する高精度放射線外部照射のための治療計画用画像
  • 画像1
    大動脈ステントグラフト治療中の血管造影室の様子
  • 画像2
    国際学会にて院生がポスター発表中
  • 画像1
    アジア心臓血管画像学会(ASCI)年次総会を当教室が開催(2017年, 京都)

研究業績

  1. Prognostic Value of Cardiac CT Delayed Enhancement Imaging in Patients With Suspected Coronary Artery Disease.
    Goto Y, Kitagawa K, Nakamura S, Takafuji M, Nakamori S, Nagasawa N, Kurita T, Dohi K, Sakuma H.JACC Cardiovasc Imaging. 2021 Apr 7:S1936-878X(21)00185-6.
  2. Evaluation of cortical superficial siderosis in patients with cognitive dysfunction using 3D FLAIR and 3D DIR.
    Umino M, Maeda M, Kogue R, Nakamura S, Ii Y, Tomimoto H, Sakuma H.Eur Radiol. 2021 Feb 25.
  3. Parallel Placement of Excluder Legs to Treat Abdominal Aortic Aneurysms with Aortoiliac Occlusive Lesion.
    Kato H, Kato N, Nakajima K, Higashigawa T, Ouchi T, Chino S, Tokui T, Sakuma H.Ann Vasc Dis. 2020 Sep 25;13(3):319-321.
  4. Early alteration in apparent diffusion coefficient and tumor volume in cervical cancer treated with chemoradiotherapy or radiotherapy: Incremental prognostic value over pretreatment assessments.
    Watanabe Y, Nakamura S, Ichikawa Y, Ii N, Kawamura T, Kondo E, Ikeda T, Nomoto Y, Sakuma H.Radiother Oncol. 2021 Feb;155:3-9.
  5. Feasibility of extracellular volume fraction calculation using myocardial CT delayed enhancement with low contrast media administration.
    Takafuji M, Kitagawa K, Nakamura S, Hamdy A, Goto Y, Ishida M, Sakuma H.J Cardiovasc Comput Tomogr. 2020 Nov-Dec;14(6):524-528.
  6. Prognostic Value of Stress Dynamic Computed Tomography Perfusion With Computed Tomography Delayed Enhancement.
    Nakamura S, Kitagawa K, Goto Y, Takafuji M, Nakamori S, Kurita T, Dohi K, Sakuma H.JACC Cardiovasc Imaging. 2020 Aug;13(8):1721-1734.
  7. Evaluation of a high-signal lesion posterior to the intracranial vertebral artery using 3D balanced fast-field echo imaging.
    Kogue R, Maeda M, Umino M, Tsuchiya K, Sakuma H.Neuroradiology. 2019 Oct;61(10):1199-1202.
  8. Perfusion CT to Assess Response to Neoadjuvant Chemotherapy and Radiation Therapy in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma: Initial Experience.
    Hamdy A, Ichikawa Y, Toyomasu Y, Nagata M, Nagasawa N, Nomoto Y, Sami H, Sakuma H.Radiology. 2019 Sep;292(3):628-635.
  9. Thoracic endovascular aortic repair for retrograde type A aortic dissection.
    Higashigawa T, Kato N, Nakajima K, Chino S, Hashimoto T, Ouchi T, Tokui T, Maze Y, Mizumoto T, Teranishi S, Yamamto N, Ito H, Sakuma H.J Vasc Surg. 2019 Jun;69(6):1685-1693.
  10. Long-term follow-up of intensive chemotherapy followed by reduced-dose and reduced-field irradiation for intracranial germ cell tumor.
    Takada A, Ii N, Hirayama M, Toyoda H, Matsubara T, Toyomasu Y, Kawamura T, Daimon T, Sakuma H, Nomoto Y.J Neurosurg Pediatr. 2018 Nov 23;23(3):317-324.