不妊グループ

体外受精

一般不妊治療で妊娠されない方や、精子が非常に少ない等で通常の方法では妊娠が難しい患者さんに対しては体外受精を行います。
体外受精には、大きく分けて刺激周期法と自然周期法があり、さらにはそれぞれに様々なバリエーションがあります。当院では、検査結果やこれまでの経過をふまえ、一人一人に最適な方法を、患者さんご本人と一緒に相談しながら決めていきます。

体外受精

自然周期法

自然の周期に合わせ、比較的作用の弱い薬剤を使用し卵を育てる方法です。加齢や早発閉経などで卵巣に残っている卵が少ない場合に、この方法で卵を育てていきます。刺激周期法と比較して1回あたりの採卵できる卵の数は少なくなりますが、卵巣への負担が少ないため毎周期採卵できるというメリットがあります。
当センターでは、複数個の受精卵を保存している段階で内膜の状態を整えて子宮に受精卵を移植する方法を主に採用しています。

刺激周期法

薬剤を使用して多数の卵を育てていき、1回の採卵で多くの卵子を獲得する方法です。1回に採れる卵子の数が多ければ、受精して育つ卵の数が多くなります。数ある卵の中から最適な卵を子宮の中に移植します。移植しなかった卵は凍結保存することができるため、1度の移植で妊娠しなかった場合には凍結保存しておいた卵を移植することができます。
また、移植で妊娠・出産が成立した場合は、次の妊娠のために引き続き卵を凍結しておくこともできます。凍結保存した卵は、出産する年齢のときよりも若い年齢で採卵しているため、卵の質は出産時の年齢と比較していい状態の卵を用いて治療することができます。
 さらに刺激周期法には、GnRHアゴニスト点鼻薬を使用するLong法、Short法と、GnRHアンタゴニスト注射を使用するアンタゴニスト法の3つに分けられます。それぞれの患者さんに適切な方法を選択していきます。

未熟卵体外成熟培養法(IVM)

卵巣から未熟な状態の卵子を採卵し、体外で成熟させ、その後受精させる方法です。疾患などにより刺激周期法による危険性が高い方や、高齢等の理由により卵の発育が途中で止まってしまうような方が対象となります。この方法を選択することで、卵子の成熟障害のある方にも妊娠の道が開けると考えています。

未熟卵体外成熟培養法(IVM)

一般体外受精

卵子に調整した精子を直接ふりかけて、自然に受精するのを待つ方法が一般体外受精です。元気な精子が十分いる方であれば、この方法が体外受精の第一選択になります。

顕微授精

当センターでは、多胎妊娠のリスクを減らすため、原則として子宮に戻す卵は1個もしくは2個としています。そのため、多くの卵が得られ、戻さなかった卵を一旦凍結保存することで、次回の移植に使用することができます。また、卵巣過剰刺激症候群等のリスクをお持ちの方であれば、受精後に一旦、凍結保存を行い、体の状態が落ち着いてから凍結保存した卵を子宮へ戻すこともあります。

顕微授精

胚移植

新鮮胚移植では、採卵時に子宮内膜の状態が適切であれば、採卵した周期に合わせて卵を子宮へ戻します。しかしながら、子宮の状態が整っておらず、卵を子宮に戻しても妊娠の可能性が低い場合は一旦凍結保存し、子宮の状態を整えてから卵を再び子宮へ戻すことがあります。子宮の状態を整えるために、ホルモン剤を補充し子宮の状態が整ってから卵を子宮へ戻す方法と、薬剤を使用せず自然に子宮の状態が整うのを待ってから卵を子宮へ戻す方法の2つがあります。
子宮に戻す卵の種類は分割胚もしくは胚盤胞の状態で戻します。卵が複数ある場合は最も適切な状態の卵を使用します。

ホルモン補充周期下凍結胚移植

前周期から薬剤を使用して卵胞の発育を抑えることで子宮の状態を整えます。卵を妊娠に最適な状況の子宮へ戻す方法です。この方法は、自然の排卵周期では子宮内膜が厚くなりにくい方などが対象となります。

自然周期下凍結胚移植

薬剤のアレルギーがある方や、自然の排卵周期で内膜の厚くなる方、ホルモン補充周期下凍結胚移植でなかなか妊娠できなかった経験のある方などが対象となります。自然の排卵周期に合わせ、排卵のタイミングから卵の状態と同期した状態で子宮へ卵を戻します。
ただし、自然の排卵周期をこまめに追っていく必要があり、他の方法と比べて来院回数がやや多くなります。

自然周期下凍結胚移植

ページの先頭へ

開く