学生・研修医のみなさまへ

学生・研修医のみなさまへ

産婦人科専門研修医(後期研修医)募集

産婦人科学の領域は、周産期学、腫瘍学、生殖内分泌学と広範囲であり、また、内科系、外科系といった既存の概念とは異なり、女性を全人的に担当する科と言えます。三重大学産科婦人科・後期専門研修は、卒後臨床研修を終了した医師が、さらに、これらの専門的な産科婦人科臨床能力を養成し、日本産科婦人科学会専門医(医師6年目に受験)を習得することを目標にしています。

問い合わせ先:三重大学医学部産科婦人科学教室(obgyinfo@clin.medic.mie-u.ac.jp

産婦人科後期研修医e-Learning

後期研修医を対象とした、産婦人科領域の学習を e-Learning でできるようにしています。
希望者は下記までお問い合わせください。CDを貸し出します。
(貸出期間は1週間とさせていただきます。)

問い合わせ先:三重大学医学部産科婦人科学教室 担当秘書 野島 由美乃(fujinka@clin.medic.mie-u.ac.jp

  • 1. 単純子宮全摘術(2012年、手術ビデオ)
     (田畑 務:1時間)
  • 2. 子宮体癌のStaging Laparotomy(2012年、手術ビデオ)
     (田畑 務:1時間)
  • 3. 卵巣癌におけるリンパ節郭清の意義(2013年)
     (演者:田畑 務:1時間)
  • 4. 婦人科癌における化学療法(2014年6月)
     (演者:田畑 務:1時間)
  • 5. 婦人科癌治療ガイドラインと当院の試み~子宮頸癌・卵巣癌~(2015年10月)
     (田畑 務、静岡がんセンター 平嶋 泰之先生)
  • 6. 卵巣癌における分子標的治療薬の位置付け(2016年5月)
     (演者:田畑 務:1時間)
  • 7. 子宮筋腫に対する腹式子宮全摘術(手術ビデオ)(2016年9月)
     (術者:S先生、指導医:田畑 務:1時間)

産婦人科専門医認定審査

●産婦人科専門医試験の概略

申請資格
  1)卒後臨床研修終了後、通算3年以上本会の会員である者
  2)学会指定の卒後研修指導施設で、卒後研修目標に添って通算5年以上の臨床研修を終了した者
試験方法
  1)120題程度のマークシート方式による筆記試験
  2)試験官による面接、研修記録、症例レポートなどにより評価

合格率 92%

一見、合格率は高いのですが、資格取得には研修ノートの提出が義務づけられており、日本産科婦人科学会・卒後研修指導施設での臨床研修が必要です。

キャリア・デザイン

●当科におけるキャリア・デザイン
当科におけるキャリア・デザイン

産婦人科専門研修を希望する医師は、まず三重大学医学部産婦人科にて後期専門研修を開始し、産婦人科の専門医となるべき基礎を身につけます。さらに、後期専門研修の2~3年目は関連病院にて研修を行い、臨床能力のさらなる向上を目指し、日本産科婦人科学会専門医の修得を目標とします。

日本産科婦人科学会専門医を修得した医師は、大学病院や関連病院に勤務し、さらなるサブスペシャリテイーを目指します。また、大学院での修練を希望される医師は三重大学医学部大学院への入学が可能です。

専門研修指導体制

●当科の専門医研修医(医師3年目)の指導体制
当科の専門医研修医(医師3年目)の指導体制

当院では、女性フロアを産科病棟(周産母子センター)と婦人科病棟に分けています。それぞれ各病棟主任が配置されており、数名ずつ指導医が指導します。専門医研修を受ける3年目の医師は、指導医とのマンツーマンの指導体制により研修します。

当科では"教えて学べ"の指導方針により、専門医研修医は卒後臨床研修医(医師2年目)を、卒後臨床研修医は学生を指導するという、ピラミッド構造が構築されています。

当院の研修で取得可能な専門医

産科婦人科学会専門医取得後、以下に示しますサブスペシャリテイーの専門医取得が可能です。

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
  • 日本癌治療学会臨床試験登録医
  • 日本臨床細胞学会細胞診指導医
  • 日本周産期新生児学会周産期専門医
  • 母体保護法指定医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医

休暇について

当科では以下のように休暇を設けています。これらの期間を利用してみんなリフレッシュするようにしています。

  • 卒後臨床研修医:夏休み1週間
  • 専門研修医:夏休み9日間、冬休み1週間

当科のモットーは"よく遊び、よく学べ"です。みなさん、一緒に仕事をしませんか!
お問合せは obgyinfo@clin.medic.mie-u.ac.jp まで。

ページの先頭へ

開く