周産期医療環境整備事業

マザーホスピタル構想による周産期医療再生

本学の附属病院が県下の周産期医療の核となり「魅力ある卒前・卒後研修プログラム」の実施とマザーホスピタル機能の強化により、全県的な周産期医療に関わる人材確保・育成を行います。

県下の周産期基幹センター等での卒前実習、専門科未定研修医に向け周産期医療関連科合同研修の提供、女性医師の就労環境整備・女性コーディネーターの配置等を平成21年度より文科省の補助を受けて実施展開し、疲弊する地域の周産期医療の再生と活性化を目指します。

大学を中心とした4つの基幹センターによる周産期医療強化

大学を中心とした4つの基幹センターによる周産期医療強化

妊婦にも医療者にも 安全安心なお産環境整備

本プログラムの理念は「医療者および患者双方にとって安全かつ安心な周産期医療体制の構築をおこなうこと」です。その為に本院がマザーホスピタルとなり、「周産期医療の人材確保・育成を目指した教育体制」の構築および「県内の周産期医療施設間の連携強化を図る」ことにより県下の周産期医療の再生と活性化を目指します。

ページの先頭へ

開く