腫瘍病理学講座、附属病院病理部では大学院生、後期研修医を募集しています。

病理診断は体内から採取された様々な組織について、良悪性の決定、病変の広がりや切除断端の検索などを肉眼的および顕微鏡を用いて評価します。診断結果は腫瘍性病変の最終診断として重要なだけではなく,治療法の選択にも大きく関与するため責任は重大です。
また、がんゲノム医療における、がんクリニカルシーケンス の体制作りを中央検査部と共同して行っています。
コンパニオン診断を含めた新しい病理診断のエキスパートの養成など、腫瘍病理学講座、附属病院病理部では、次代を担う病理医の育成に力を入れ、病理医の増加を目指しています。

大学院

前立腺癌を中心として、基礎研究と臨床研究との橋渡しが可能な病理学の利点を生かし、様々な分野での研究が可能です。 
専門研修を行いながらの研究活動も可能です。

後期研修プログラム

三重大学医学部附属病院と三重県下基幹病院の協力のもと、希望に沿った後期研修が可能です。
日本病理学会ホームページに専門研修プログラムが掲載されています。後期研修プログラム 
連絡先:今井 裕(いまい ひろし)
三重大学医学部附属病院病理部・病理診断科
059-232-1111(内線5393)E-mail: qchan(at)doc.medic.mie-u.ac.jp

関連病院

桑名市総合医療センター
四日市羽津医療センター
三重県立総合医療センター
小山田記念温泉病院
鈴鹿中央総合病院
鈴鹿回生病院
遠山病院
永井病院
三重中央医療センター
済生会松阪総合病院
松阪市民病院
松阪中央総合病院
伊勢赤十字病院
市立伊勢総合病院
尾鷲総合病院
紀南病院
岡波総合病院
上野市民病院
名張市立病院