本文へスキップ

自閉症、ASD等の発達障害解明の研究を行っています。

乳幼児突然死症候群(SIDS)

SIDSはその名のとおりそれまで元気であった乳幼児(主に生後2ヶ月から6ヶ月の乳児)が突然死する原因不明の病気です。うつぶせ寝や受動喫煙などが発症リスクを高くするなどといわれています。原因は不明です。神経伝達物質セロトニンがその発症に関わっているとされてきましたが詳細は不明のままでした。

わたしたちの遺伝的因子の発見は、SIDSの予防にもつながります。

お知らせ

2017年3月17,18日、日本SIDS・乳幼児突然死予防学会を津市で開催します。

会長 三重大成田正明

詳細

バナースペース

三重大学 発生再生医学研究分野

〒514-8507
三重県津市江戸橋2-174

TEL 059-232-1111 内線6328
FAX 059-232-8031