胆道がんとは

胆道とは、肝臓で産生された胆汁(脂肪の消化を助ける消化液)が肝内胆管を流れ、胆嚢で濃縮及び蓄積され、再度胆管を通って、十二指腸へ流れ出ますが、胆嚢と胆管を合わせて胆道といいます。また胆道に出来る悪性腫瘍を総称して、胆道がんといい、部位によって、5つ(肝内胆管がん、肝門部領域胆管がん、遠位胆管がん、胆嚢がん、十二指腸乳頭部がん)に分かれます。

臨床症状

胆道がんの初発症状は胆道閉塞による黄疸が約90%と最も多く認められ、次いで体重減少(約35%)、腹痛(約30%)などです。

診断

胆道がんの診断に関しては、まず血液検査(腫瘍マーカー: CEA、CA19-9)と腹部超音波検査がファーストステップとして行われます。次にセカンドステップとして血管造影ダイナミックCTやMRI検査などを行い診断します。さらにサードステップとして内視鏡的逆行性直接胆道造影(ERC)、経口胆道鏡(POPS)、管腔内超音波検査法(IDUS)を行い病変の広がりを確認します。確定診断については、ERCやPOPSを利用して、直接胆管腫瘍生検を行ったり、肝内胆管がんの場合は、超音波下腫瘍針生検を行うことで、病理学的に診断します。また遠隔転移やリンパ節転移の診断にはPET-CT検査にて行います。

手術

手術においては、肝内胆管がんや肝門部領域胆管がんは肝切除が必要となりますが、一方、遠位胆管がんや十二指腸乳頭部がんは、膵頭十二指腸切除が基本術式となり、部位によって術式が大きく異なります。

化学療法

胆道がんに対しては、ゲムシタビン、シスプラチン、テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合薬(S-1)が単剤または、2剤併用で術前及び術後に使用されるのが一般的です。

治療成績

表1には、三重大学医学部附属病院 肝胆膵・移植外科で、2014〜2020年に行った胆道がん切除例を、部位別に示しています。
また図1には、胆道がんの部位別の5年生存率を示します。当科では、積極的に進行がんに対して術前化学療法の導入を行い、また形成外科等の協力のもと血管合併切除再建を行うことで、切除率の向上と、予後の改善を認めています。

(表1) 胆道がん手術症例の推移 / 2014〜2020

2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年  合計 
肝内胆管がん 1 3 2 3 5 2 2 18
肝門部領域胆管がん 5 4 5 7 7 8 12 48
遠位胆管がん 6 2 9 2 9 6 8 42
胆嚢がん 3 4 10 8 4 7 1 37
十二指腸乳頭部がん 2 2 4 6 1 1 2 18
合計 17 15 30 26 26 24 25 163

(図1) 胆道がん手術例の予後 / 2014〜2020

5年生存率

肝内胆管がん (n=18) 78.0%
乳頭部がん (n=18) 80.0%
胆嚢がん (n=37) 68.1%
肝門部領域胆管がん (n=48) 64.2%
遠位胆管がん (n=42) 53.1%

胆道がんでお困りの方や、セカンドオピニオン希望の患者さまについては、随時受付を行っておりますので、お問い合わせください。