不妊グループ

一般不妊・男性不妊

当院では、自然に近い形での妊娠を望まれる患者さんの意思を可能な限り尊重したいと考えております。初期スクリーニング検査の後、不妊原因の適応があった患者さんに対しては、まずは一般不妊治療から開始となります。一般不妊治療は、大きく分けてタイミング療法と人工授精法があります。自然に排卵がみられれば、薬剤の投薬はほとんど行わない方針ですが、排卵障害や多嚢胞性卵巣症候群、黄体機能不全などの症状に応じて、薬による助けが必要な場合には内服や注射の治療を合わせて行っていきます。

タイミング療法

超音波で卵胞(卵子の入った袋)のサイズを計測し、排卵時期のタイミングを図ります。排卵のタイミングを合わせるために、排卵を誘発するHCG注射を使用することがあります。卵子が発育しない場合にはHCG注射以外の排卵誘発剤の飲み薬や注射も使用します。

人工授精

排卵の時期に合わせて、密度勾配遠心法により調整した精子(遠心分離をかけて運動能力の高い精子のみを選別し、雑菌や白血球を除去します)を子宮の中に入れる方法です。精子の数が少ない方や性交障害の方が適応になります。一般的に人工授精の成功率は約10%と言われています。

人工授精

男性不妊

精液中の精子の数が少数であったり、精子の状態に問題のある患者さんや、勃起障害などといった男性因子により不妊となっている患者さんも多くみられます。当院では、泌尿器科医師により男性不妊の原因検索から治療まで行います。

また、精液中に精子が全くいない無精子症の患者さんでは、精巣を直接調べて精子を探し出す精巣精子採取法(TESE)が行われます。当センターの泌尿器科医師が精巣を顕微鏡で確認し、採取した組織からは胚培養士が精子を探し出します。

ページの先頭へ

開く