教室の概要

講座紹介

professor

三重大学医学部産科婦人科学講座は昭和19年の三重県立医学専門学校創設の翌年の4月に開講され70年の歴史を持ちます。地域に貢献し、世界的な研究を行うという方針のもと、多くの産婦人科医師を育成し三重県の産婦人科医療を支えてまいりました。同門会医師数は約200名で、三重県を中心に日本全国で活躍しています。

現在、大学では、周産母子センターにおける産科学、婦人科病棟における婦人科腫瘍学、さらに平成27年の新外来棟開設に伴い開始する高度生殖医療における内分泌・不妊学の3部門を中心とした診療と研究をおこなっています。3部門それぞれに充実した指導スタッフを配し、母体・胎児専門医、婦人科腫瘍専門医および生殖医療専門医が取得でき、女性のヘルスケアに関しても学べる、総合的な産婦人科医師教育機関です。

所信として、Community, Clearness, Communicationという3つの”C”を強調したいと思います。まず、地域(community)を最も最優先することです。津で信用されなければ三重県で信用されません。三重県で信用を得なければ日本で信用を得ることは不可能です。次に、診療行為は、理由をもって進めなければなりません(Clearness)。その理由は、医師同士でも、医療スタッフにも、また患者さまに対しても、言い方は違っても同じものでなければなりません。最後に、産婦人科は特に多くのスタッフがチームを組んで進めることが多い診療科です。皆が同じベクトルで進めていくためには、communicationが大切です。一人の医師の体力の切れ目が、患者さまの予後を左右するようではいけません。以上を胸に、進めてまいりたいと思います。

産婦人科学は、美しくも激しく変化する女性の生涯と、日本の将来を担う生命の誕生を扱う唯一の診療科です。
若手医師の参加を期待しています。

診療方針

当院産婦人科におきましては、主に周産期グループ婦人科腫瘍グループ不妊グループに分かれて診療を行っています。当院の入院病棟には新生児集中治療施設(NICU)を併設する周産母子センターがあり、小児科・小児外科との連携を図って、周産期管理を行っています。

婦人科悪性腫瘍に対しては、放射線科・病理部・外科の協力を得て、集学的治療(手術・化学療法・放射線療法)を行っています。インフォームド・コンセントの精神にのっとり、治療を受けられるすべての悪性腫瘍患者さんについて、ご本人に癌告知を行っております。また、癌の治療・予後についてできるだけ多くの情報をご本人および家族の方に提供し、納得して頂いたうえで、治療方法を決めております。

アクセス

三重交通バス「大学病院前」下車
津駅からタクシーで約5分
近鉄江戸橋駅から徒歩約15分

詳しくはこちら

ページの先頭へ

開く